« 北枕 | トップページ | Googleロケール »

ZERO3の外付けバッテリー

 ZERO3一本で使用していると、どうしてもバッテリー切れに対する不安が拭えないので、携帯可能な外付けのバッテリーを導入することに。

 バッテリーのタイプとして、専用のリチウムイオン充電池を使用するものと、汎用のニッケル水素電池を使用するものがあるけど、目的としているのは、普段は満充電のまま鞄にしまっておいて、外出先で本体のバッテリー容量がピンチになった時に充電をするという使い方なので、満充電の状態で保存しておくと劣化が進んでしまうリチウムイオン充電池はイマイチ向いていない。
 そしてニッケル水素電池にも、「自己放電が激しくて使わなくてもカラになる」というリチウムイオンとはまた別の問題が。

 ただ、最近ではこの弱点を克服した"エネループ"のような商品が出てきたので、いざ使おうとしたら容量が無くなっていた、という悲しい思いはしなくても済みそうなので、ニッケル水素電池が使える外部バッテリーケースを、通販サイトで購入。
 ケースだけで中身の電池はないので、その分\2,000と割安(゚∀゚)!
 かと思いきや…

 届いたブツはというと、単純に単三電池を4本直列に接続して、+-端子から直流を取り出しているだけの代物。
 1.2V×4で4.8Vの出力を得ているだけで、保護回路や安定化電源回路など何も無し。
 ON/OFFスイッチは付いているけど、そんなのプラグの抜き差しで代用出来るので意味無いし。

 これって結局、単三電池ホルダーにプラグケーブルを半田付けして、適当なケースに入れたのと同じじゃん(;´Д`)ボられた…
 秋葉原で部品買ってくれば、数百円で作れたのに。

 とりあえず気を取り直し、ちゃんと充電が可能なのかを試すため、ZERO3に繋いで充電開始。

 結果、いつまで経っても充電完了ランプが点かない…(´~`)ニッケル水素電池×4で得られる電圧は4.8Vなので、本来必要な5Vに足りないのが原因なのか。
 とりあえず、それなりの容量までは充電出来るようなので、辛うじて実用性はありそうだけど。

 んー、微妙だ(;´Д`)このまま使い続けて良いものやら。

« 北枕 | トップページ | Googleロケール »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/8756829

この記事へのトラックバック一覧です: ZERO3の外付けバッテリー:

« 北枕 | トップページ | Googleロケール »