« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

Simga 28mm F1.8 II

 キヤノンEFマウントのものが委託品で価格が一万とちょっとだったので、中古カメラ屋にて衝動買い。
 SigmaのEFマウントレンズは、内蔵ROMの互換性の問題で古いレンズと新しいキヤノン製ボディとの組み合わせでは動かない事が多いのだけれど、買ってきたものもやはり新旧Kissデジとの組み合わせではまともに動かず。

 とりあえず絞り開放だとシャッターが切れるようなので、旧Kissデジに付けて試し撮り。
 やはりというべきか、ピントが甘い上フレアで霞み掛かったようになってしまって遠景撮影はダメ。
 近距離ならまぁまぁ使える写りだけど、ROM交換してもらわないと実用性は無いなぁ(;´Д`)

 ということで、毎朝近所の人に餌をもらっているノラ猫のアップなど撮影してみたり。
 こいつは随分と人に慣れていて、レンズを近づけても逃げるどころかこちらに対して興味津々。
CRW_6320

 でも、食べ物が無いと分かるや、身を翻して去っていった(つД`)世知辛いわ~
CRW_6321

劇場版AIR

 横浜は好きだけど川崎は苦手。
 新宿は好きだけど池袋は苦手。

 当初、東京/神奈川圏での上映館は池袋と川崎だったので、前売り券は買ったけど気乗りせぬまま放置していたら、追加上映されることになったので。
 結局見に行ったのは、TOHO CINEMAS 海老名。
 でも、海老名は全国共通前売り券の対象館ではなく、結局\1,700取られたのが痛い(;´Д`)・・・
 しかも、土日の上映時間が9:15と22時くらいのナイトショーの2本だけって、凄い扱いよね・・・

 監督があの出崎"あしたのジョー"統ということで、わたしは正直「マジで!?Σ(゜ー ゜;大丈夫かよ」と思ったクチだけど、良くも悪くもあぁやっぱりなという出来。

 特に、燃え尽きたジョーでおなじみの止め絵線画ラフカットが要所要所に出てくるのには、見ているこっちが気恥ずかしい(つД`)途中からいたたまれない気持ちに。
 本人にはそんな気は無いんだろうけど、必死に過去の栄光にすがりつこうとしているみたいに思えて。
 ま、最近の若い子はジョーもそんな演出も知らないから良いのかな。

 作画に関しては、公式サイトの予告ムービーを見た段階で不安に思っていたけど、やはり辛いものが。
 レベル云々という話ではなく、輪郭線目立ちすぎ,色キツすぎ,細部の情報量少なすぎで、映画館の大画面スクリーンで観賞するための絵作りになっていないのが問題。

 テレビ向けコンテンツなら、小画面低解像度に見合った品質のコンテンツを作るのもアリだけど、今回のAIRがまさにそんな感じ。
 テレビ向けの映像を、そのまま映画館に持ってくるようなことされてもねぇ(´~`)

 同じ映画作品でも、映画館のスクリーンでさえ「小さすぎる」と感じさせるイノセンスあたりの緻密な描写と比べてしまうと、実際これならもっと小さい画面で見たいなと思ったくらい。

 そんなこんなで、よっぽど酷い作品なのかと言えば、これが何故か面白かったのよヽ(´Д`)ノ
 つか、これをあのAIRだと思って見る、なんてことは無理です(・_・)止め絵線画ラフが出てきた時点で、もう無理なんです。

 観鈴と神奈の間には何らかの因果関係があるはずなのだけれどそれがはっきりせず、往人と柳也の関係が切れちゃってる(柳也に子供がいない)時点で、もはや原作との溝は埋めようもなく。
 破壊と創造によって90分という尺の中にエッセンスを詰め込まれた、パラレルワールド的AIRと捉えれば結構楽しめちゃうね(゚∀゚)!

