« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

W-ZERO3 II

 Willcomの京ぽんユーザとして、先週発売された京ぽん2を横目にW-ZERO3の発売を今や遅しと待っているのだけれど、やっと今日になって発売日が12/14に確定(゚∀゚)!

 早速予約だ!と意気込んだものの、予約受付は12/9からなのね(;´Д`)

 購入から1年半になる京ぽんのバッテリーがヘタってそろそろ限界っぽいので、一刻も早い機種変が必要な状況。
 何とか発売日にZERO3を手に入れたいッ!という焦りから、最近ではヨドバシの携帯売り場に行く度に

  わたし:「ZERO3は予約できますかヽ(´Д`)ノ」
  売り子:「まだできねぇよ(・ー・)」

 という会話をしつこく繰り返していたのだけど、これで12/9までは落ち着ける…

 考えてみたら、今までは10ヶ月縛りが終わるとすぐに機種変してきたし、1台の機種をこんなに長く使い続けた事って無かったんだなぁ。

ライブ鑑賞

 11/20に見に行ってきたライブの感想を今頃書いてみたり。

 お目当ては畑亜貴のバンド「月比古」で、3rdアルバム「弦は呪縛の指で鳴る」発売記念を兼ねている今回のライブ。会場は高田馬場にあるCLUB PHASE。

 余裕こいてのんびり会場に到着したら、前半分にだけパイプ椅子が置かれ後ろはスタンディングという会場セッティングで、椅子は既に満席に近い状況だったけど、何とか空き席を見つけて座れたので一安心。

 前座は、月の魚というインディーズバンド。
 事前にWebサイトの試聴曲を聴いた限りではピンとこなかったけど、ライブのパフォーマンスは非常に良かった。
 ボーカルの女の子は山口智子似で可愛いのに、頭の悪そうな喋りで損しているのが勿体なかったかな~(失礼

 演奏後のMCで、物品コーナーのCDが完売したことに大変感激していたけど、今回の客層が有利に働いたかも。
 プログレ好きな人は、妖しくてヘンな曲に対する探求心が旺盛ですからね(・ー・)

 そしてメインアクトの月比古。
 わたしは畑亜貴をあくまでもプログレとして捉えているのだけれど、元々ゲームやアニメ関係の仕事が多かったという事と、最近では声優の清水愛とWebラジオのパーソナリティを勤めたりして、どうも方向性が所謂アキバ系に傾いてしまっているのがファンとしての心配の種な訳で。

 幕が開き、どーんとステージ中央に鎮座するキーボードへ袖から歩み寄る亜貴さん。
 椅子に座り、位置が合わないと言って高さを調節し、一曲演奏した後はマイクが遠いと言って位置を調節し、更に椅子の高さを調節し…

 (;´Д`)

 その後も演奏は間違えるし、曲憶えてないし歌詞忘れるし…あまりにも緩い、緩すぎ。
 本人はさして悪びれた様子もなく。会場の狭さも相まって学校の音楽室で演奏発表会でも見ているかのような錯覚に囚われてしまったけど、悠久やらこわれものやら清水愛関係で流れてきたと推測される客層は大喜び。

 いくらゲームやアニメの仕事が中心になっているとは言え、プログレッシヴ・ロック・ミュージシャンとしての誇りは失って欲しく無いよね(・ー・)
 ただ、本人を見ているとそんなものはもともと持ち合わせていないのでは、という気もする。

 ま、そうは言ってもアンコールでエロアニメ「こわれもの」の主題歌「微痛の楽園」がきた時は、思わず身震いしてしまった訳だけど。
 アニメは酷かったけど唄はイイね(´∀`)実にイイ。

 などと悦に入る中で曲が終わってふと我に返り、自分もプログレ魂を失いかけているのではないかと痛感した、そんな日のこと(´~`)

新々マザボ

 朝晩の気温がめっきり冷え込む、今日この頃。
 冷却ファンの換わりに装着しているグラフィックボードの巨大ヒートシンクが冷たすぎるせいか、電源投入後からGPUが暖まるまでの数分間、PCの画面が表示されない状態に。

