« デジタル版GR | トップページ | 温暖化対策 »

DSC-R1

 先日コニカミノルタと組んで一眼レフ市場に参入すると発表したので、てっきりもうハイエンドのレンズ一体型デジカメは出さないんだろうと睨んでいたのに、こんなのを用意していたとはね(;´Д`)

 確かに、今更2/3インチとかの小型センサーで出したところで、一眼デジとの勝負にはならないのは目に見えているので、センサーをAPSサイズ(若干小さいけど)まで巨大化させたのは英断ですな。

 それでいて、ライブビュー撮影を可能にしているという点はなかなか興味深い。
 現状ライブビュー可能な一眼デジはフジのS3ProとEOS 20Daしかなく、それにしたところで熱による撮影画像のノイズ増加を避けるため、ビュー時間が厳しく制限されているくらいなので。

 このCCDが各社に提供されれば、一眼レフのスタイルが大きく変わりそうな予感。
 コニカミノルタのアンチシェイクも、現状の仕組みではブレ補正量をファインダーで確認出来ないけど、ライブビューなら問題は解決するし。

 しかも、通常は背面にある液晶が上向きに付いてるってのがイイ。
 これならカメラを胸の前で構えて下を向いて撮る事になるので、被写体の方を向いてカメラを構えるよりも相手に与える威圧感が軽減されるのよね。
 低めに構えるのも楽なので、背の低い子供や野良猫を目線の高さで撮りたい時にも好都合。

 そこまで考えてこのデザインなのか、単に背面に液晶を置くスペースが無くて苦し紛れにこうなったのか、真意はさておきこれ欲しい(゚∀゚)!

 けど、EOS 5D購入資金も貯めたい…(;´Д`) GR Digitalも出るし…(;´Д`) 霞を食って生きるか。

« デジタル版GR | トップページ | 温暖化対策 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/5859277

この記事へのトラックバック一覧です: DSC-R1:

« デジタル版GR | トップページ | 温暖化対策 »