 観鈴が自分の病気のことを晴子に告げたとき、「うちのことなんて好きにならんでもええんや・・・(台詞うろ覚え)」と訴えかけるシーンなんてもう(つД`)マジで泣けたりもしたし。

 結局のところ、Eva劇場版では「俺の綾波になんてことすんだヽ(`Д´)ノ」という猛烈な怒りを覚えたけど、AIRについてはこういうのもアリじゃない?てな感じ。
 「これがAIR!?こんなAIRがあってたまるかってんだよ(゚Д゚)ゴルァ!」とか言う熱い想いが沸いてこないのは、歳のせいかね(´∀`)

温泉紀行

 元々の計画はこうなっていた。
 目的1:佐久の友人とこで4月に出産を控えていることもあるし、今のうちに一度遊びに行こう。
     →奥さん、出産のため実家に帰省で不在
 目的2:先々月の結婚式ではゆっくり話をする時間もなかったし、佐久行くついでに奥さんも連れて近場の温泉にでも泊まろう。
     →奥さん、風邪による体調のため自宅療養

 そんなこんなで、当初の目的を完全に見失ったまま、何となく別所へ温泉旅行することに(;´Д`)宿取っちゃったから。

 ま、温泉自体は好きだし、別所行く前に鹿教湯に立ち寄ったりしてタイプの違う温泉二つを堪能できたりして、結果的には大満足であったけど( - _ - )

 別所の温泉は硫黄の匂いが強い、インパクトのあるタイプ。温泉街の周囲には北向観音や八角三重塔などの観光スポットもあるし、土産屋の並ぶ路地があったりと観光温泉街といった感じ。
 鹿教湯は単純泉で色,匂いなどは無いけど、長時間浸かっていると身体の芯から温まってくるのが良く分かる。街自体も、本気で温泉の効能を期待する人が保養する山郷の湯治場という佇まいが強くて、派手さはないけど良いところ。
 だけど!AIR-EDGEが圏外になっちゃって使えないのは大問題(´~`)泊まりの時は困りそうなので、その点では別所の勝ちかな。

 今回、高崎待ち合わせで現地は友人のクルマで移動したので、高崎までは地元駅から直通の鈍行列車に乗って三時間半の旅。
 長丁場なので、追加料金¥750を払って当然グリーン車を利用したけど、長時間座りっぱなしで辛いかという心配も希有に終わり、ウトウトしながら気が付けば着いていたという感じ。
 考えてみれば、仕事中それくらいの時間座りっぱなしでいることはざらだし。
 しかも、グリーン車にはアテンダントの女性乗務員がいて、色々してくれるし(*゚ー゚)♪(あえて誤解を招く表現)

 総じて満足のいく旅だったけど、最後に落とし穴が。
 折角高崎まで行ったので、ルノワールの絵を見たさに県立近代美術館に行ったというのに、それが貸し出し中だったという(;´Д`)
 でもまぁ、受付のところで思わず「なぬ、ルノワールの絵置いてないじゃん!?」と声をあげたわたしの方をちらっと見やった受付の姉さんが、とっても申し訳なさそうな顔をしていたので許そう(´~`)< 単純

Newキスデジ発売

 ま、買わないまでもどんなものかという興味は深々ということもあり、適当に仕事を切り上げて横浜のヨドバシへ。

 展示品を見ての第一印象は、グリップの革張り(最近のカメラはゴム張りだけど)がプラになっちゃったのねーと、いうものでコストダウンがちょっと露骨。
 んー、これはやっぱり価格なりの代物かね(´~`)なんて全く期待もせずファインダーを覗いてみると。

 ...おっ(゚ー ゚;

 テレ側でF値5.6というレンズが付いてるのに、なんだか妙に明るくてクリア。
 ま、ファインダーを明るくするだけなら、マニュアルフォーカス精度を犠牲にしてマット面を素通しに近づければ良いだけのこと。
 ファインダーの視野率は相変わらず狭いし、これじゃマニュアルフォーカスの使い勝手は相変わらずだろうなぁ、と手動でフォーカスを合わせてみると。

 .....おおっΣ(゚ー ゚;

 フォーカスリングの動きに合わせて、ぐっと立ち上がる被写体の陰影。アウトフォーカス部分は空間に拡散するように溶けこみ、被写体の輪郭だけがファインダーに定着する。

 てな感じで、なんか滅茶苦茶マット面のキレがイイじゃない!フォーカスの芯は簡単に掴めるし。
 ファインダーマットは20Dと同じだという話だけど、ファインダー光路にプリズムを使っている20Dよりも、ミラーを使っているNewキスデジの方がファインダーの明るさは上なのでは。

 これはもう、倍率の低さを補って余りある気持ちの良いファインダーよ!?
 こういう地味な所をきっちりと改良してくるのが、キヤノンの凄さなのよね。

 と、一人興奮状態のまま、気がついたら買っちゃったヽ(´Д`)ノ

IMG_6283

 ボディは本当に小さいけど、主役のCarl Zeissレンズを引き立てるという意味では悪くない大きさ。
 週末にじっくりと試し撮りしてみますかな(´∀`)

闘争本能

 「てけとーな日々」さんとこにRSSでリンクしてもらったのはイイのだけれど、表示が更新日順でソートされるので、更新を怠ると下に沈んでしまうのよね。

 ということで、せこせこと更新ヽ(`Д´)ノ首位の座は明け渡さねぇぜ。

 とかいって、この無駄な競争心を少しでも仕事に振り分けることが出来ればと思う・・・<出世街道脱落組の人

PHSは死なず

 DocomoのPHS撤退報道のせいか、世間にはPHSそのものがなくなってしまうかのような認識が蔓延している模様。
 番号教えると「ん、070?これってPHS?PHSってまだあったんだ」くらいの言い方をされるので、ちょっと凹む(;´Д`)

 ところがどっこい、DDIポケット改めWillcomは元気ですヽ(´Д`)ノ
 今まではKDDI傘下で頭を抑えられていたせいか思うような戦略が取れなかったけど、傘下を離れてマイクロセル方式によるバックボーンがいよいよ本領発揮ですよ(´∀`)

 ということで、Willcom端末間での定額通話が遂にスタート!

 ...周囲にWillcom使っている人が誰一人としていないので、わたしとしては旨味はないけどー(つД`)

 ま、通話定額プランでもEメールは使い放題なので、KWINSを契約してからWebブラウズはザウルス中心になったことを考えると、今契約しているデータ通信定額プランから乗り換える意味はありそう。

 かく言うわたしもauに1年間ほど浮気していたけど、いくら3Gだと言ったところで、PHSの「相手の吐息が伝わる」高音質にはやっぱり叶わない訳で。
 これまでのPHSはデータ通信に特化していたイメージがあるけど、やっぱり音声通話の品質の高さも魅力だよね(゚∀゚)!

確定申告

 ということで、初申告完了。
 受付の人って、書類にはざっと目を通すだけでほとんどノーチェックなのね。
 もっとなんか、「ここの数字はおかしいんじゃないですか(`Д´)!」みたいな指摘を食らうかと思ってたので、費用項目明細を完備して臨んだだけに拍子抜け。
 ま、郵送での提出を受け付けているくらいなので、そういうものなんかな。

 提出書類作成も手書きしようと思ったら大変だけど、国税庁のサイトでデータ入力すれば勝手に出来上がるのでたいして手間はかからないし。

 にしても、何でもかんでも必要経費という名目で雑費の項目に突っ込むってのは、結構いい加減な考え方だよな~(;´Д`)こんな大雑把な積み上げの仕方で良いのかね。
 移動の費用を交通費として計上する程度は当然として、極端な話パソコン買っても「予算管理に使うから」必要経費...ってのもありだし。

 サラリーマンも副収入を持って確定申告してみるとイイですよ、という理屈もさもありなん(´~`)本の一冊でも書いたとして、取材費etcで必要経費が印税を上回れば所得税が戻ってくる訳だし。
 ま、結局必要経費分のお金は使わないといけないって事だけど(;´Д`)黙って税金を搾り取られているだけってよりはよっぽどマシ(笑

あんこ抜き

 購入した当初からやろうと思っていた、Copenのシートのあんこ抜きを実行。

 Copenの高すぎる着座位置を改善するには、シートそのものを交換してしまうのが一番良いのだけれど、オプションで10万円もした本革シートであることだし、できればこいつを活かしたいという思いがあって。

 クルマからシートを取り外し、ひっくり返して表皮を剥がしたらウレタンフォームをサポートフレームから外して、あとはお尻の部分のウレタンをカッターで切り取って終わり。
 と、全ての作業を終えてから写真撮り忘れた事に気付いた(;´Д`)久しぶりにCopenネタでサイトを更新出来そうだったのに、ダメじゃん...

 それはさておき、改造後は着座するとぐっと腰が沈み込むような感じになって、サポート感が非常に向上。
 ドライビングポジションもピタッと決まるようになり、思わず遠出したくなるような具合の良さであることよ( - _ - )これはイイ!

 てか、最初からこういう風にヒップポイントが低いシートを作ってよヽ(`Д´)ノダイハツぅ。
 背の小さい人は、クッションでもお尻にひけば良いんだし。

 ま、実際の着座位置自体は2cm程度しか下がっていないので、低くなったな〜という印象は薄いのだけれど、シートそのものの座り心地が良くなった事の効果が大きいので、改造としては大成功。
ということで、着座した状態で右手の指先が地面に触れるくらいの低さにはまだ程遠い(´〜`)楽々と指先が付いたカプチーノの車高の低さが恋しいのぅ。

京セラ、デジカメから撤退

 自社ブランドのデジカメは諦め、これからはCONTAXブランドに注力して頑張るよ~って言ってたのはほんの数カ月前の事なのに、その舌の根も乾かぬうちになんでこうなるの(つД`)
 今のところ、銀塩の撤退は検討中とか言ってるけど、どうせやめるのは確定してんでしょ(´~`)売り先が確定したら発表、って筋書きなんだろうな。

 ま、05/3月期の実績が△156億円という事で、事業としては完全に立ち行かなくなってたのは事実なんだろうけど。
 最近の京セラカメラ事業の迷走からすれば、さもありなん。

 一眼にしても、描写力に定評のある35mm MF Carl Zeissレンズを軸に、ボディ内AFのAXをデジカメに転用して頑張れば良かったのに、AFのNシステムなんて余計なことするから...

 そんなこんなですっかり精神不安定になってしまったので、ついカッとなって20万円を握り締めてヨドバシへ。
 京セラCarl Zeissレンズが使えるデジカメボディとして、EOS 20Dを買うつもりで。

 でも、やっぱり買う踏ん切りがつかなかった(;´Д`)はー。
 あのカメラ、右手でグリップした時ちょうど親指の付け根にあたるCFカードスロットの蓋が立て付け悪くて、握るとギシギシするのが我慢ならんのよ。

 1D-MKIIの下を切り落として1kg弱まで軽量化、価格は30万という機種があればと切に思う。
 撮像素子のサイズも、フルサイズはいらないけどAPSサイズはちょっと物足りないので、実は1.3倍って結構良い落とし所ではないかという気がするし。

歳とともに

 新聞の一面に出版関係の広告スペースがあるけれど、自分が小~中学生の頃に良く載っていた、今でも覚えているくらいインパクトあった本が「バカ・ケチ・ナマケは酢を飲まない」って奴。

 本自体の内容はさておき、酢を飲むどころか酢の物も苦手だったわたしは、そのタイトルを見るにつけ「俺ってバカでケチでナマケモノなんかな(つД`)」と気になって凹んだりしたのよね。
 でも、酢って普通そんなに「飲む」ものじゃないと思うんだけど(´~`)飲まない奴はダメ人間だ、と決めつけるような物言いはいかがなものか。

 そんなこんなで、酢というモノが微妙なトラウマになってしまい、飲むまではいかなくても酢の物くらいは食べようと事ある毎に挑戦するも、克服出来ぬまま今へ(;´Д`)

 それが最近、日々の不健康な生活が祟ったのか、何となく身体が酢、というかクエン酸を求めているような気がして。

 んで、職場のそばにある自販機で売っていた、黒酢入りリンゴジュースを試しに飲んでみたら...やっぱり独特の臭いと酸味はあるけど、味の方は意外といけるじゃん(゚∀゚)!
 遂に酢を克服する時が来たのか!?