 今更AGPのグラフィックボードを買い直す気も起きないし、OS自体がフリーズすることは無くなったけどマウスカーソルがしょっちゅう固まる不具合は一向に解消されないので、日々の勤労に感謝する祭日に秋葉原に出て、自分へのご褒美としてAthlon64 X2 4200+用の3枚目となるマザーボードを購入。

 またASUSか…と言われてしまいそうだけど(;´Д`)選んだのは、GeForce6150+nForce430チップセットのASUS A8N-VM CSM。
 選択条件としては、オンボードグラフィックがDVI出力に対応している、というのがまず一番のポイント。
 その他、PCIスロットに刺すボードは無いので、スロットが少なくてもサイズが小さいMicroATXの方が応用が効く事、GeForce6150はnForce4と違ってファンレス前提設計なので、発熱/消費電力共に少なそうといった点を評価して。

 しかし、マザーボードを交換してOSを再インストールし、いざ使ってみたらこれがまた!

 期待のDVI接続がダメダメで、画面表示がガクガクと揺れまくる(;´Д`)とてもじゃないけど、まともには使えない代物。

 内蔵グラフィックにはWUXGA表示は荷が重すぎるのか、と解像度を落としても現象は変わらず。
 もしや初期不良品を掴まされたのかと焦りつつWebで情報を漁ってみたら、このマザーボードはCool'n Quietを有効にすると、画面が乱れる不具合があるという書き込みを発見。

 周波数を固定してみたら、確かに揺れは収まった。
 どうやら、周波数か電圧が変更される度に画面表示が崩れてしまう模様。

 原因は分かったけど、Coon'n Quietが使えないんじゃAthlon64の魅力が半減しまうではないかッ(´~`)何考えてんだASUSッ。
 一時期アップロードされていたベータ版BIOSでは、この問題が修正されていたらしいので、今はCoon'n Quietを無効にして新BIOS待ち。

 DVI以外特に不具合も無く、やっと安心して使える環境を手に入れた~ヽ(´Д`)ノ
 3D系のパフォーマンスを求めなければオンボードグラフィックでも全く過不足無いので、非常にコストパフォーマンスがよろしい。
 それにしても、マウスカーソルが引っかかりなくスムーズに動くってのは実に気持ちがいいものだ(´∀`)
 そんなの当たり前だとはいえ、当たり前の事が当たり前ではない環境に触れると、その有難味が良く分かるなぁ…

プッシュトーク

 ボタンを押している間だけ一方的に喋れるという、トランシーバもどきのDoCoMo携帯の通話定額っぽい機能ですが、Willcomの通話定額を前にして焦って出してみましたという即席感がありあり。

 これのラーメン編のCMを見て「ラーメンぐらい1人で食べに行けよヽ(`Д´)ノ誰かと連まないと何にも出来ねぇのか、バカじゃねえの!」とムカついているわたしは、心が病んでますか(´~`)

 でも、こんなくだらない用事でいちいち同報通信されたんじゃ、呼び出される方はたまったもんじゃ無いぞと。
 そもそも、そんな連絡だったらメールで事足りるじゃないか。バンバンとTV CMを流す程、自慢出来るような大層な機能にはとても見えない。

 あとこのCMで不思議なのが、ラーメン食べに行こうという提案をみんなから思いっきり拒否されているところ。
 「おー、いいねぇ」とかいって大勢が集まり、ワイワイと店に乗り込んで楽しく昼食、ってシナリオならまだ理解できるけど。そうしなかったのは何故なのか。

 こんなんじゃ、宣伝効果なんて無いのと違うかなー(・ー・)これ見て「プッシュトークってスゲェ」と魅力を感じる人がいるんだろうか。

骨肉の争い?

 今まで、一人っ子と言われ、素直にそれを信じて生きてきたのに…
 突然、「お前には姉がいる」と言われた、そんな日のこと。

 死んだ親父が再婚だってこと、前妻との間に娘がいたこと、娘を養女に出して再婚したこと。親族一同そんな事は百も承知で、知らぬは我が身だけ。

 いやはや…(;´Д`)親の死後に隠し子やら養子やらが出てきて、相続で揉めるなんてのはドラマの中だけの話だと思っていたら、まさか自分に降りかかってこようとは。

 しかし、今の今まで全く接点が無かったといっても、姉である以上法律上は財産の1/4を相続する権利があるのも事実。
 遺産…といっても今住んでいる家と幾ばくかの銀行預金しかないのだけれど、家の所有権の変更やら差し押さえられている銀行預金の引き出しを行う上で、避けては通れぬ遺産分割協議のため、姉のいる長野へ。

 駅で待ち合わせをして、初対面。
 ・・・ま、向こうにとってもお互い様だろうから、感想は胸の内にしまっておくとしても(・ー・)「琴乃宮雪さんみたいな人だったらどうしよう(*' ー')」などと、僅かでも淡い幻想を抱いていた、自分の浅はかさを呪う(つД`)
 人生、エロゲーのようにはいかないものだなぁ。

 そのまま、姉方の御家人を交えた話し合いに突入。
 こちらとしては、不動産を含む全ての財産は妻(ママン)に継承させてもらい、その代償として幾らか支払うという事で勘弁して欲しい、というのが遺産協議の主旨。

 しかし、「お金無いので(;´Д`)これで勘弁して下さい」という提示額は一蹴され、「不動産と動産全てリストアップして、弁護士に判断してもらおう」とか切り出されたのには参った(つД`)
 家庭裁判所の調停にまで持ち越された場合、法律上は相手方から要求されれば財産の1/4を支払わざるを得ない立場なので、こちらがあまり強行な態度に出て話が拗れても対応に困る訳で。

 不動産の資産評価額が2,000万程、1/4といえばそれだけでも支払額が500万。
 とてもじゃないけど、ハイそうですかと支払える額ではないし。

 現実的に支払える額内でけりを付けさせてもらう以外に手立ては無いので、ひたすら平身低頭で粘るのみ。

 「そんなに払えません」「いや、それでは納得できん」の押し問答の末、当初の想定を大幅に上回る額にて決着(つД`)ま、とりあえず裁判沙汰という最悪の結末は逃れ、額としてもなんとかできそうな範囲で落ち着いたのは良かったけど。

 結局、分割協議の中でわたしに残されたのは、家のカローラ1台だけ。
 そして、母親に金銭的な余裕が無いので、代償金支払いの肩代わりとしてうん百万円。遺産相続で大損するとは、これ如何にヽ(`Д´)ノ

 しかし、この一件があって親父への感傷的な気持ちがすっかり振り切れたのは、不幸中の幸いかもしれず(´~`)全く…バカ親父がッヽ(`Д´)ノ迷惑かけやがってッ(笑

 この後、母親に「オレの他に子供産んだりしてないだろうなゴルァヽ(`Д´)ノこれ以上何かあっても面倒見切れんぞ」と、噛みついたのは言うまでもありません。

横浜ヨドバシ

 毎週欠かさず通っているくらい、ヨドバシカメラが大好きなわたくし。
 何より贔屓にしている横浜ヨドバシが本日新装開店ということで、仕事も早々に切り上げて横浜へ。

 地階が直結しているダイアモンド地下街がいつもより人で溢れているのは…これはもしかしてヨドバシのせい?
 まさかねー、なんてそんな邪推を裏付けるかのように、入り口には凄い人垣Σ(゚ー ゚;やっぱヨドの客だったか!?

 いやそれにしても混み過ぎ。今まで横浜にあった3店舗を合わせたところで、これほどの客は居なかったよなぁ。
 やはり、新装開店というのは人を引き付ける何かがあるのだろうか。
 わたしは別に新装開店に躍らされた訳ではないけどね(・ー・)毎週通っているし。

 ちなみに、敷地内にみずほ銀行が入っているので、買い物の際ATMでお金を降ろすには実に好都合。
 やっぱり、みずほに口座作らなきゃダメだね!

