« 祝!ドラマCD化 | トップページ | Willcom新端末 »

安定稼動

 Athlon64 X2とその対応マザーボードASUS A8Vに入れ替えてからというもの、PC絶不調(;´Д`)
 Windowsを数十分動かしていると、必ず画面が固まるという現象に見舞われてしまい、まともに使用できない状態に。喪失したデータは数知れず・・・

 マウスの動きが妙にぎこちなくて突然数秒間ダンマリになったり、3D系ゲームをしていると100%固まったりするので、USBやグラフィック周りに問題があるのではないかと当たりをつけ、関連するドライバを入れたり外したりしても解決せず。
 挙句、XPが起動すらしなくなるという。

 結局、何度もOSをクリーンインストールしつつ試行錯誤の上、余計なドライバは極力インストールしないようにすべき、特にVIAの提供するドライバは一切インストールしない方が良い、という結論に。
 ただ、シリアルATAだけはVIAのドライバをインストールしないと使えないので、Silicon Imageのチップを搭載したS-ATA増設ボードを使うことで解決。
 マザーボードにパラレルATAエミュレーション機能さえしっかりしていれば、こんな余計な手間は不要であったものを。

 Radeon9600のグラフィックボードも、とりあえずXP SP2にすればアクセラレーションは効くので、当面ATIのドライバはインストールせず利用しながら様子見。
 性能だけを考えれば、各ベンダが提供するネイティブドライバをインストールした方が良いのだろうけれど、だからといって安心して使えなくなってしまっては意味が無いし(´~`)困ったもんだ。

« 祝!ドラマCD化 | トップページ | Willcom新端末 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

結局、昨日もフリーズしました(つД`)もうイヤだー
ASUSのはファンコントロール機能に目が眩みまして(;´Д`)まさかこんな事になるなんて。

Aperture Sizeって、VRAM容量と同じ値に設定するものじゃなかったのね_〆(。。)小さくするという発想はなかったなぁ。その他、AGPドライバも探して試してみます。情報ども。

ダメもとで再トライして(´~`)それでもダメならマザボ買い換えかな…

ASUSなんて買うから(´・ω・`)
XP SP2の時はVIA AGPドライバが違うのあったはずなのでぐぐるべし。VIA FORUMで以前話題になってた。
インストールは多少トリッキーだった記憶あり。
RadeonはCatalyst4.8ベースか4.12ベースのOmegaドライバが比較的安定した。今は知らない。
あと、Aperture size 32で、安定したと聞いたことあります。
結局フリーズがどうしても直らなくてVenice+VIA(PCI-E)でもう一台組みましたが。

どもども。
AGP周りも色々設定変更をしてみたのですが、確かにx4に設定すると多少はマシになるものの、ハングアップする現象は回避しきれませんでした(^-^;
VIAの提供するAGPドライバが、悪さをしていたんじゃないかという気もするんですよね…

はじめまして
biosでAGP*4と設定してうまく動きませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/6119506

この記事へのトラックバック一覧です: 安定稼動:

« 祝!ドラマCD化 | トップページ | Willcom新端末 »