« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

占い

 血液型とか干支とか画数は占いとしてあまり信じていないけど、星座に関しては水瓶座が気に入っているので、わりと信じている自分。
 中でも、ここのサイトの内容には思い当たる節が多くて、ちと驚いた。

総じて、水瓶座の人が、職業・金銭の面で〜失敗しやすい運の悪い年は、26歳、29歳、35歳、44歳、53歳のときです。

 !姉貴に○百万円ふんだくられた年と合致する…(;´Д`)

水瓶座生まれの人の胃は弱いというよりも、たいへんデリケートであるといった方がいいようです。

 あぁ、確かにすぐ腹を下します(;´Д`)

それでは、水瓶座生まれの人にふさわしい相手とは、どんな人でしょうか?
〜天秤座(9/24〜10/23生まれ)の人の中にも、あなたとならば愛の均衡を保つエキスパートが多いのです。

 …おぉ(*' ー')それは何より。

 それではと、天秤座の結果を見てみると。

待つ身の魅力、これが天秤座の愛の特徴です。自分からは決して積極的に動かず、相手から声をかけられるまで辛抱強く待っています。胸の中でどれほど恋の炎が燃えていても、その人に衝動的に電話をしたりすることがありません。

 ほほぅ_〆(。。)そういう事でしたか。

それでは、天秤座生まれの人にふさわしい相手とは、どんな人でしょうか?
その人は、水瓶座(1/21〜2/19生まれ)の人の中にいるはずです。

 やっぱり!…オレか(・ー・)

週明け

 土日休んだ後の仕事始めになる月曜日って、昔は憂鬱で仕方なかったけど。
 最近では、これが待ち遠しくて(゚∀゚)!

 なぜなら、音泉のWebラジオで特に好きな番組が月曜更新だから(・ー・)

 以前から放送中のソルティレィディオに、春から新しく始まったウィッチブレイディオとキミキスチューニングアップが加わり、月曜日の夜はもう楽しくて仕方ないですよ~ヽ(`Д´)ノ

 特に、ウィッチブレイディオで神田朱未が能登麻美子の事を「能登さん」と呼ぶのがもの凄くツボにハマった(´Д`)能登さん…イイ響きじゃないか。
 へなちょこな記憶力で笑わせてくれる、能登麻美子の力の抜け具合にも癒されるし。

 自分と同じ水瓶座のO型であるせいか、彼女のキャラには何となく親近感を覚えるけど…ということは、わたしも癒し系なのか?(´Д`)

卒業

 I'veの歌姫、SHIHOさんとMOMOさんが3/31付けで卒業…

 メジャーデビューしたKOTOKOっちや川田まみたんと比べて、最近の彼女らの扱いはお世辞にも良いとは言えなかったのは確か。
 それでも、まさか完全にI'veと縁を切るなんて事になるとは思いもよらなかったので、驚きと悲しみでもう何がなんだか(゚ー ゚;

 特にSHIHOさんは、Days of Promiseで初めてその歌声を聴いて以来のファンだっただけに、もう残念としか。
 スタイリッシュな曲調とハスキーボイスが織りなす格好良さ。DS12のデモを見た時の衝撃は、今でも忘れられないなぁ。
 あれから何百曲とI'veの唄を聴いたけれど、やっぱりDays of Promiseは屈指の名曲だと思う。

 MOMOさんも、鼻にかかったようなスキッと抜けきらない癖声が魅力的だったんだよねぇ。

 今後ソロ活動を続けると言われても、やっぱりショックだけど(つД`)二人のご健勝をお祈りしております…

ScanSnap

 部屋が片付かない原因の一旦、雑誌類やらマンガの処分をどうにかせねばと、富士通(というかPFU)のドキュメントスキャナ、ScanSnap S500を入手。

 Canonからも同じような製品が同じような価格で出ていて、どちらを選ぶか迷ったのだけれど、S500の方はスキャナ部にコストのかかるCCDを採用していたのが決め手に。

 それにしても、この手のドキュメントスキャナは高い(´~`)
 フラットベッド型ならフィルムスキャン機能のついた最高級機、複合機でも相当上位の機種が買えてしまう値段を考えると、購入には相当悩んでしまう。
 単体で\30,000以上するAdobe Acrobatがバンドルされているんだから、むしろ安い!という意見もあるけれど、だったらそれを外して値段下げてくれた方がよっぽど有難いのに。

 そんな価格面のネガもあり、これでまともに使えなかったら悪口書きまくってやるからなぁ~(・ー・)と、とりあえす手近な雑誌をバラして読み込ませてみたところ…速ぇ、なにこれ!?Σ(゚ー ゚;

 あまりにも速いので、原稿を空送りしているんじゃないかと不安になるくらい。
 初期設定では低画質が選択されているので余計速いとはいえ、画質をアップさせても極端に遅くなるという感じでもない。

 しかも、こいつは両面を同時にスキャンしてしまうので、50枚程度の原稿を読み込むのも本当にあっという間。
 読み込みが終わったデータはそのままPDFファイル化されるという、手間いらずっぷり。

 むぅ、これは便利だ…
 値段が高いとはいっても、フラットベッドスキャナで一枚一枚スキャンする手間には代えられないといったところ。

 直接本を読むのに比べたら、PC上でPDFファイルを眺めるのは見づらいし面倒なのは確か。
 でも、普段読む事は無いけど取っておけば将来参考になるかも、といった程度の雑誌をとりあえず保存しておけるのは、精神的な安心感が得られるという点で非常にメリットが大きい。

 むしろ大変なのは、スキャンできるよう本をばらす作業の方。
 今はカッターで切っているけど、分厚い雑誌やマンガをカットするには力もいるし、切り口が綺麗に揃わなかったりして結構な重労働(;´Д`)
 楽に綺麗に裁断する方法って無いもんかな。

ツンデレ

 先週くらいにTBSの番組で、今秋葉原で新たなブームを巻き起こしているものとしてツンデレを取り上げ、妹系ツンデレカフェなるものを例にして、その内容を説明していたのだけれど。

 「また来たの?あんたも暇ね~」とか「早くオーダー決めてよ、優柔不断なんだからッ」といったツンツンした態度で接する店員(妹という設定)が、客が帰る時になると「ねぇ…また来てくれるよね?お兄ちゃん…」と、寂しそうにデレッと甘えた態度を取る、これがツンデレです。

 って…なんか皮相的な捉え方だなぁ(´~`)
 この喫茶についてはこれで客が楽しんでるので良いけど、一般にツンデレを説明するサンプルとしての有効性は微妙。
 取り上げている側も、その本質を履き違えている気がしてならん。

 本当のツンデレってのは、そんな表面的なもんじゃねぇヽ(`Д´)ノデレになる瞬間というのは、自分の気持ちに素直になれないもどかしさ、積もり積もった想いを乗り越えてこそ価値があるモノなんだッ。

 と、声を大にして主張したい気持ちを抑え悶々とすごしていたところが、Gyaoで配信されている"溜池NOW"のツンデレ特集の内容を見て、大いに溜飲を下げた。

 例のツンデレカフェに対する物足りなさへの指摘や、"みんなの前ではツンツンした態度を取るのに、二人きりになるとデレッと甘える"という、ありがちな間違いについてもきちんと言及していたし。
 ただ、ツンデレの筆頭に海原雄山を挙げていたのは、ちと2chの影響を受け過ぎか(^-^;

 ちなみに、番組ではエヴァンゲリオンを例に挙げていたけど
  アスカ(対 シンジ):似非ツンデレ
  ミサト(対 加持) :真性ツンデレ

 そうそう、そうだよね~(._.)アスカはツインテールな見かけに惑わされてしまうけど、ツンデレ的にはミサトっすよね~。
 ま、わたしは綾波が好きなんだけど(結論

保証の意味

 ITmediaに、Winnyによる例の防衛庁情報漏洩事件の防止策に関する記事が載っていたのだけれど。

 気になるのは、「調達するPCについては、仕様の1つとして「Winny等のファイル共有(交換)ソフトが動作しないことを保証」することを求めており~」の一文。

 某SIベンダとツルんでDELLがPCの納入契約をしたそうだけど、Windows XPが動いているPC/AT互換機で、どうやってこの仕様書を満たすつもりなんだろ?

 Winny起動抑止ソフトやら何やらをプレインストールしてガードしても、VMwareとかの上で仮想的に動かされたら手も足も出ないだろうし。
 そうしたら、VMwareの動作も抑止するってか(´~`)イタチごっこだね。

 どうしても職場でWinnyを使いたい!という悪意を持ったユーザへの対策まで含めて、どんな荒技を使ってきてもファイル共有ソフトが動作しないことを"保証"するのは、一切追加のソフトウェアインストールをさせないといった手段をとらない限り、対策するのは難しいのではなかろうか。

 そこまでの"保証"を求めている訳ではないのかな。

 ま、そもそも、防衛庁みたいなとこのシステムと、インターネットが普通に接続されちゃってるって事の方が問題であるような気もするので、本質を見誤った対策の結果、相変わらず情報漏洩が止まらなくて無駄な税金使っちゃった~、なんて事にならなきゃいいけど(--;

速度計

 かつてないほどに体重が増加している、今日この頃。
 しかも、家の体重計に備わっている機能で身体年齢を測定してみたら、46歳とかいう結果が出て大ショック( ; ゚Д゚)
 そりゃまぁ実際問題もうオヤジですけど、さすがにこの結果は酷いので、こうなったら運動して痩せるしかない!(# ゚Д゚) と一念発起。

 とはいえ、ジムやらスポーツクラブやら通う程の根性はないので、日常生活の中で痩せるための運動をしようと。

 そんな折、横浜ヨドバシで自転車用のスピードメーターを安く売っていたので、愛車のBD-1用に購入して装着。
 運動不足解消の一環で自転車に乗るという側面からすると、速度が分かった方がペースを掴みやすいし、ついついペダリングをサボってしまいたくなる誘惑を断ち切ることもできるので。

 実際にスピードを確認しながら走っていると、ペースを保つための参考になるという他にも、脚力の入れ具合や抜き具合、道の傾斜といったものが刻々とスピードに反映される、その表示を見ているだけで単純に面白い。

 ちなみに普段の巡航速度、トップギアでやや負荷をかけながらペダリングした感じでは28〜29km/hといったところなので、さほど無理して回さなくても意外とスピードが出るもんだねぇ、と感心していたのだけど。
 この巡航速度を30km/hに上げようとすると、途端に苦しい(;´Д`)見えない何かに進路を阻まれているかのような、次元の違うキツさ。

 30km/hの壁がこれほど厚いとは…

 鍛えていけば徐々にアベレージスピードは上がるのだろうけど、トップギアが軽すぎるとか直進性に不安があるなど、やはりBD-1とは言えども折りたたみ自転車としての超えられない壁の存在も感じる。

 やはり、ロードレーサーを買うしかないのか…

 て、スピードを出すことが目的の筈じゃないんだけど、やっぱ速く走りたいという欲求は抑えられないなぁ(´〜`)昔乗ってたロードレーサー、捨てなきゃ良かった。

頸椎

 ママンが通っている整体院から送られてくる会報誌を暇潰しに読んでいたら、興味深い記事が。

「頸椎がずれている人は、手先を器用に動かせないのです」

 骨がずれる事によって脳と身体を繋ぐ脊髄神経が圧迫され、脳からの命令が正常に伝達できなくなるのが原因、と言われるとなるほどと納得してしまいそうになるけど、なにぶん整体院が発刊している冊子なので、宣伝的な要素も含まれているだろうから油断はできない。

「子供の習い事の飲み込みが遅くても、それは不器用だとか本人の努力が不足しているからではありません。頸椎のずれが原因なのです。整体で直さなければダメなのですщ(゚Д゚щ)カモーン整体」

 そう言われれば、親の気持ち的には我が子を整体に通わせたくなっちゃうよ(;´Д`)
 特に、得手不得手の原因は子供の資質そのものではない、なんて事になれば尚更。

 んで、「先生にうちの子の頸椎のずれを直して貰ったんですけど、全然ピアノが上達しなくって」と問うても、「それはあなた、後は練習あるのみですよ(・ー・)」と返されて終わるという(^-^;

 ま、人間にとって、脳から全身へと向かう神経を束ね支えている頸椎が大事なのは間違いないので、ズレてるよりはズレてない方が良いんだろうけど。

 かく言うわたしも、頭を後ろに倒すだけでポキポキと首の骨が鳴るような酷いコリ状態なので、きっと頸椎がおかしな状態になっているに違いない。
 絵が下手なのも、そのせいだったりして。ズレを直したら、もしかして萌えキャラを描くのも思いのままっすか!?(゚∀゚) < 既に半洗脳状態

 とか言って、いきなり整体院に行くのも何なので。まずは、健康ヲタクのサンプラザ中野も実践しているという、西式健康法でも取り入れて硬い枕で寝てみますかの。

くもりガラスの向こう側

 マリアさまが見てる新刊ヽ(´ー`)ノ
 それにしても、話が進まないなぁ( ; ゚Д゚)祐巳のスール問題をどこまで引っ張るんだろ(笑

 個人的には、瞳子のような「肝心な事は何も喋らないのに、自分の気持ちを分かってもらえないと拗ねる」タイプはどうも好きになれんので、奈々ちゃん同様に新一年生から妹捜しをして欲しいところだけど。
 祐巳は瞳子にぞっこんの様子だし…今回の展開を見る限り新たな妹候補はもはや出てきそうに無いので、二人がくっついて終わりなんだろうか(´〜`)もう一ひねり欲しい気もする。

 そして、ここまで来ると祥子さまがリリアンを卒業して終わってしまうのか、それとも祐巳とそのスールを軸にして話を続けるのかという点も非常に気になるところ。
 ま、今の刊行ペースで話が進むなら、2〜3年先の話だろうけど(^-^;

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »