« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

水月~迷心~

 昨日は当然のように定時で帰宅し、横浜ソフマップにて予約していたPS2版をゲットヽ(´Д`)ノ
 店頭でジャケを見る限り、雪さん&那波ペアのPS2版と香坂姉妹のDC版・・・どう見てもPS2版購入者が勝ち組よね(*' ー')
 でも、DC版の方は雪さんの警告メッセージが入っているらしいので、それはそれで羨ましい(;´Д`)

 店の特典として、テレカとクリアファイルの他に涙石のアクセサリが付いていたのがちょっとラッキー。ゲームとシンクロしたなかなか芸が細かい作りで、販売店側の気合いを感じます!
 テレカの絵柄が雪さんじゃないのは、ちょっといただけないけど(´~`)

 サンプルボイスでは大分おっとりとした感じだった雪さんの喋りは、歯切れとテンポの良さが増して本来の彼女のイメージにピッタリ合うものに。
 病室で、奇跡的に意識を取り戻した透矢を前に感極まって声を震わせるとこなんて、あまりの生々しさに背筋がゾクゾクしちゃうくらいだし。なかなかやるじゃないか、鳥居花音( ´ー`)y-~~

USB音源

 この間買ったDENONのアンプ(DRA-F101)の調子がやっぱりおかしくて、いったん収まったと思っていたノイズが再発。
 電源を入れるとビービーーーと五月蝿くって、もう耐えられんヽ(`Д´)ノ廃棄処分することに決定!

 壊れている風でも無いので、このクラスのアンプでこの程度のノイズは許容範囲なのかもしれないけど(´~`)何にしても、無駄金を使ってしまった。

 結局の処、DRA-F101を買う時にフォノイコライザーが付いているという条件で、極端に品物の選択範囲が狭まったのが敗因。
 イコライザーは単体のものを買うつもりでいれば、もっと選択肢が広がってこんな事にはならなかった筈。

 と言う事で、新しいアンプを買い直すその前に、ONKYOのUSB音源SE-33GXを購入。
 フォノイコライザー内蔵により、レコードプレーヤーを直接繋げるというのがこいつのポイント。
 どうせレコードはMacかPCで録音するために再生するだけだから、サウンドカードレスで直接録れるUSB音源の方が便利だし、音質的にも有利ではないかということで。

 そして買ってきてから気付く罠...これってMacに対応してないじゃん(つД`)酷いよONKYO。
 試しにPowerBookに繋いでみたら、USB機器として普通に認識されて音楽再生は出来るものの、案の定というべきか再生音がとぎれとぎれになったりしてイマイチ調子が悪い。
 やはり、対応を謳っていないだけのことはあるのか。

 気を取りなおしてPCに繋ぎ、早速何枚かレコードをPCにてMP3化。
 DRA-F101内蔵のイコライザーと比べてS/N比が凄くイイし、レンジや音場も広い。イコライザーはUSB音源のおまけというイメージだけど、単体として見ても結構性能良さそう。
 こりゃいいやヽ(´Д`)ノ

 とか喜んでたら、いつの間にかまたアンプのノイズが収まってるし。何なんだ(;´Д`)
 ノイズの源は家の中のどこか別の機器で、電源越しにそいつを拾ってるって事かな・・・

カウントダウン終了

PS2版 水月~迷心~ ついに

本日発売( ゜Д゜)!

カウントダウン継続

PS2版 水月~迷心~ いよいよ

明日発売( ゜Д゜)!

カウントダウン

PS2版 水月~迷心~ 発売日まで

あと二日( ゜Д゜)!