 ま、これはあくまでもジュースであって美味しいのが当たり前だろうから、ここは一つ普通の酢を飲んでみようじゃないか(´Д`)

 とは言え、いきなり原液をゴクゴク飲むのは刺激が強すぎると思うので、ラーメンを食べに行った時にスープの残り汁にちょっと混ぜて飲んでみると...今まで嫌で仕方なかった酸っぱさが、逆に爽快に感じる(゚∀゚)!これが酢のうま味なのか!

 昔は全くダメだったキノコ類も食べられるようになったし、歳取ると味の好みも変わってくるということを実感ヽ(´Д`)ノナスだけはまだちょっと苦手だけど、これもそのうちイケるようになるかな?

 そういえば、昔はマルチみたいな元気系ドジキャラとか、綾波みたいな無表情無感情キャラ、所謂放っておけない守ってあげたくなるようなタイプに萌えてたけど、今は雪さんのようなしっとり姉さんタイプの癒し系キャラに傾倒してるし。

 て、話のオチはそれかい(;´Д`)

大ニュース

 水月 琴乃宮雪 1/8完成品PVCフィギュア

 

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 風船うさぎをキュッ、と抱いてる仕草がスゲェ可愛いよ!
 辛抱タマランので予約~(´∀`)早く7月になんないかな。

 でも、オプションがネコ耳ってトコはちょっと解せないね(;´Д`)雪さんて、そういうキャラじゃないじゃん(笑
 オプション付けるなら、サンタ帽でしょ(*' ー')自分で作るか。

 ていうか、これが大ニュースになるというのが、我ながらもうヽ(`Д´)ノ終ってる...

りなザウで通信

 電車の中にノートPCが入った鞄を置き忘れるようなボンクラが後を絶たないものだから、社内情報漏えい防止への取り組みが激しさを増す昨今。

 出先でメディアを紛失するなんて事象も多いので、PCから各メディアへデータを書き込む場合は必ず暗号化をする事になったのだけれど、使っているソフトの問題でWindowsでしか復号できないというのが大問題で。

 今までデータ交換は、りなザウ(本当はギガザウと呼ぶべきだけど可愛くないので)をPCにUSB接続して相互にやり取りしていたのに、PC→りなザウという方向には書き込みが出来なくなって不便極まりなし(;´Д`)

 京ポン買ってからは、ザウルス単体での通信の必要性をあまり感じてなかったのだけれど、こういう状況下だと会社PCとのデータのやり取りはメールを使うのが一番手っ取り早いので、再び通信カードの契約をする事に。

 折角端末認証機能に対応したC3000なので、PDA向けプランとして128kbps繋ぎ放題で\2,000/月という格安料金を実現しているKWINSを選択。
 KWINSはプリペイド式なので、辞めたくなった時に解約の手間が掛からず気楽に始められるのがいいね~

 んで実際に使ってみて感動。やっぱり128kbpsは速いなぁ(゚∀゚)!
 32kbpsの京ポンとは、メールの落ちてくる速度が雲泥の差。

 旧モデルのC700で通信していると、CFスロットのマイクロドライブと通信カードを差し替えなきゃいけなかったり、メモリ不足でWebブラウザがしょっちゅう落ちたりと使い勝手が悪すぎだけど、C3000はHDD内蔵だしメモリにも余裕あるので快適そのもの。
 ん~、これならもう京ポンいらないかも(´~`)今度はFOMAにでもするかな...

今朝の雪

 雪といえば、琴乃宮雪さん@水月だったり、マイシスター雪希さん@みずいろだったりする訳ですがですが!

 関東地方に大雪との予報が出ていたお陰で、昨日のうちに防災本部司令が下り会社&周辺の雪かきをやることに。
 仕方ないので、6:00に起きて早朝出社に備えていたのだけれど、夜間の降雪量がそれほどでもなかったお陰で結局駆り出されずに済んだ~(;´Д`)本格的に降り始める時間がずれてくれて助かった。

 これもきっと雪さんのお陰に違いない(゚∀゚)雪さんアリガトゥ!!

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »