« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

ねこぶくろ

IMG_7415

 猫って、猫背なのに姿勢イイっすよね…( ゚д゚)

 ということで、放し飼いの猫ちゃんと自由に戯れる事が出来る場所、池袋東急ハンズ8Fにある「ねこぶくろ」へ。
 お眠中の猫たちの背中を撫でたりして、生フワフワ感を堪能(*' ー')

IMG_7410

 寝てる…

IMG_7417

 寝てる……

IMG_7427

 寝てる………

IMG_7425

 中には、やる気を見せてポーズをとったりする猫ちゃんも。

IMG_7430

 今回、一番のお気に入り。瞑想中(肉…鶏肉……食いたい…)

IMG_7431

 ん、撮ってんの?

IMG_7436

 ま、いいや……と、そしてまた爆睡(*´▽`) この自由気侭さがタマンネェ

ワンクリック

 今更だけど、Amazonの注文システムってお手軽で楽だなぁΣ(゚ー ゚; 商品を選択してカートに入れ、ログインしてほんとに一回クリックするだけで注文終了だもん。

 という事で、勢い余ってhpの激安複合機を買ってしまった…すっかり術中にハマってるし(;´Д`)

 しかし、クレジットカード番号すら入力する必要がないということで、ここまでお手軽だとちょっと怖いかも。
 ログインIDがメールアドレス兼用なので、Amazon専用メアドでも取っていない限り他人にバレバレだし、後はパスワードを破られたら注文され放題って事だよねぇ。

 まぁ、品物の送り先を何処にするかという問題があるので、なりすまし注文をされる可能性は低いけど、どうでもいい品物を大量に注文して送りつけるという、嫌がらせの手段としては十二分に使えそう。

 (´~`)何か対策を講じておかねば。

アスベスト

 最近急に話題になってるけど、なんだか他人事じゃないね(´~`)

 というのも、私が通っていた小学校の音楽室は、吸音効果を高めるため天井が正にアスベスト塗りだったので。
 しかも、コンクリートのように固められたものではなく、ふわふわとした極めて危なそうな状態の。

 音楽の先生がよく「天井に悪戯してはいけませんよ。あれはアスベストといって、剥がれたものを吸い込むと病気になりますからね?」と注意していたのが、子供心に強く印象に残っていて忘れられない。

 そこまで言われて積極的に弄るバカは流石にいなかったけど、あれってほっといても絶対空中に飛び散ってたっすよ、先生!(;´Д`)

 その他の身近なアスベスト、実験で使う石綿金網も「白いところは毒だから、絶対に素手でさわるなよ?」と理科の先生が再三言ってたもんなぁ。
 なぜ、そんな危険な物を使って実験させるのだッ、と疑問を抱きつつ、子供のやる事なので注意してもちょっと指に付いちゃったりするのよね。

 潜伏期間が数十年との事なので、もし体内に取り込んでいたとすればこの先発病する可能性もある訳で。
 ていうか、同じような危険に晒されてきた人なんて、全国に数え切れないくらいいるべ(;´Д`)

 そして今朝のニュースでは、夏休みを利用して校舎の天井に使われているアスベストの撤去作業を進める学校の様子が。
 正直、今頃そんなことやってんのって感じ。遅きに失してるよ Σ(゚ー ゚;

 70年代からその危険性が指摘されていたのに、環境省や厚生労働省は一体何をやってきたのかと…

親指からロマンス

 耳かきが大好き、そしてマッサージも好きーヽ(´Д`)ノ
 っても、イイ歳したオヤジが一人でその手のお店に行くのは気後れするので、Webで体験レポを読んだりして擬似的に快感経験をするのが関の山なんだけど。

 あらためて文章にすると、なんと寂しい生活を送っている根暗な人であることよ…(つД`)

 てことで、「マッサージ、ツボ、感想、体験」なんてキーワードで検索に引っかかるサイト巡りをしていて、見つけたのがこのコミック。

 マッサージを主題にしたマンガってのも珍しい、しかも少女マンガ。ま、少女マンガは好きなのでむしろ好都合だけど。

 どうやら作者の初連載作みたいなので、内容についてはどんなもんかなぁと懐疑的だったけど!あなた(゚∀゚)!滅茶苦茶面白いわよこれ!(何故にカマ言葉

 あとは、マッサージのシーンで、主人公の千愛がツボの名前と効能を連呼しているだけじゃなく、読んでいて気持ちよくなるような描写がもっと増えれば完璧なんだけど。
 やっぱ、肝心の彼氏があんまりマッサージ好きじゃなく、反応にイマイチ乏しいってのがね(´~`)
 もっと悶えたまえ!親指からツボに伝わるイタ気持ちよさが、読者にも伝わるように。