飲み会

 自衛消防団での飲み会があって、久しぶりに日付が変わるまで付き合ってしまった。

 1次会を終えて2次会のスナックに移動後、朝まで続きそうな勢いで終わりそうな雰囲気の無いまま終電の時間が迫ってきたものだから、いつ開放されるのか気が気じゃなくて結局酔いも覚めちゃったし。

 隙を見て逃げ出し事なきを得たけど・・・もう付き合いきれねぇ、こいつらには(つД`)
 とか言いつつ、まだまだこの先も飲み会が予定されてるんで気が重い・・・

 飲みに行って憂さ晴らしするどころか、ストレス溜め込んでちゃ世話ないね(´~`)

 つか、みんなやたらとスナックとか行きたがるけど(;´Д`)お金持ちの偉い人達はさておき、好きな酒さえ飲めれば場所には拘らないわたしとしては、コストパフォーマンス的に到底納得がいかない訳で。
 せめて、まともなミックスナッツくらい出しやがれこんちくしょうヽ(`Д´)ノジャイアントコーンが入ってないじゃんか。

To Heart ~Remember my memories~

 初回から三話連続していたマルチの回終了。
 梅干しを見ると無意識のうちに唾液が出てしまうのと同じくらい、マルチを見ているだけで泣けてきちゃう自分がそこに(つД`)マルチー

 特に今回のラストは良かった。
 浩之の必死の呼びかけ、そしてその言葉に応えるように記憶を取り戻したマルチ。真の再開を祝して抱き合う二人(つД`)ナケルヨー

 そして、そんな感動ムードにバッサリ冷や水を浴びせかけるのが、風に飛ばされたマルチの麦わらぼうを握りしめ、少し離れたところから無言で二人をねめつけるあの女。
 そう、ブラックあかり(;´Д`)コワイヨー

 その後ろ姿は雄弁に物語る。「ちっ、マルチの奴記憶を取り戻しやがったのか、面倒なことになってきやがったな。しかもどさくさに紛れてわ・た・しの浩之ちゃんにだきついてんじゃねーよ、ポンコツメイドロボが」と。

 てかあそこ、麦わらぼうを拾い上げるんじゃなく、足でグシャっと踏み付けた後、ギリギリと地面になすり付けるくらいの行動に出てくれればまだ分かりやすいんだけど。
 ブラックあかりの場合、善人面をして二人を見守る振りをしつつ、影のように付きまとってちょっかいを入れてくるのでたちが悪い。

 しかし、考えてみれば志保も前シリーズであかりにあれだけ酷い仕打ちを受けておきながら、よくまぁあかりの友達続けてるなぁと。

 志保の浩之へのほのかな恋心を知り、先手を打つべく「わたしは浩之ちゃんのことが好きだけど、志保はどうなの?」と言葉をかけるあかり。
 それは、素直に好きと言えるはずのない、志保の性格を熟知した上での直球勝負であった。
 挑まれた志保は、あかりの思惑通り「あ、あんな奴のことは何とも思ってないわよ~」としらを切ることしかできない。
 悲しみを堪えきれない志保は、その後のクリスマスパーティで浩之と顔を合わせるのも辛く、イブの夜を一人寂しく過ごすのであった...

 この先、マルチもブラックに潰されなければいいけど(;´Д`)負けるなマルチ!
 そして、志保は髪形をツインテールにして、真性ツンデレキャラとしてやり直すべきだと思います!

30Girl本

 女子の魅力は30歳から!

 世間的に野武士集団とか言われている通り(最近はそうでもない?)、野暮ったいイメージが付きまとってるうちの会社の名前を掲げているにしては、画期的なイメージキャラクターであるリリコさん30歳の本。

 ということで、発売日をすっかり忘れていて初回入荷分を買い逃していたので、いまごろ購入(;´Д`)

 内容は基本的にWebの寄せ集めってことで、ちょっと寂しいんだけど(´~`)も少しオリジナル要素があれば。宣伝部と作者の対談コーナーとか。
 ま、それでも資料的価値はあるし...と、社員としては納得しておくことにする。

 巻末に載ってる給湯機エコキュート(キュートと給湯をかけた素敵なネーミング)の広告イラストなんて、これでもかと纏めて掲載されていて圧巻(^-^;それでも嫌みを感じないのは、リリコさんのキャラクターの成せる技かな。

新型ザウルス

 新型ザウルス、SL-C3000キタ(・∀・)!

