« 夢 | トップページ | 受け攻め度チェック »

デジカメ再考

 4GBのMicroDrive導入によって、撮影枚数が急激に増加した昨今。
 Kissデジの画像に対して漠然と抱いていた「何かもの足りないんだよなぁ」ともやもやしていた"何か"の正体が、田中希美男氏のキヤノンの絵作りに対する指摘を読んですっと晴れた。
 やはりプロは、見るべきところをちゃんと見ているということなのか。

 撮影者の腕の問題は抜きにして、Kissデジで撮影した画像の最大の欠点、それは...

 何を撮ってもほのぼのとしてしまって、映像に緊張感が無い( ゜Д゜)!

 サブで持っているパナソニックのFX1は、画質的にはKissデジの敵ではないけれど、時々ハッとするような映像が撮れたりする。
 けれど、Kissデジは一貫してほのぼの路線。

 予測の範囲で普通の絵を残してくれて、写真を見てあぁ綺麗だなーとは思っても、ギョッとしたりゾッとする事がないので、面白みに欠けるとも言えますか。

 ちょっとくらい破綻してもいいから、もっとトガった絵が欲しいんすよこっちはっ( ゜Д゜)!?

 揚げ句、今更のようにブラックボディなんて出しちゃってさーヽ(;´Д`)ノ色変えたくらいで、D70に太刀打ちできるものかね。

 そのライバルD70は、店頭で触ってみたら予想外に良い出来だったので、アンチニコンをあっさり覆して買っちゃおうかなという気に・・・
 スペックもさることながら、電源スイッチ入れて即撮影態勢、ってのはやっぱり魅力的。

 起動に数秒かかるKissデジ。構図とピントを決めて今だ!とシャッターボタン押した瞬間、何の反応も得られなかった時の絶望感ときたらもう。
 電源を入れ忘れたことに気付いて、あらためてスイッチをONしてから待たされる数秒間の、本当に長いこと。

 D70の欠点らしい欠点はファインダー倍率の低さくらいで、MFレンズだと内蔵露出計が働かないから嫌でもAFレンズ中心に使うだろうし、それも大きな問題ではなさげ。

 まぁ、デジタル一眼レフをもう一台買い足すとすれば、コダックのCCDを使っていて絵的には一番好みであるE-1という手も。
 ただ、E-1はフォーサース規格に対する不信感がどうにも拭い去れない。

 フォーサースの4/3インチCCDはAPSサイズよりも一回り小さいので、専用レンズを大口径化し易いという理屈は分かるし、確かにE-1の14-54mmはD70の18-70mmより絞り1段分明るい。

 しかし、ボディ側のISO感度設定がD70より1段低い(E-1はISO100、D70はISO200から)ので、結果的にレンズの明るさは"帳消し"。
 CCDサイズが小さくてボディ側の感度が上げられないということなら、レンズを大口径化する努力は結果的に無駄ではないかと。

 Olympusはその辺、どう考えてるんだろ。

« 夢 | トップページ | 受け攻め度チェック »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/471987

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ再考:

« 夢 | トップページ | 受け攻め度チェック »