 んで、千愛の指技によってマッサージの快楽に目覚め、禁断の世界へと身を堕としていくってストーリーになればなお良し。調教ゲーの逆パターンみたいな(´∀`)

 でも、このマンガでのわたしの一押しは、なんと言ってもクールな会計係、夏江さまに尽きますが。
 3巻でのメイド服姿&照れ顔に惚れた…(*' ー')

 単なる裏方で、彼女がマッサージとかに全然絡まないのが物足りねぇヽ(`Д´)ノその割に、何故か存在感ありまくりだけど。
 部長との恋も、実らなそうなまま結論付いちゃったけど、この先にどんでん返しでもあるのかしら。何気に、メイド長として部長の家に就職したりとか。

誕生日

 ふとしたことから、自分とガリレオのそれが同じであることを知り Σ(゚ー ゚;ビックリしたー。

 永遠のロリっ子声優、北都南姉さんと一緒なのは良いとしても、他に誕生日が同じ有名人と言えば。

 インリン・オブ・ジョイトイ ...
 浅田美代子 .....
 山崎邦正 .......

 ちょ、ちょっとどうなの!?(;´Д`)というメンツばかりだっただけに、一気に格が上がった感じ。

 これからは、誕生日いつ?って聞かれたら、ガリレオと同じ日ですけど( ´ー`)y-~~ って言おう!( ゚Д゚)それでも地球は動いているっ。

 これはきっと、他にも同じような思いをしている輩がいるに違いない!
 と検索してみたら、やっぱりいるいるー(~ー~*)お仲間が。

 単なる偶然でたまたま生まれた日が一緒だったというだけでも、やっぱりみんなちょっと誇らしげで。
 思わず、その方達の日記を読み漁ってしまった。
 見ず知らずの人達だけど、生まれた日が一緒というだけでシンパシーを感じてしまう、誕生日って不思議だなぁ。

 なんて感慨にふけっていたその時、"わたしの生まれた1989年~"との記述がそこに。

 一瞬、その数字の意味している所が全く分からずに、固まってしまう思考。

 1989?
 1989年に生まれたってなんだ?どういう.....

 って、16歳ってことじゃんΣ(゚ー ゚; 目茶若ぇ、ひぃ。

 今時の女子中高生なら、普通にネットくらいやっているんだろうけど、いざ1989という数値を目の当たりにすると、ちょっと心穏やかではいられません。

 しかもこの娘、読みやすい文体で結構面白いこと書いてるし、さりげなく2ch AAを使いこなしてるトコも、小技が効いてて心憎い。
 おじさん形無しだわ(;´Д`)嫉妬しちゃう。

 最近の女子高生っても、アホ面して携帯弄りつつ、金と男の事で頭ん中いっぱいみたいな奴らばっかりじゃないんだねー。
 やっぱ、ガリレオと誕生日が同じってだけのことはあるよ!(と、さりげなく自分自身を肯定。

小動物と地震と

 所用があって池袋。

 わたしの都内のテリトリーは、大学があった新宿と、学生の頃から本やCDを買いに通った神田-お茶の水、子供のころ近くに住んでいた銀座、月に一度は必ず行く秋葉原、年に一度は必ず行く上野程度なので、池袋はなかなかに未知の領域だったりして。

 でも、いざ行ってみると、ヲタ向けの店も多くて居心地は悪くないねー。
 最近では「乙女ロード」とか呼ばれる同人街もでき、腐女子にとっての秋葉原的存在として大人気とか。さもありなん。
 ついでに東急ハンズとLOFTのペットショップに立ち寄り、小動物にそれはもう癒された訳です(゚ー ゚*)
 見ているだけでも、そのヒーリングパワーが凄いのよ。