 でも...4GBのHDDを内蔵したのはまぁ良いとして、問題は液晶。
 てっきり、ビジネスザウルス系の半透過型4インチ液晶をのせてくるものと思っていたのに、従来から据え置きの3.7インチ透過型のままってのは一体何事ですか(´~`)

 現状の透過型は、屋外では全く使い物にならないんだよー

 CPUは妙に中途半端なクロックで、RAMは64MBのまま。無線LANやBluetoothの内蔵も見送り。液晶も4インチVGAが標準化しつつあるWindows CE系PDAの後塵を拝する形となって、売りはHDDだけっすか(;´Д`)あーあ。

 とは言え、個人的にはPDAってもスケジュール管理なんてせず、出先での文章入力用として使うのが主な目的なので、使いものになるキーボードが付いているということが絶対。

 実際問題、Windows CE陣営はPDAとしてのフォーマットに拘っているのかキーボード付きのモデルを出さないし、CLIEはVZ90を見る限りマルチメディアプレーヤーとして活路を見いだそうとしているようで、キーボード付きモデルの今後は期待薄。
 そうなると、出来はどうあれZaurusにしがみついているしかないという状況となり、いやおうなしにシャープへの期待が高まる訳で。

 それだけに、こういうやる気の感じられない新型を出されると、余計に腹が立つんだゴルァヽ(`Д´)ノ液晶のサイズアップが無理なら、せめて半透過型に変更するくらいできなかったのかと。

 でも、メモリ32MBのC700を使い続けるのもいい加減辛いし、次の機種まであと一年待つってのもなぁ(つД`)

中古デジカメ

 横浜行ったついでにカメラのきむらに寄ったら、中古のNikon Coolpix E3100で\10,000というのがあったので、普段の持ち歩き用にでも使おうかと思って購入。

IMG_5035.jpg

 スペックはごく普通の300万画素3倍ズーム機とは言え、最近めっきり少なくなってしまったコンパクトフラッシュに対応しているのと、汎用性の高い単三乾電池タイプのバッテリーというのが良い感じ。

 Kissデジ買ってその圧倒的な画質を前にして以来、この手のコンパクトデジカメにはもはや全く期待していないので、とりあえず適当に写ってくれればいいや程度の気持ちで帰る道すがら試し撮りをしてみたら、これが意外や良い!?Σ(゚Д゚;

 色の傾向は以前使っていた500万画素機のニコンE5700と同じで、地味ではあるもの変に誇張された処もなく、それなりに多く出るノイズも不自然さがない。
 レンズは湾曲収差が大きいもののボケが自然で嫌みがなく、総じて自然でスッキリした好感の持てる写り。

DSCN0010.jpg

 ズームの広角側固定とはいえ、Nikonの伝統でマクロに強いのもポイント。
 ほんと、一眼レフでマクロ撮影する苦労に比べてると、なんだか呆気ないほど簡単にクローズアップで撮影出来ちゃう(;´Д`)こればっかりは、CCDサイズの小さいデジカメは有利ね。

DSCN9971.jpg

 気に入った(*^ー゚)b、これでデザインがもうちっと良ければなぁとは思うけど(笑

FFX-2

 ICO終わったので開始~
 とりあえず、ドレスチェンジがどんなモノなのか確認できればいいやー程度のつもりで始めたけど...思いのほか面白いじゃんヽ(´Д`)ノ

 つか、これもあっと言う間にプレー時間が10時間とか過ぎちゃっててヤバい(;´Д`)そんなに長々とやっているつもりはないのに。
 ADV(エロゲーとも言う)と違ってほとんどテキストを読まないので、長時間ゲームをしているという感覚が乏しいのかも。

 それが目的で始めということもあるので、意地になってユウナをドレスチェンジさせまくっているものの、実際問題ドレスチェンジってどの程度戦闘に有用なんだろうか。
 着替え終わると同時に戦闘終わってたりして、なんか本末転倒っぽいし...

 ユウナのスペシャルドレスにしても、出来損ないのビーナスみたく花のつぼみから登場するシーンには興ざめ。
 もう二度と使わねーヽ(`Д´)ノ
 どうせ三人で合体するなら、ロボットにでもなればいいのに。

 そもそもドレスチェンジなんてせずに、普通に戦士のままで居た方が楽に勝てる気がするのは気のせいなんだろうか...いや、きっとこのゲームでそんなことは考えちゃいけないに違いない( ゜Д゜)

 ということで、ユウナは魔法系の魔銃士と黒魔道士,白魔道士をローテーションさせつつ、たまに歌わせたり刀持たせたり。
 リュックはシェリフメインで、場合によって白魔道士や剣士に。
 ただしパインは剣士固定。彼女に関してのみ、それ以外のドレスなんて見たくない(;´Д`)
 レディースとかいって、特攻服でもあればそれ選ぶけど。

 そういや、どうしてもRPGに馴染めないこと。
 他人の家に勝手に侵入して、部屋の中を漁った上に宝箱からアイテムを持ち去ったりするという、人の道を踏み外した行動をすることにはもう慣れた。
 けど、マップ上オバちゃんたちがのほほんと会話している横でモンスターと遭遇、それもとびっきり強い奴と当たったりすることだけは、やはりどうしても受け入れ難い。

 うちらのパーティーに向かってくる前に、そこのオバちゃんたちを襲ったらどうなのか。
 そもそも、こんなにモンスターがうじゃうじゃ出てくるマップで、なんで普通(に見える)のオバちゃんたちが平然とうろうろしてるのかと(;´Д`)激しく重装備なユウナたちの立場がないっすよ。

 というRPGの不条理さはFFX-2にもしっかり受け継がれてはいるものの、それをはねのけて楽しめるだけのパワーはあるかな(*゚ー゚)

絵の感想

 展覧会内容の入れ替えがあったので、運動を兼ねて自転車で平塚市美術館へ。
 展示スペースで椅子に腰かけたままぼけーっと絵を眺めていると、同じように絵を見に来ていたおばちゃん二人がダベりながら前を横切っていった。

 「これなんか良く描けてるわねぇ」
 「上手ねぇ、びっくりしちゃうわ」

 それがまるっきり、美術の時間に子供が描いてきた絵を褒めているみたいな調子だったので、思わず笑いのツボに入って(・∀・)ニヤニヤ。
 おばちゃんの手にかかると、芸術もへったくれもないね... 

Kマウント

 価格.comの掲示板を何とはなしに眺めていると、「PENTAXのKマウントには京セラCONTAXのCarl Zeissレンズが装着できる」といった内容の書き込みが。

 !?Σ(゚ー ゚; うそっ

 装着できるというのが本当なら、もはやCarl Zeiss使いたさ故にEOSに拘る必要も無くなるので、*ist DSを購入するという道が開けるじゃないかヽ(´Д`)ノ
 レンズをロックするピンの場所が異なるので、仮に装着は出来たとしても固定はされないのだけれど、マウントの爪同士が噛み合うならCONTAX側のレンズマウントに穴を開けてボディのロックピンが引っかかるようにしてもいいし。

 ペンタボディなら、ファインダーの出来が良いのでマニュアルフォーカスし易い、ボタン一発で適正露出に復帰するなどマニュアル露出も楽々、などなど申し分無し。

 本当ならこれはいけるかも!

 早速ヨドバシカメラでジャンクのPENTAX SFXを購入してきて、試しに手持ちのZeissレンズを嵌め合わせてみると...全然噛み合わねーじゃんヽ(`Д´)ノ
 レンズ側の突起がボディと干渉して、爪が噛み合うどころかマウントに密着するところまで入っていかないっすよ(つД`)

 て、もしやKマウントって言ってるのは素のKマウントの事で、オートフォーカス化されたKAFマウントは対象外って事だったのか!?Σ(゚ー ゚;
 それなら何となく納得行くけど、*ist DSはKAFマウントなんだし意味ねぇ・・・