 んで、オープニングセールで何か出物はないのかな、とデジカメ売り場をふらついていたら、突然レジでタイムセールが。

 「IXY Digiral 600 が限定10台\19,800円!!」

 なにその特価品!目茶苦茶安いじゃん(;´Д`)
 別に欲しいカメラではないけど、その安さなら試しに買ってもいいかな…

 なんてレジ前でうだうだ悩んでいたら、あっと言う間に売り切れちゃった(つД`)みんな目敏いねぇ。
 これが、S70かS60だったら即決で買いに走ったんだけど。

 ま、当初の予定通りアレを買うからいいさ、アレを…

成長期は続くよ

 年に一度の人間ドックを受診。

 普通に酒を飲み続けているにもかかわらず、肝臓の数値は正常値をキープしていてなかなかよろしい(´∀`)
 …例によって、肺活量が非常に小さい(2900ml)という事を除けば(;´Д`)喫煙しないのに肺小さいわね?と言われましてもね。
 ま、日常生活に不都合がある訳ではないから良いけど。

 んで、身長は昨年から0.6cm伸びて179.8cmに(゚∀゚)いよいよ180cmの大台が見えてきたッ!
 結果、ここ10年で2.5cm程伸びたことになるけど、この2,3年の伸び率が明らかに大きいのは何故(´~`)毎日の野菜ジュースがぶ飲みが効いているのか?

Itanium2の将来

 先日発表された、スーパーコンピュータの性能ランキング上位500の最新データ。

 ランキング自体にはそれほど興味がないのだけれど、気になるのはランクインしているスパコンに採用されているプロセッサのシェア推移。
 インテル様の洗脳によって日本企業の多くが肩入れしているItanium2(Intel IA-64)のシェアが、EM64T登場後は明らかに凋落傾向なのがなんとも物悲しい。
 圧倒的に得意分野である筈のHPC分野ですらこの体たらくでは、IA-32との互換性能やら対応アプリの品揃えに難ありでタダでさえ普及が進まない市場下において、将来性があるようには思えないのよね。

 全くもって個人レベルでは普及していないCPUなので、Itanium2がどうなろうと困る人はほとんど居ないという話ではあるけれど。
 問題は、うちの会社でもItanium2搭載サーバ製品を扱っている、というよりほとんど社運を賭けているような状態なので、ほんとこの先どうなることやら…

 そろそろ撤退も視野に入れて決断すべき時なんじゃないの(´~`)

 TOP500 Supercomputer CPU Share(%)

 Nov-03May-04Nov-04May-05Nov-05
Power1615.612.415.414.6
Cray21.81.41.81.6
Alpha63.22.410.8
PA-RISC22.811.410.27.23.4
Intel IA-3231.8454735.641.2
NEC2.21.821.40.8
Sparc1.80.60.810.8
Intel IA-646.411.816.815.89.2
Intel EM64T15.216.2
AMD x86_640.865.8511

100Mbps

 NTTにそそのかされてBフレッツを導入し、遂に我が家にも光ファイバーが到来ヽ(´Д`)ノ

 したまでは良かったのだけど、基本使用料が安いんですよ!との売り文句に踊らされてメタル回線からひかり電話に切り換えたので、回線終端装置とブロードバンドルータは電話の置いてある玄関脇に設置することになり、配線的に悩ましいことに。

 ADSLだった今までは、玄関脇のテレホンジャックから2Fの部屋まで電話回線を引き入れていたので、その先に繋いだADSLモデムとPCをLANで直結できていたのだけれど、同じような構成にするにはBBルータからLANケーブルを2階の部屋まで引き入れねばならず、ちと配線が見苦しい。

 仕方ないので、多少速度が犠牲になるのは覚悟の上でBBルータと自室PC間を無線LAN化。
 BBルータはPCMCIAスロット付きで、無線LANカードを増設すれば即無線対応になるので、早速横浜のヨドバシへ。

 しかし、店にはNTT純正の無線LANカードの在庫は無く、元々純正品の在庫は期待していなかったので、ネットの評判で"使える"といわれていたNECの類似製品を買うことに。

 んで、これも単体売りのパッケージは無くて、在庫は52Mbps無線BBルータとのバンドル品のみ。
 BBルータなんていらないんだけど、背に腹は代えられず(つД`)これを購入。

 カードを装着してみたところ、あっさり認識して無線LANが有効になったので、肝心のスピードはどんなものかと、PowerBookから接続し試しに速度を計測してみたら…結果9Mbps(;´Д`)遅っ。
 無線LANの理論値54Mbpsっても、実効値ではこんなもんなのかね。

 何にしても、これじゃ8~9Mbpsは出ていたADSLの頃と速度的に変わらないじゃんヽ(`Д´)ノてことで、無線LANはあっさり諦めて、有線LAN配線に変更。

 再びヨドバシに赴き、なるべく細くて目立たないLANケーブルは無いものかと探した結果、厚さ1.2mmというエレコムのウルトラフラットLANケーブルを購入。
 アナログ電話回線ケーブルとほとんど変わらない細さなので、壁を這わせてもさほど目立つ事はなく。
 無線にしようとか変な欲を出さずに、最初からこれ買っておけば良かったな(´~`)

 有線接続で速度を測った結果では、45Mbpsとまぁ納得のスピード。100Mbpsの実力的には70~80Mbpsくらい出てもおかしくないんだろうけど、これから徐々にチューニングしますか(´∀`)

 結局、買ってきた無線LANカードは無駄に。
 勿体ないのでBBルータ側だけでも有効活用せねばと、これまで使っていたメルコの11Mbps無線BBルータと交換してみたら、交換直後は全く問題無く使えていた筈が、一晩明けたら電源入らなくなってた(;´Д`)壊れるの早すぎ。
 NECめ…

Web拍手Res

 To:11/6 22:00に拍手戴きました方

 ありがとうございます、励みになります!
 んで肝心の更新ですが…苺ましまろ知佳×美羽のを年内中には仕上げますので、気長にお待ち頂ければと(*_ _)

山手線

 架線が弛んで、5時間ほど全面運休になったという昨日の事故。

 自分の勤め先は東海道線圏なので、この事故の影響自体は受けていないのだけれど、なに気に見ていたニュースでサラリーマンやらに混じってインタビューに答えていた若い娘の発言が妙に印象的で。

 「秋葉原に遊びに行こうと思ってたんですけど、困っちゃいました」

 秋葉原に遊びに?(゚ー ゚; 1人で?

 まるで渋谷や原宿に行くかのような調子だったけど、そんな若い娘が愉しめる場所だったのか、秋葉原はっ(偏見

 つか、秋葉原を1人でブラついている女の子自体、ほとんど見かけた事がないんだけどな~(;´Д`)複数人で連んでいるってのは多いけど。

リセット

 ゲームのように人生はリセットできない
 失敗してもリセットすめば済むと考える、だからゲーマーはダメなのだ

 なんて批判をよく聞くけど、ゲームだから簡単にリセットできると思ったら大間違いですよ(# ゚Д゚) !

 ということで、ワンダと巨像。
 一旦巨像との戦闘に入ると勝利するまでセーブできないため、プレーを始めるとこれがまた長い。

 やっとの苦労で1体目を倒してコツを掴んだのと、弱点が分かりやすかった事で2体目の巨像は意外とあっさり(それでも1時間かかった…)倒せたけど、問題は3体目。

 巨像が出てこられないフィールドの外から、子一時間ほど弓矢でちまちまと攻撃を仕掛けるも、全然HPが減らないし隙も生まれないので「もしかしてこのままじゃ倒せないのでは…」と不安に駆られて直接攻撃へ。

 ワン像のゲームシステム自体は極めてワンパターンで、ひ弱なワンダにできる事といえば、とにかく何とかして巨像の上によじ登り急所を突くだけ。

 ほうほうの体で巨像の攻撃をかわしつつ、何とか巨像に取りつく方法を発見!
 したのはいいけど…アクロバティックな操作が要求されるので、失敗の連続。

 さすがに戦闘が3時間を超えてくると焦りも生じてきて、「ここで死んだらどうしよう(;´ Д`)洒落にならねぇよ」と緊張の度合いもヒートアップ。
 最期はもうギリギリのギリギリでなんとか倒したけど、要した時間は3時間半。
 攻略サイトで確認してみたら巨像は16体いるらしいのに、3体目でこんなに苦労してたんじゃ正直この先クリアできる気がしない…

 いやはや参りました…人生の方がよっぽど楽だしリセット効くって(´~`;)アクションゲームやってると、ほんと集中力と忍耐力が養われるよなぁ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »