« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

春眠暁を覚えず

 犬はレンズを向けても全然逃げないので写真を撮りやすいものの、画像を見てもイマイチ可愛くないのよね(´〜`)
 やっぱり、画的に映えるという点では猫!
 でも、野良猫は警戒心が強いので、そう簡単には写真を撮らせてくれないんだけど(;´Д`)そこがまた写欲をそそるというか。

 とは言え、そんな猫も春の陽気に誘われてくる眠気には勝てないようで。
 道の真ん中でうとうとしている一匹を見つけたので、そろそろと近づいてみても逃げるでもなく。
 これ幸いと一枚撮らせてもらった。
IMG_6730
 Kiss Digital+Ultron 40mm

 横になるでもなく、前足を伸ばしたままの姿勢でいるのが可笑しい(^-^;
 会議中とかで、本人は頑張って起きているつもりなんだけど、眠気には勝てず姿勢を正したまま目閉じて寝ちゃってる人と同じかな。

フォーカス精度

 なんとなく、AFで使った時のNew Kissデジのピントが甘いような気がしたので、E-300含めてその辺を確認。
 ピント合わせに使用したのは、普段壁紙としている液晶ディスプレイに表示したこの画像。
IMG_6716

 まずはE-300から。レンズの絞りはF5.6開放。
 E-300+14-45mm オートフォーカス
e300af
 非常に精度の高いオートフォーカスで文句なし。レンズもシャープ。

 E-300+14-45mm マニュアルフォーカス
e300mf
 意外とMFでもあわせられるけど、精度的にはAFには及ばず。

 次は問題のNew Kissデジ。レンズの絞りはF5.6開放。

 New Kiss Digital+EF 22-55mm オートフォーカス
nkissaf
 かなりピンぼけ。さすがにここまでピントが合わないとちょっと気になるかも。

 New Kiss Digital+EF 22-55mm マニュアルフォーカス
nkissmf
 MFだとカッチリと合わせられる。

 次はレンズをEF 50mm F1.8IIに交換。絞りはF5.6に設定。

 New Kiss Digital+EF 50mm オートフォーカス
nkissaf50
 F5.6まで絞っているからか、こちらはAFでも精度的に問題なし。

 New Kiss Digital+EF 50mm マニュアルフォーカス
nkissmf50
 MFでもバッチリ。New Kissデジのファインダーはなかなか良い。

 ということで、分かったことは。
 ●New Kissデジ
 ・手持ちの22-55mmとの相性が良くない
 ・AFは素早くスッと合うのだけれど、今一つピント精度を追い込んでいない
 ・ファインダーは、マニュアルフォーカスに耐える精度がある
 ・お金けちらずに、18-55mmのレンズセットの方を買っておけば良かった
 ●E-300
 ・AFは良く調整されている
 ・セットの14-45mmレンズのシャープさにビックリ。単焦点レンズのEF50mm F1.8IIも形無しよ(;´Д`)
 ・ファインダーはやっぱりイマイチ
 ・Olympusが常日頃主張している、デジタル専用設計の底力を垣間見た

甲賀忍法帖

 陰陽座のNewシングルがアニメとのタイアップ曲というのもビックリだけど、曲を聴いて今回は瞬火♂とのツインボーカルじゃなくて、黒猫♀のソロだという事にまた驚き。
 アニメとのタイアップだからって、綺麗に纏めようとかって日和ったんじゃないだろうなぁヽ(`Д´)ノ

 でもまぁ、正直この方が聴きやすいのは確かかも(;´Д`)大槻ケンヂそっくりな癖のあるあのボーカルも個人的には好きなんだけど、一般受けという意味では?なので。

 どうせなら、ボーナストラックで瞬火のボーカルバージョンが聴きたかった...

鼻水対策

 先週の月曜日から、家で3箱,会社で2箱のティッシュを空にしてやっと鼻水が止まった(;´Д`)いやしかし辛かった。

 んで思ったけど、いちいち鼻を噛むのも大変なので、たれる鼻水を吸収するけどいつもさらさらという、紙おむつみたいな機能を持ったマスクというのは作れないものか?
 どんなに鼻水が多く出たとしても一日100cc程度が限度らしく、半日で考えれば50cc。このくらいの量ならマスク内に保持しておくことも不可能では無いと思うし。

 紙おむつと同じような構造にすると、マスク的にはどう考えても空気の通りが悪くなってしまうので、どこから空気を取り込むのかという点さえうまく対処すれば、案外簡単に実現出来そうな気がするんだけど。

 現状の鼻水対策は、主に薬の力によって出ないように抑えるという事でしか対処出来ていないけれど、出るモノは出るにまかせてそれをスマートに処理する、という対応方法が在っても良いよねぇ(´ー`)