 こんな事を確認するために、ピクリとも動かないSFXに\2,400も払ったというのが恨めしい(;´Д`)

 その後、レンズによってはマウントに密着するものもあることを確認。手持ちのものでは、Tessar 45mmはNGでPlanar 50mmはOK。
 しかし、マウントに密着するところまではいっても爪の噛み合う深さが合わないため、固定は絶望的。本当にただくっつくだけって感じで、これではとても実用には耐えそうもない・・・

マリみて新刊

 んー、前作もそんな気がしたけど、売れるようになってから最近内容が手抜きっぽくないですかねぇ(´~`)
 待望のリリアン学園祭の巻なのに、個々のエピソードがイマイチ薄っぺらくて勿体無い。

 キャラは沢山登場するけど、登場するだけでキャラ同士のカラミがほとんど無いのも残念。柏木とか先代薔薇様方とか、タクヤ君と真美の再会とか、もう少し話を膨らませて欲しかった。
 この点は、後書きにあるように作者も自覚しているようなので、今後の短編で各種エピソードが描かれる事に期待かな(*' ー')

 しかし何といっても、可南子の男嫌いの理由がファザコンの裏返し&単なる思い込み違いってのには肩透かし食らった気分(;´Д`)もっと陰鬱,陰惨,インモラルな可南子と父親の過去ってのを期待してたのに。
 て、それは別にマリみてでやる事でもないか・・・

 次回はいよいよ祐巳すけの妹誕生っぽいので、父親への誤解も解けた可南子の心境にどのような変化がもたらされるのか、そしてツンデレキャラ化しつつあるドリルの運命や如何に。
 二人の全面対決が見られそうで、今から楽しみねー(´∀`)

雪さんキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

 「水月」の雪さんサンプルボイス、遂に大公開!
 ドキドキワクワクしながらその声を聞いてみると...これは...ほぅ、鳥居花音をキャスティングしてきましたか。

 (・∀・)イイ!!

 彼女の役作りの上手さには定評があるし、実際にサンプルを聞いてみても、台詞への微妙なイントネーションの付け方に工夫の跡が感じられて好印象。
 個人的には、シャキシャキと歯切れの良い喋りのお姉さん系の喋りを想定していたけど、このふんわりおっとりとした語り口も悪くないものです。

 KIDにも、ユーザの過度な期待に応えるべく相当なプレッシャーがあっただろうに・・・結果的には(*^ー゜)b グッジョブ!!

環境保護

 Copenで東名を走っていると、隣の車線を凄いスピードで走り抜けていくフェラーリ(テスタロッサ)が。

 そこで、昔だったら素直に「格好いい!」とか思うところなんだろうけど、今やその後ろ姿を眺めていても、燃費悪いんだろうなとか、幅広くて運転し辛そうとか、高速は良いけど一般道の渋滞は苦労するんだろうねとか、ネガティブな見方しかできない(´〜`)
 スーパーカーに対する憧れとかいったものは、全然無くなっちゃったな。

 とにかく、燃費が悪いというのが一番の問題。地球環境保護への意識が高まりつつある昨今、この事は見逃せません。
 住処が海辺にあるという個人的事情により、このまま地球温暖化が進行して海面が上昇すると、家が海に沈んじゃう!という危機意識がわたしを環境保護へと駆り立てるのです!(# ゚Д゚)
 とは言え、その手のスーパーカーなんて絶対数は大したことないし、所有している人もたまにしか乗らないものだろうから、環境負荷なんてたかが知れてるのは分かっちゃいるけどね...ちょっと言ってみたかっただけ(;´Д`)

 ただ、早いとこ道行く車がすべて電気自動車になるような時代が来ないかなぁ(´Д`)排気ガスや騒音から解放された時代が。
 とか思い描いているのは事実なので、すでにカーヲタとして道を踏み外してしまっている感はあるけど。

 でもほんと、内燃機関ていつまで粘るんだろ。そろそろ幕を引いても良い頃なのでは...

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »