« 妹オーディション | トップページ | NW-E405/407 »

2005.04.03

アビエイター

 主演のレオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞を取り逃してしまったことで、イマイチ盛り上がりに欠けている感が無きにしもあらずな、大富豪ハワード・ヒューズの半生を描いた本作。
 面白いのかなぁ?と半信半疑な気持ちで見に行ったのだけれど、終わってみれば三時間弱という上映時間があっと言う間に思える程、物語りに引き込まれてしまった。

 序盤はとにかく、ヒューズの豪快な金使いの良さにびっくり。
 いわゆる成り金とは一味違って、彼の場合見ていて気持ちの良さを感じさせるのは、損得感情なんていうケチなものは抜きにして、自らの理想の実現に向けて頑張っているからで。
 言ってみれば、彼は商売人というよりも技術者であり、飛行機ヲタにして映画ヲタ。同じヲタとして、行動に共感を持てるのよね。そのスケールは随分違うけど(笑

 中盤は事故による大怪我、そして人間関係と精神病にさいなめられる彼の苦悩を軸に見せ、そして後半は審議委員会での対決と巨大飛行艇のフライトによって大いなる盛り上がり。
 胸がすかっとした~

 でも、それに続くラストシーンがあまりにも辛い(つД`)彼の孤独さがストレートに伝わってきて、寂しすぎる...
 しかし、それゆえに深い余韻が得られたのも事実。映画はラストシーンの〆方ひとつで印象がガラリと変わってしまうので、安直なハッピーエンドにしなかったのは監督の狙い通りかな。

« 妹オーディション | トップページ | NW-E405/407 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/3552256

この記事へのトラックバック一覧です: アビエイター:

« 妹オーディション | トップページ | NW-E405/407 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