« Web拍手Res | トップページ | Itanium2の将来 »

100Mbps

 NTTにそそのかされてBフレッツを導入し、遂に我が家にも光ファイバーが到来ヽ(´Д`)ノ

 したまでは良かったのだけど、基本使用料が安いんですよ!との売り文句に踊らされてメタル回線からひかり電話に切り換えたので、回線終端装置とブロードバンドルータは電話の置いてある玄関脇に設置することになり、配線的に悩ましいことに。

 ADSLだった今までは、玄関脇のテレホンジャックから2Fの部屋まで電話回線を引き入れていたので、その先に繋いだADSLモデムとPCをLANで直結できていたのだけれど、同じような構成にするにはBBルータからLANケーブルを2階の部屋まで引き入れねばならず、ちと配線が見苦しい。

 仕方ないので、多少速度が犠牲になるのは覚悟の上でBBルータと自室PC間を無線LAN化。
 BBルータはPCMCIAスロット付きで、無線LANカードを増設すれば即無線対応になるので、早速横浜のヨドバシへ。

 しかし、店にはNTT純正の無線LANカードの在庫は無く、元々純正品の在庫は期待していなかったので、ネットの評判で"使える"といわれていたNECの類似製品を買うことに。

 んで、これも単体売りのパッケージは無くて、在庫は52Mbps無線BBルータとのバンドル品のみ。
 BBルータなんていらないんだけど、背に腹は代えられず(つД`)これを購入。

 カードを装着してみたところ、あっさり認識して無線LANが有効になったので、肝心のスピードはどんなものかと、PowerBookから接続し試しに速度を計測してみたら…結果9Mbps(;´Д`)遅っ。
 無線LANの理論値54Mbpsっても、実効値ではこんなもんなのかね。

 何にしても、これじゃ8~9Mbpsは出ていたADSLの頃と速度的に変わらないじゃんヽ(`Д´)ノてことで、無線LANはあっさり諦めて、有線LAN配線に変更。

 再びヨドバシに赴き、なるべく細くて目立たないLANケーブルは無いものかと探した結果、厚さ1.2mmというエレコムのウルトラフラットLANケーブルを購入。
 アナログ電話回線ケーブルとほとんど変わらない細さなので、壁を這わせてもさほど目立つ事はなく。
 無線にしようとか変な欲を出さずに、最初からこれ買っておけば良かったな(´~`)

 有線接続で速度を測った結果では、45Mbpsとまぁ納得のスピード。100Mbpsの実力的には70~80Mbpsくらい出てもおかしくないんだろうけど、これから徐々にチューニングしますか(´∀`)

 結局、買ってきた無線LANカードは無駄に。
 勿体ないのでBBルータ側だけでも有効活用せねばと、これまで使っていたメルコの11Mbps無線BBルータと交換してみたら、交換直後は全く問題無く使えていた筈が、一晩明けたら電源入らなくなってた(;´Д`)壊れるの早すぎ。
 NECめ…

« Web拍手Res | トップページ | Itanium2の将来 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/7123652

この記事へのトラックバック一覧です: 100Mbps:

» 桃のこと [桃日記]
読者になりますね☆ [続きを読む]

« Web拍手Res | トップページ | Itanium2の将来 »