 特にインコが。インコなんて雀に色が付いたようなもんじゃん?と思っていたけれど、こんなに可愛いんだぁ…
 ショーウインドウにへばりついたまま凝固していたら、店員に不審な視線を向けられたので退散したけど、あれがなかったら何時までも見ていたかも。

 鳥といえば、昔ウチで飼っていたクロツグミ。
 3年間も餌を与え続けてすっかり懐いているものと思いきや、籠の扉を開けたままちょっと目を離した隙にバサバサっと表に飛び去ってしまい、そのうちお腹を空かせて帰ってくるかと期待したのに、結局二度と戻って来やしねぇ!(;´Д`)この恩知らずがっ。

 という、トラウマになっている過去を忘れさせてくれるような可愛さに満足した後、帰りの東海道線に乗っていた時それは起こった。

 地震…走行中の車両が緊急停車し、安全確認のためしばらく時間がかかりますと言われてから30分程で動き出したものの、そろりそろりと徐行しつつ文字通り這うようにして横浜駅に到着。
 またそこでしばらく停車しますとのアナウンスが流れたので、どうせ少し待っていれば完全復旧するだろうと、一旦横浜で降りて街を散策。

 2時間ほど時間を潰してから駅に戻ってみたら、期待に反して相変わらず駅は大混乱中。
 構内では「東海道線は現在動いておりますが、安全確認のため時速15km/hで徐行運転中です」とか言ってるしヽ(`Д´)ノ尼ヶ崎の事故でビビってんのかぁー、もちっと気合い入れて走れや。
 かと言って、無茶して脱線されても困るけど…

 いやほんと、ハンズで自転車でも買って走って帰ればよかったかも…

 んで、猛烈に混雑する車両にやっとこ乗り込んでの帰り道。
 長時間の乗車と混雑で、わたしの横に立っているおばあちゃんが非常に具合悪そうだったので、席を譲らせてあげられないだろうかと目の前に座っている輩をみてみれば、じいちゃん二人.....

 この先に控える高齢化社会、日本はどうなってしまうんだー(;´Д`)

BD-1のサス

 Bicycle NAVI夏号を読んでいたら、愛車BD-1の設計者であるマーカス・ライズのインタビューの記事に気になる一文を発見。
 「フロントサスはショック吸収性が高く、アンチダイビングジオメトリーを持っています」

 えー(;´Д`)マジっすか。

 なんて、懐疑的な視線を部屋の傍らに置かれた愛車に向けつつ、そのサスペンション構造に物理的な動きを照らし合わせてみると、確かに…

_IGP0255
 ①ブレーキングすると、タイヤの回転力によってブレーキユニットに前方への引っ張り力が加わる
 ②①によって、前輪の車軸を中心として"くの字型"サスペンションアームを回転させるような動きが生じる
 ③ブレーキユニットとは逆側のアーム端に、フロントフォークを押し上げる方向の力が発生
 ④③の結果、荷重移動によるフロントサスのダイブが打ち消される!

 すげーΣ(゜ー ゜; 確かにアンチダイブ的な動作をするじゃん!BD-1のフラットな乗車感は、これが原因だったのか…
 芸術的な折りたたみ機構といい、ほんとBD-1の設計は凄いわいヽ(´Д`)ノ

チーム・マイナス6%

 地球温暖化防止のため、みんなで省エネ活動しましょうってやつ。
 うちの会社も賛同企業として名を連ねているので、クールビズやら節電運動やらで何かと騒がしい今日この頃。

 ま、その趣旨には大いに賛同するけど、アプローチがなぁ…

 ノーネクタイ姿の首相が「涼しいよ~」とか言ってるクールビズも、そもそもあんたのその髪型が暑苦しいので説得力ゼロ(;´Д`)
 うちの社長も、社員はみんなで丸刈りにしよう!くらい言ってみたらどうなのよ。やり方が生温いんだって。

 節電の徹底についても、こまめにPCの電源を切るとか明かりを消すとか、小手先の対応ばっかり。
 轟音と共に熱風を吐き出しているPentium IV搭載PCを職場から一掃して、Cool'n Quietで環境に優しいAthlon64搭載機にすればいいじゃないヽ(´Д`)ノ
 60Wの白熱電球を30Wの蛍光灯に置き換えるくらいの効果はあるから、6%どころの削減なんて目じゃないよー。