水月ドラマCD

 第一章は雪さんと那波の回ということで、絶対に外せませんともヽ(`Д´)ノ雪さぁぁぁん。

 キャストはPS2版と一緒なので、雪さん他キャラと声はばっちり一致済みのため、音声のみでも全然問題無し。
 ただ那波だけは、油断して聴いているといまだに誰だか分からなくなったりする...やっぱりどうも慣れない。

 ドラマの内容自体は可もなく不可もなく。
 雪さんと那波のバトルは、もうちょっと突っ込んだところまでやって欲しかったかな、二人の料理対決にまで発展させるとか。
 て、そこまでやっちゃうと二次創作,SSの領域か。

 ま、正直ドラマそのものよりオマケで入っている声優陣コメント、主役二人を差し置いて暴走している外野陣の喋りの方が面白かったりして。
 素でも花梨のような良い味出している友永朱音には、是非ともがっちゅみりみり放送局に出演して欲しかった(;´Д`)みりすでも仕事してるし、このキャラクターをトークに活かさないのは勿体ないね。
 そして、一言喋る度に笑い転げている妙にハイテンションな草柳順子。一体何なんだ(笑

 しかし、こんなトークがきっかけで水月アニメ化、なんてことは有り得るんだろうか(´Д`)

治らない

 土日休んでれば回復するかと思ったけど、咳が一向に治まらないどころか喉の痛みも酷くなってきて、胆に血が混じるようになる始末。
 おかしい(;´Д`)たかが風邪の後遺症ごときでここまで症状が悪化するなんて。

 まぁ、こうなった原因はどうしても耐えられなくて使ってしまった、花粉症の鼻炎薬のせいであるような気がなんとなくするんだけど(´〜`)普段滅多に薬とか口にしないものだから、たまに使うと効き過ぎておかしな事に・・・

 体調が回復するまではと一週間ほど酒断ち生活を送ってきたので、週末は自転車による有酸素運動でもして一気に体重を落とそうと画策していたのに(つД`)まったくもう。
 ま、物事は自分の思い通りには進まないってことは会社でイヤという程思い知らされてるので(´ー`)y─┛~~ 今は焦らず心を静めて回復を待つ所存。

風邪は治ったけど

 全くもって、喉の調子が回復しない~
 咳が止まらなくて夜はなかなか寝付けないし(=_=)寝たら寝たで、鼻が詰まって行き場を失った鼻水が喉と目の方に流れ込むものだから、今朝はこびりついた目ヤニが固まってて瞼が開かなくて焦った(;´Д`)顔の各器官が、相互に結び付いていると実感する瞬間。
 そして会社に来てからは、咳込む→涙出る→鼻水たれるの連続で息つく暇もなく。

 考えてみれば、涙と鼻水って元は同じなのに、ちょっと流れ出る場所が違うだけで随分と扱いが違うよなぁ(´~`)

病は気から

 E-300買って週末にはしゃぎ過ぎたのが悪いのか、身体はだるいし寒気はするし喉は痛いし鼻水は止まらないしで、これは風邪だなぁと。
 会社でも熱でボーッとしているような状態が続いてあまりに不調なので、帰宅後に体温を測ってみると。

 36.4℃...あれ(;´Д`)平熱。

 これは測り方がいけなかったのかもしれないと思い、一際強く脇の下に体温計の先を押し付けて再計測。

 36.7℃...多少は上がったけど、誤差の範囲っぽい。

 なんだ、熱ないんじゃん。
 と思ったら、先程までの寒気もどこへやら。なんだか楽になって体調も回復してしまった。
 帰りの電車の中では、これじゃ明日は会社行けそうもないな、くらいに思っていたのに呆気ないものよ。

 ただ、元々がアレルギー性鼻炎持ちなので、風邪をひくと粘膜が酷く炎症を起こしてしまい、その後遺症が長引くのが困りもの(´~`)鼻水が止まらない~

 しょうがないから、会社では当分風邪っぴきってことにして早く帰ろっと(´∀`)

Olympus E-300

 結局買ってしまった~(´∀`)秋葉原の卸問屋みたいな店で\72,800也。
 昨今の中国における反日デモ拡大を見るにつけ、こいつを生産しているOlympusの中国工場とかでも、そのうち労働者のボイコットとかで生産が止まってしまうんじゃなかろうかと。
 それなら、売ってる間に買っておかなきゃ!という焦りに背中を押されて(;´Д`)

 付属ソフト(Olympus Master)のRAW現像機能が低すぎて、RAWを使う意味を見出せなかったので、まずはJpeg中心で試し撮り。
 しかしこれが、ホワイトバランスをオートにして撮ると、マゼンダかぶりで画像が酷く赤い。
 日中光(5300ケルビン)に固定しても改善されないので色々試してみた感じでは、マニュアルで4800ケルビンくらいまで落としてみると、シアンとマゼンダのバランスが取れて良い感じ。
 これがコダックのCCDによる威力なのか、抜けが良くて気持ちいい発色(゚∀゚)!

P4170099a
Olympus E-300 / 14-45mmF3.5-5.6

 セットで付いてくる14-45mmF3.5-5.6レンズも、逆光には弱いけど描写そのものは悪くないので意外と使える。
 APSサイズのセンサよりも更に小さいフォーサーズなので背景は本当にボケないけど( ´ー`)被写体によっては深い被写界深度=ピントの合う範囲が広いというのはメリットにもなるし。

 ホワイトバランスにはちょっと疑問な点があるけれど、価格を考えたら上出来ですよこれはヽ(´Д`)ノ

がっちゅみりみり放送局

 すたじおみりす提供のWebラジオ。
 普段からチェックしている訳ではなく、気が向いた時に覗きに行くという感じだったので、4/1の回を最後に終わってたのでびっくり(;´Д`)

 思えば、この放送で初めて素の喋りを聞いて北斗南姉さんのファンになったのよね。
 年明けの新年会放送のはっちゃけぶりからして、まだまだ続くものだとばかり思っていただけに、残念だなぁ(´~`)

 ホントかウソか、がっちゅのCD買ってくれないからみりすの資金が、って話だけど。そもそも、本業のゲームの方もそんなに調子良さそうには見えないので、ちょっと心配。
 新作が"あの"いただきじゃんがりあんのリメイクというのも微妙な...

IMG_6381
New EOS Kiss Digital / Carl Zeiss Planar 50mm F1.4

 なかなか開花しないなーと思っていたら、いきなり陽気が暖かくなってまさに狂い咲きの様相のソメイヨシノ。
 見頃は今週で終わりだろうなぁということで、自転車で走り回りながらそこら辺にあるのを片っ端から撮りまくりヽ(`Д´)ノあー疲れたっ。

 と言いつつ、ソメイヨシノよりも多少遅咲きの枝垂れ桜の方が実は好きだったりするので、来週末くらいまでは楽しめるかな(´∀`)

飛行機雲

IMG_0020

IMG_0040

IMG_6374
New EOS Kiss Digital / Carl Zeiss Planar 50mm F1.4

 カメラ片手に近所をブラブラしていると最近よく見かけるので、3枚ほど。

 NewKissデジは絞りを絞り込んで空のように色のフラットな被写体を撮影すると、シミみたいな汚れが写り込んじゃって気になるのよね(;´Д`)
 旧型はCMOSに付着するゴミの影響なんて全然気にならなかったので、デジタル一眼レフのゴミ問題てそんなに大騒ぎするほどの事か?と冷ややかに見ていたのだけれど、いざ当事者になってみて分かるこの不愉快さ。

 思わずカッとなり、ヨドバシまでCCDのダストリダクション機能を備えたオリンパスE-300を買いに走ったのだけれど、販売価格が価格COMの最安値とかけ離れすぎているので購入には至らず。
 ポイント還元を考慮してもヨドバシは\89,800なのに対して、価格COM最安値の店は\71,500というのではねぇ...

花見と駄菓子

 日本の春と言えば、満開の桜の木の下で飲む酒、酒、酒~(~ー~*)♪今年も行くよ~
 などと毎年意気込んで花見に臨むんだけど、桜の花が咲いてから一旦気候が冷え込む事が多くて、寒風に震えながら我慢大会の様相で無理矢理酒を飲むというのが通例。

 いつも行く会社の傍の川沿いにある桜並木は、男女兼用の公衆トイレが近くに一つあるだけなので、いつも凄い待ち行列になっちゃってこれがまた大変。
 寒いとトイレ近くなるし(笑

 でも、今年は穏やかな日和の中一気に開花を迎えたので、日が沈んでからも寒くない!ヽ(´Д`)ノ震えながらじゃない花見って初めてかも(笑
 お陰で、久しぶりに飲む日本酒が進む進む~
 満開になるまでが長かった分、この後一気に散ってしまいそうなのが残念。写真撮ってる暇あるかな(;´Д`)

 んで、酒のつまみにハートチップルを買っていったけど、関東圏外出身の人って本当にこの菓子の事を知らないのね Σ(゚ー ゚;ちょっとビックリよ。
 関東人なら、駄菓子屋の定番として子供の頃に絶対食べてますから。

 ま、わたしもこれ食べるのは久しぶりだったけど、相変わらず下品な程に濃縮されたニンニク味がたまらん(゚∀゚)!関東圏外の方も是非一度御賞味を。

NW-E405/407

 マリオンでアビエイターを見た帰り道、冷やかしで入ったソニービルにて先行展示されていた新型ネットワークウォークマン、NW-E405/407を一目見て惚れたっ(゚∀゚)!

 価格は同メモリ容量のiPod Shuffleより\5,000程高いけど、ハーフミラー越しに見える有機ELディスプレイの表示がほんと綺麗なのよ。
 ただ、画像ではその質感は全く伝わってこないので(;´Д`)実物を見てもらわないと良さは分からないけど。
 実用面でも、超急速3分充電で3時間再生ってのは使いやすそう。

 AppleStore銀座で、店頭に山積みされていたShuffleを衝動買いしなくて正解(´∀`)こいつを待とう。

アビエイター

 主演のレオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞を取り逃してしまったことで、イマイチ盛り上がりに欠けている感が無きにしもあらずな、大富豪ハワード・ヒューズの半生を描いた本作。
 面白いのかなぁ?と半信半疑な気持ちで見に行ったのだけれど、終わってみれば三時間弱という上映時間があっと言う間に思える程、物語りに引き込まれてしまった。

 序盤はとにかく、ヒューズの豪快な金使いの良さにびっくり。
 いわゆる成り金とは一味違って、彼の場合見ていて気持ちの良さを感じさせるのは、損得感情なんていうケチなものは抜きにして、自らの理想の実現に向けて頑張っているからで。
 言ってみれば、彼は商売人というよりも技術者であり、飛行機ヲタにして映画ヲタ。同じヲタとして、行動に共感を持てるのよね。そのスケールは随分違うけど(笑

 中盤は事故による大怪我、そして人間関係と精神病にさいなめられる彼の苦悩を軸に見せ、そして後半は審議委員会での対決と巨大飛行艇のフライトによって大いなる盛り上がり。
 胸がすかっとした~

 でも、それに続くラストシーンがあまりにも辛い(つД`)彼の孤独さがストレートに伝わってきて、寂しすぎる...
 しかし、それゆえに深い余韻が得られたのも事実。映画はラストシーンの〆方ひとつで印象がガラリと変わってしまうので、安直なハッピーエンドにしなかったのは監督の狙い通りかな。

妹オーディション

 オーディションなんて全然していない(いきなりのネタばれ)マリみて新刊。

 直近の2巻ほど低調だったので、やっぱプティ・スール選びまでの話を引っ張り過ぎなんじゃないの(´~`)と思っていたけれど。
 作者もそういう認識があったのか、話が動き出して俄然面白くなってまいりました。
 てか、結局のところ今回は奈々ちゃんに尽きるね!クールな中にもあどけなさの残る受け答えに惚れました(゜ー゜*)
 特にラストの台詞には痺れたなぁ。あんなこと言われたら、そりゃ由乃も落ちるわ(まだ落ちてはいないけど(笑)

 早いとこ、山百合会での活躍が見たいなぁ(´∀`)

 でもそうすると祥子さまが...(;´Д`)それはそれで嫌だ。 実際問題、マリみてってこの先どこまで続くんだろ。

劇場版AIRその2

 池袋シネマサンシャインでの上映期間が延長されたということで、前売り券を消化するために二回目の観賞。

 海老名で見た後、「こんな使えない前売り券なんてもういらねぇよヽ(`Д´)ノ」と破り捨てようとしたけど、折角だから記念に取っとこうと思い直したのは正解だった...

 例によって、朝9:40という早朝上映しかないものだから、ふだん出社するよりもはるかに早い時間に家を出て池袋へ。

 ビルの9階という、非常に怪しげな場所にある上映館の中に入って見てびっくりΣ(゚ー ゚;*何、この場末の劇場感漂う古ぼけた設備と小さいスクリーンはっ。
 シートの並びも傾斜が緩くて、前の席の人の頭が気になるという前時代的レイアウト。
 最近増えているシネプレ系映画館と比べると、とてつもなく年期を感じる(;´Д`)

 ま、AIRの場合、小さなスクリーンの方がボロが出なくて好都合と言えなくもないけど。

 んで、シナリオは既に頭に入っているので今回は映像に集中。
 結果、出来の悪さがクローズアップされて好感度大幅ダウン。

 あの止め絵はきっとギャグのつもりなんだね(´~`)そう思うことにします。
 映画館では静止もスローも無いから気にならないけど、DVDとかになってじっくり見たらほんと笑えそう。

 レトロな映像表現に古ぼけた映画館の印象があいまって、70年代にタイムスリップしてしまったかのような錯覚を受けて、わたしの中ですっかりダメ作品に成り下がってしまったよ(´~`)懐古趣味でもある人なら別でしょうが。
 結局、監督に意見出来る若い人が居なかったんだろうなぁ。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »