« デジタル版GR II | トップページ | よりぬき苺ましまろ »

GR Digital発表会

 行ってきたーヽ(´Д`)ノ

 それにしても...スーツ姿の来場者が目茶苦茶少なくてびっくりΣ(゚ー ゚;
 18:00開始なので、仕事帰りに直接来るパターンの人が多いと予想したけど、最近は私服勤めの人が多いんだろうか。

 進行自体はごく普通の発表会(当たり前か?)、特にプレゼンは製品開発コンセプトと技術説明に絞った内容で、非常に真面目。
 そんな中で、GRと関係ありそうで無い話をダラダラとめどなく話し続ける、特別ゲストの田中長徳さんのユルサは異彩を放っていた。
 こういう人が、真面目なリコーみたいな会社のアドバイザーには合うのかも。

 彼曰く「GR Digitalは、これ一台持って地の果てまで旅する気になるカメラ」だという。
 いかにも彼らしい表現で、GR Digitalの本質を評してます。

 手にしたGRの実物は、一握りしただけで十把一絡げのデジカメとの違いが分かる程にマグネシウムボディの剛性が高く、握っていて安心感があるのが印象的。
 D2XとかEOS 1D系統のカメラと同じ、プロの道具としての佇まいを持っているプロダクトだけど、全体的に常識的な作りに徹し過ぎて、"凄み"が感じられないのよね(;´Д`)良くも悪くも、度肝を抜くような特徴ってのが、1つ2つスペックの上であると良かったんだけど。
 例えばニコンのように、執拗に高速連写へ拘る姿勢とか。キヤノンのように、フルサイズフォーマットへの異常な熱意とか。
 GRにとってそれがレンズだというなら、開放値F1.4にするくらいの気概が欲しかった。

 おみやげの本革製ストラップが驚くほどイイ品物だったので、あんまり悪い事は書きたくないんだがなぁ(´~`)(笑

« デジタル版GR II | トップページ | よりぬき苺ましまろ »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/5941071

この記事へのトラックバック一覧です: GR Digital発表会:

« デジタル版GR II | トップページ | よりぬき苺ましまろ »