« デジカメと女子高生 | トップページ | ブランド品 »

F710

 Coolpix 3100を使ってみて、「コンパクトデジカメもなかなか使えるわい」と認識を新たにした今日この頃。

 もう一度、真面目にコンパクトデジカメを使ってみようかと思い、色々検討した結果富士フィルムのFinePix F710を購入。
 このカメラを選んだ一番の決め手になったのは、CCDが高感度であるという点。基本のISO感度は160なので、ISO50が当たり前の数多のコンパクトデジカメよりシャッター速度にして1.5段分以上有利。
 実際どの程度の写りなのか、以前所有していたパナソニックのFX1(手ブレ補正機能付き300万画素機)の画像と比較してみた。
 本当ならCoolpix 3100と比較したかったのだけれど、既に知り合いに売り払ってしまったので(;´Д`)

 
Panasonic Lumix FX1
トリミング後75%縮小
FujiFilm FinePix F710
トリミング後50%縮小

 FX1も標準のISO感度は50なので、160が標準のF710とは基礎体力が違うといえば違うのだろうけど、やはりというべきかISO800で撮ったF710の方が、ISO400のFX1よりも明らかにノイズが少ない。
 すでにFX1は手元にないので確認出来ないのだけれど、ISO200に下げてもノイズレベル的にはF710には敵わないような感じ。

 となると、FX1はISO感度で2段分以上のビハインドがあるということなので、シャッター速度にして2段分程度の効果があるという、手ブレ補正機能の効果も帳消し。
 実際問題、手ブレ補正機能なんて付いてないF710の方も、画像はブレなくシャープに写っているし。

 世間的には、そういう基本性能の高さってのは理解してもらい辛いものかもしれないけど、富士もそこんとこ真面目にアピールすればいいのに。うちのカメラはCCDが高感度な分高速シャッター切れるから手ブレ補正機能なんていらないんです、って。
 ISO800でもなんとか我慢できるレベルの画像が得られるコンパクトデジカメってのは、やっぱり凄い事だと思うけどね。

 でも結局、客は「手ブレ補正」とかって分かりやすい機能が付いてる方に流れちゃうんだろうな・・・

« デジカメと女子高生 | トップページ | ブランド品 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/1857879

この記事へのトラックバック一覧です: F710:

« デジカメと女子高生 | トップページ | ブランド品 »