 そんな諸悪の根源Intelは、これまでの高クロック/高発熱路線のツケ払いに苦労しているようで。

 なぜYonahはEM64Tに対応しないのか

 いやー、Intelの惨状を目の当たりにするのは気分いいね(´∀`)AMD Luv。

 デュアルコアCPUで比較しても、AMDのAthlon 64 X2がPentium Dを性能で圧倒。発熱と消費電力が高すぎてクロックを下げざるを得ないPentium Dは、所詮は安い事だけが取り柄の粗製濫造品ですからな。
 もはや頼れるCPUはPentium Mだけ、でも64bit化は来年末までおあずけと。

 これだけ酷い状況なのに、なぜPCメーカーはIntel CPUばかりを採用し続けるのか。
 そりゃAMDに訴えられる訳だわ(´~`)

旧札

 今日も一日、仕事に疲れて家に帰ってきたら、居間のちゃぶ台に散乱するお札の数々。
 かあちゃん、何やってんの?

 「あ、お帰り。今日銀行に行ってきたんだけど、困ったわぁ」

 全くどうでも良いことに対して、いつも困っているのがウチの親。

 「このお札、ATMで使えなかったのよ」

 へ、ATMで使えない?って…

IMG_7104

 これ!聖徳太子じゃねぇかΣ(゚ー ゚; こんなん、今時のATMで使えるわけあるかい!

 「えー、使えないの?お金なのに」

 いやまぁ、確かにお金だけどさ(;´Д`)窓口だったら使えると思うけど。

 「めんどくさいわぁ」

 全く、俺に似てめんどくさがり屋なんだから!!(逆か。

 しかも…

IMG_7105

 伊藤博文の千円札!に、500円札!!懐かしいなぁ(つД`)子供の頃は、お札って言ったらこれだったよね。
 聖徳太子なんて、年に数回しか拝める機会なかったし。
 つか、500円札のこの親父って誰だっけ(笑

 「あと、こんなのもあるよ」

 うわ…

IMG_7106

 なにこの500円札(゜ー゜*)透かしがねぇ(笑
 しかも...100円札!いつの時代のものっすか!? 少なくとも、俺は使った記憶がないよ、こんなの。

 「これで買い物って出来るのかしらねぇ」

 出来るわけねぇだろヽ(`Д´)ノつか、しねぇよ、店で使うなんて勿体ない。

 「えー、困ったわぁ。今月もう生活費が無くて・・・」

 それでこんなに旧札を引っ張りだしてきてたのか、しょうがねぇなぁ(;´Д`)
 という事で、引き出しの奥底に親が溜め込んでいた旧札を、数万円はたいて等価交換(つД`)Athlon64 X2の購入資金がぁー。
 っても、このまま保管しておけば更に数年、数十年後にはイイ金になるんじゃないかという事を期待してたりして(つ∀`)最後に笑うのは俺だぜ。

目を狙え

 フィギュアもフワフワ系も女子も、撮影の基本は同じ。ピントはまず目に合わせるのです。

IMG_7095
 EOS Kiss Digital / Sigma 28mm F1.8

 ちゃんと目にピントを合わせられるようになってから、構図を考えて他の部分を狙いましょう。

ドレスデン国立美術館展

 三連休を利用して、一人で見に行くのも味気無いので無理やりぶっさんを誘い出し、国立西洋美術館へ。
 一番の目的は、何といってもレンブラントとフェルメールの2大巨匠の作品であったけど、世界中から収集した美術品や希少品,絵画の数々が、テーマに沿って整然と展示されていて、そこはまさに宝の山。
 結局、人波に押し流されながら3時間かけてなんとか一通り見終わったという感じ。

 絵画も良かったけど、マイセンと日中の磁器の比較展示には興味をそそられるものが。会場の混雑度も特に高くて、やっぱり一番日本人受けしていたし。
 特に、展示解説の「東洋の陶磁器を模倣し、錬金術師ベトガーによって研究所で作られた…マイセンの」の下り。
 リアル錬金術師!( ; ゚Д゚)カッコイー
 でも錬金してるのは陶磁器!(;・∀・)ソレデイイノカ

 それでも、正直なところ当時のマイセンの技術ではまだまだ日中の白磁器に見劣りしているのは事実で、オリジナルとマイセンの二つを並べると、どう控えめに見てもオリジナルの方がイイのよね。
 こうして、何百年も続いている伊万里焼とか有田焼の凄さを再認識するという思わぬ副作用もあったりして。

 あと、ルイ14世が勲章に与えたというダイヤモンド。単なる12面程度のカットでありながら、虹色に輝くその様子は正に圧巻。ダイヤモンドは、本当に永遠の輝きね(;´Д`)魅了される女子の気持ちも分かるなー。

 その他にも、王立科学アカデミー謹製の学術書とかあったり、ほんとヨーロッパの16〜17世紀って凄い時代だったんだなぁと。
 そのころの建築物が、普通に都市として現存していたりするのも素晴らしい(;´Д`)日本のように破壊と創造を繰り返している国からすると、それは正に奇跡的。

 んで、肝心のフェルメールとレンブラントの作品は、そのあまりにも写実的と言える存在感を前にして言葉も無く。
 言ってみればただの絵の具が、どうしてこんなにも生々しい光の存在を感じさせるのか、本当に不思議。近づいてみれば確かに油絵なのだけれど、少し距離を置いて眺めた時ふっとそこに浮かび上がる3次元空間。
 現実を捉えている筈の写真よりも現実を強く感じさせる、この映像表現を自らの写真表現に活かせればなぁ…

BD-1のタイヤ

 新品の時から、妙に転がり抵抗があるなーと感じていたタイヤをようやっと交換。
 気が付けば購入から2年が経過したものの、タイヤが新品になっただけで本体も若返って見えるなー。

_IGP0254

 18インチなので選択肢がほとんど無く、リムが太いのでタイヤ幅も細いモノは選べないという二重縛りの結果、苦し紛れでシュワルベのマラソンにしてみたらこれが正解!

 一体今まで付いていたタイヤは何だったんだと唖然とするくらい、走行抵抗が少ないじゃんΣ(゚ー ゚; こんなんだったら、もっと早く取り替えればよかったなぁ。
 最初からこれくらいイイタイヤ付けて売ってよヽ(`Д´)ノ10万円もするんだからさ!!

 転がりが良い分前後方向の食いつきが弱いので、フルブレーキングするとリアが簡単にロックしてしまうという弊害は出るけど、自転車初心者がBD-1なんて買わないだろうから、多少扱いにくくなっても運動性能重視の方向に振っちゃえば良いと思うんだけどね。

仮想と現実

 Mac OSX対応ソフトウェアを紹介するポータルサイト、OSX-NAVIで使われている画像というかCGが、前々からどうにも気になっていたので本腰を入れて探してみることに。

 同じページで使われている画像がFinal Fantasy関係なので、多分その画像もそうだろうと当たりを付け、色々と検索キーワードを試していたところ.....見つけた!

 これこれ、これよ。この画像
 
 なんつうか、こう、胸の膨らみ具合とそれを包み込む服の質感がツボに入ったっ(゚ー゚*)胸の奥にグッとくる!
 キュッと結ばれた口元に意志の強さがくみ取れる、唇の形がまたエロ可愛い!!
 新作Advent Childrenのヒトコマらしいけど、これはやっぱりエアリスなのかしら。

 ティファの方も、なかなかお綺麗ねー。
 これで肌にホクロかなんかあると、よりリアルで良いんだけどなー < 女性のホクロ好きな人

 同じCGでも、テライユキとかはいかにも人造物臭くて全然可愛いとは思えなかったけど、これくらいまでくると普通に萌えるという事を改めて認識。

 この調子でCGの再現性が上がっていくと、ほんとそのうち生身の女優/俳優なんて要らなくなっちゃうんじゃないか。
 今はまだ、ゲームやアニメキャラといった架空の存在を愛でるヲタは変人扱いされるけど、この先も果たしてそうだろうか。

 そんなパラダイムシフトの予感すら伝わる、エアリスの胸の膨らみでありました。

 そういや中学生の時、アイドルとか芸能人を「どうせ手が届かない存在なんだから、存在して無いのと一緒だよ。誰が好きとか可愛いとか、くだらない」と切り捨てていたクラスメート(コピー同人誌発行仲間)がいたけど、今やっと彼の真意が分かった気がするね。

 当時、本気でミンメイに入れ込んでいたからな、彼奴.....(´~`)

KOTOKOイベントライブ

 アルバム"硝子の靡風"の初回版購入特典の抽選に当たったので、渋谷のO-Westへ。
 ライブ行くのは久しぶり、しかもスタンディングのマジなライブハウスとなると数年前のクラブチッタ以来なので、ちょっとドキドキ。

 しかして、13:00会場、14:00開演で13:30頃着いたらもう、ホール内は既に人一杯Σ(゚ー ゚;ほとんどステージが見えねぇ。
 仕方なく、後方壁際よりちょい手前に位置しつつ、ライブ始まればどうせみんな前の方に移動するだろうから、見晴らし良くなることを期待しつつ、それに便乗して前出ようかな。
 なんて期待も空しく…みんな普通に立ったままだし(;´Д`)

 結局、後方に取り残されたまま、ふと見れば周りには女の子の姿が多かったけど、チケットが当たっちゃったから何とは無しに来た娘達なんかなぁ。
 つか、曲自体は悪くないとしても出所が出所だけに、女性でも聴いてる人いるのねって普通にビックリしたのは内緒。
 ま、KOTOKOはそこらのコンビニでバイトしてても違和感ない風貌なので、見た目からして一般人とは違い過ぎるアイドル連中と違い、等身大的な親しみを抱いているなんて事もありそうだけど。

 正味1時間で4曲、半分がMCという構成だったのでちと消化不良気味ではあったけど、RETRIEVEとMeconopsisが生で聞けたからイイか。アレンジが大人し過ぎるアルバムバージョンを遙かに上回るヘヴィネスさで、大満足よ。
 常々この人の持ち味はストリート系ミュージックにあると踏んでいて、やっぱり生バンドとの相性が良いね。

 ラストはRe-sublimityやってくんないかなーという淡い期待も空しく、421-a will-で〆。これも良い曲ではあるけれど、デジタルビート度の高い楽曲をどうアレンジして演奏するのか興味あったんだけどなー。

エロゲバトン

 しめさばさんから受け取りましたが、そもそもここは普段訪れる人もほとんどいない荒野の片隅にひっそりと咲く花なので(何、受け渡し先がいません(つД`)ご勘弁を。
 しかも気が付けば一週間も経ってるし。何かもう最近、生きて行くだけで一杯一杯だなぁ…

現在プレイしている…
 直近で進行中のモノはないんですが、Saveデータが吹っ飛んだFate/Stay Nightと、途中までやったけど絆箱でやり直そうと思って止めた家族計画はクリアするつもり。

特別な思い入れのある…
・CAL2
 古すぎるけど、初めてハマったエロゲって事で絶対外せない作品。このゲームとの係わりあいさえなければ、オレはこんな事にはなってなかった筈なんだよヽ(`Д´)ノ(魂の叫び
 それはともかく、林家パー(現志弦)氏の描くキャラに惚れました。
 当時としては抜きん出た芸術性を誇る予告編(確かバーディーワールドに収録されていたような)を見て、3への期待に心踊ったものですが、結果は…(つД`)

・To Heart
 世にメイドロボの魅力を知らしめた、連珠の一作。
 幼なじみの魅力も…かもしんないけど、それは幼少時からの仕込みがないとどうにもならないもなので、今更じたばたしても遅いです。おとなしくメイドロボに萌えるのが吉。

 これも、働き始めてからPC/AT互換機を使うようになり、エロゲと距離を置くようになってやっと真っ当な生活への軌道に乗りかけていたところが、とある人に強引に勧められてハマり、そのまま坂を転がり落ちるように今に至る。

 それにつけてもマルチ…(つД`)まさかエロゲやって泣くなんて、それまでは夢にも思わなんだよ。

・Kanon
 時を越えて繰り返される論争。栞のハッピーエンドに非難囂々だったけど、彼女が生きてこそあゆシナリオへの複線として活かされる訳ですよ!
 ゲームのみならず、驚異的な楽曲クオリティとアルバムジャケット含めたトータルコンセプトが秀逸なサウンドトラック、「Anemoscope」があってこそ、のこの作品ですね。

 月曜日から金曜日まで、毎日1キャラずつクリアしていったんだよなぁ(´∀`)会社から帰ってきてから、毎日5時間くらいプレーして。あの頃は若かった。

・AIR
 Kanon入れたから落とそうかとも思ったけど、印象度という点ではやはり外せないというか。
 色々な意味で、人の"絆"っていいよねと思える作品でした(´∀`)
 発売日に会社休んで秋葉原に行ってゲーム購入、帰宅後金曜日午後~日曜夕方までの連続プレイでゲームクリア。観鈴のゴールシーンに感極まって、鳥の詩を爆音で垂れ流しながらビートで西湘バイパスを走り回ったのも、良い主い出だなぁ。

・秋桜の空に
 破天荒な主人公と個性豊かな取り巻きが織り成す切れ味鋭いギャグに抱腹絶倒、急転直下のエンディングにほろり。
 兎にも角にも、その魅力はクリアした後でも何度もやり直したくなる、単純に面白いシナリオにあり。

 陳腐な言い方をするなら、笑いあり涙ありの感動娯楽作品って所でしょうが、ゲームシステムが最悪だったのが唯一の汚点。

気になる発売予定の…
 Pia♥キャロットへようこそ!!G.O. ~グランド・オープン~、かなぁ。

 ということで、何の変哲も無い結果に終わりました…
 つか、水月が入ってないじゃんヽ(`Д´)ノ
 これじゃ面白くないので、後ほど「敢えて推すこのB級作品」というテーマで勝手に書きます(;´Д`)

薔薇のミルフィーユ

 マリみても、奈々が出てきてからすっかり紅薔薇姉妹がどうでも良くなりつつある、今日この頃。
 わたしの中では、それまでは常に紅薔薇/白薔薇の後塵を拝してきた黄薔薇姉妹だけど、ここへ来て一気に主役に躍り出た感があるね。
 それにしても、奈々は飄々としながら行動的で、イイキャラしてるなぁ(´∀`)

 白薔薇も、新キャラ(♂だけど…)投入やら乃梨子と聖の邂逅などで、テコ入れの展開。
 ただ、何となく志摩子さんの性格が依然と微妙に変わってきているような。これまでの儚げで浮世離れした雰囲気から、しっかりとした実在感をまとった振る舞いをするように。
 乃梨子の影響を受けての心情変化を描いての事だとすれば、作者の手腕に脱帽だけど。

 紅薔薇は…祐巳の妹の話題はまるでスルーなのね(;´Д`)どこまでも引っ張るなー。

 もしや、奈々が作者自身の想定をも越えるような活躍を見せる好キャラに育ってしまい、当初想定していた妹である瞳子が完全に食われてしまっていることから、このままでは主役である紅薔薇ファミリーの体面を保てないため全面的にシナリオを練り直してるってこと!?Σ(゜ー ゜; <深読みし過ぎ

 でも、もし次巻で新キャラが出てくるとすれば、わたしの推理はあながち的外れではないかも( ´ー`)y-~~

ジゴロゥは死なず

 ただ消え去るのみ…

 てことで、今週から新キャラ登場と相成ったSaku Saku。
 新MSのヴィンセント如何より、これまでボイスチェンジャーを通して喋っていた黒幕の地声になって、今までのような雰囲気が出るのか心配だったけど、人形とのマッチングは良かったんではないかと。
 ただなんとなく、空元気ではしゃいでるようにも聞こえちゃうのよね。
 DVDの副音声でのトークでは全然気にならなかったので、慣れで済む程度の問題だと思うけれど。

 ヴィンセントの方は、某社の製品並にVersion3が出る頃にはモノになるかもね(´∀`)!

 そういえば、ジゴロゥグッズの先行きが怪しいので、予備を買っておこうと先週横浜の東急ハンズへ行った時のこと。
 Saku Sakuグッズ専用売り場の前に陣取り、大量に積まれたジゴロゥのソフトキーホルダーを一つ一つ手に取って、黙々と顔の作りをチェックしている青年が。
 そして気に入ったモノだけを選別し、棚の端に並べていた様子。

 ずーっと続けていたので流石に待ちきれず、はねた中から最後にまた選び直すのか、それとも全部買ってしまうのかまでは確認出来なかったけど、確かにこの手の人形の顔って結構作りにバラツキがあるからねぇ。
 特に、造形上で一番目立つパクッと開いたクチの開き具合とか丸みに結構個体差があるので、ヘンなの掴んじゃうと気になるかもしんない。

 でも、そこまで真剣に悩まなくってもいいじゃんか(;´Д`)そんな細かい事気にせず、大らかに生きてった方が楽よ。

フェルガナの誓い

 アクションRPGの大御所、FalcomのY's最新作。
 ぬるゲーマーのわたしとしては、Easyモードがあって大助かり(;´Д`)Normalだけだったら途中で投げ出してたかも。

 それでも、土曜日の夜からやり始め、日曜日一日部屋に引き籠もってプレイし続けてなんとかバレンスタイン城の東・西両翼回廊を制覇したところ。
 最初は、パッドのボタン配置がしっくりこなくて上手く操作出来ずイライラしたけど、右手親指側にある3個のボタンを左からジャンプ,攻撃,リング(魔法)と割り当ててみてからは良い感じ。
 ただ、これだとリングパワーを溜めつつジャンプというのが出来ないのが泣き所なので、同じ機能を複数のボタンに割り当てられれば…

 それにしても、飛び石のように配置された通路をジャンプしながら進んで行く東翼回廊が曲者で、足を踏み外して転落すること数え切れず。
 風のリング発動中は落下しないという事にもっと早く気付いていれば、余裕でクリアできたものを(;´Д`)
 結局、Easyモードと言っても敵が弱くなるだけで、マップ移動系のトラップが簡単になる訳ではないという事で。わたしの2時間を返して(つД`)

 しかも、回廊から転落する度に地下でたむろするメイドさん部隊を手に掛けるものだから、ほんと無駄な殺生を繰り返してしまった…
 メイドさん、たとえモンスターになっても攻撃してくる前にかならずお辞儀をするのが職務に忠実で素敵なので、できればあんまり殺りたくはないのだけれど。レベルアップの糧として。

3

 結局、回廊制覇で精根尽き果て、その先のボスキャラを倒した処で疲れ果てて中断中。

 ちなみに、ゲームのセッティングに1920x1200というモードが出たので嬉々として選択してみたら、文字は普通に表示されるけどグラフィックは横長じゃんヽ(`Д´)ノ
 表示されるマップエリアが広がるとかでなきゃ、横長画面の意味無いっすよ。
 ということで、1600x1200モードでグラフィックをフルエフェクトにして起動してみたら、これがまた重い。
 モンスターも何も出てきていないマップを移動しているだけなのに、ほとんどコマ送りで波打つようにスクロールする画面。
 今時の3D RPGはAthlon64 3200+ & Radeon9600なんかじゃダメっすか…

 とりあえず、先に進めるため画面解像度を800x600に落としてプレー中たけど、1600×1200の画面と比べちゃうと当然のごとくドットが荒くてしょんぼり(;´Д`)

 しかも、今使っているPCはUSB音源なので高負荷になるとBGMが鳴りっぱなしになったり、静音のためファンを取り去って空冷にしたGPUが熱のためか強制リセットしたりと、つくづくゲームで高負荷をかけるのには向いてない。

 Athlon64 X2で新しいPCを組まなければならないと決断した、そんな日の事。

ジゴロゥ最後の日

 今日ばかりはリアルタイムで見るしかないでしょ!
 てことで、Saku Sakuシフトにして普段より30分遅く出社。

 番組の放送自体は至って普通で、特に何事かハプニングが起きる訳でもなく。
 何を期待していた訳ではないんだけど、ちょっと拍子抜けかな~(´~`)「ジゴちゃんいかないでっ!!」とか言って、泣き叫ぶカエラっちの姿とかね。

 降板に関する説明も、Webで飛び交っている裏情報の範疇を逸脱するものではなかったし、事態を抽象的に整理したという程度。
 大人の事情って一言で片づけてしまえば楽だろうけど、もうちょっとファンに向かって誠意ある対応があっても良かったのでは(;´Д`)
 もちろん、黒幕さんや番組スタッフを責めている訳では全く無く、局(TVK)に対しての意見ね。

 結局の処、上層部は現場の苦労なんてこれっぽっちも分かってないんだろうな。上の意志決定に振り回されて混乱する現場という構図は、どこも一緒か…

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »