« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

VAIO type U その2

 久々の超小型PCということで、何気に購入意欲が湧いていた、新型Vaio type Uなのだけれど。

 先行報道の画像を見る限り、かなり興味をそそられる筐体だったので、期待を胸にいざ店頭で実物に触れてみたら、キーボードタッチが全く好みではなかったのですっかり興味消失。
 タブレットPC的な使い方をするのであれば問題無いだろうけど、テキスト入力がメインの使い方になる自分にはちょっと向いてないなぁ(´〜`)

 もっと思いっきり安い値段ならまだしも、17,8万円という事では遊びで買える訳でもなし。
 まだまだZERO3には頑張ってもらわねば…

 Vaio Uの購入が流れた事により、目下のターゲットはIntel Mac。
 今使っているPowerBook G4を里子に出して、Mac Bookを買うか、Mac Book Proを買うか…

問題解決

 しばらく前から、もやもやとフラストレーションが溜まっていた問題が一つ解決し、ちょっと良い気分(´▽`)

 それは…
 京セラコンタックスレンズのマスターボディとして使っているキヤノンEOSの他に、どのメーカーのデジタル一眼レフを購入すべきか、ということ。

 すでにペンタの*ist Dsとレンズ2本(28mm,40mm)はあるのだけれど、ペンタックスはボディが弱く、特に手ブレ補正に関する解決策が何も無いのが痛い。
 純正のRAW現像ソフトもイマイチで、このままペンタのレンズを買い進めるのにも抵抗があり。

 ニコンは普及機であるD200の作りが良いし、ハイエンドのD2Xも現実的な価格設定で良心的なのだけれど、いまいちコレというレンズが無いし、あっても異常に高額。
 コニカミノルタ→ソニーはボディ内手ブレ補正機能という売りはあるものの、ソニーになってどんな機種やレンズを出してくるのかが未知数。
 オリンパスはダストリダクションという唯一無二の特徴はありながら、いかんせんズームレンズ主体のレンズラインナップには興味を削がれる。

 だったらキヤノンで良いじゃないか、という事になりそうなものなのだけれど、これはこれで何かどうも物足りない。
 キヤノンの製品は、メカとして感性に訴えかけてくるような、叙情性が欠けているんだよな…

 そんな折、ペンタからボディ内手ブレ補正機能内蔵モデル、K100Dが発表されたことで、情勢が一転。

 元々、レンズは単焦点が充実しているペンタが好みなので、魅力あるボディさえ出てくれれば心中する覚悟はあるので。

 ニッケル水素電池の欠点である自己放電を解消し、充電管理が大変楽になったエネループの登場により、バッテリーとして単三電池が使えるというのも追い風。

 ということで、キヤノンのサブはペンタの一眼で決まりだーヽ(´Д`)ノ
 とりあえず、FA50mm F1.4はすぐにでも買わねば(゚∀゚)

GUN道

 溜池NOWを見るため、Gyaoに接続した時のこと。
 たまたま目についた「モンキーパンチが12年の構想を経て云々…」という煽り文句に吊られ、「MUSASHI -GUN道-」とやらを見てしまった訳です。

 …( 。д゚)? < 視聴中の反応

 拳銃と拳法を融合させた「ガン道」を駆使して敵に立ち向かうという設定から、またぞろ「リベリオン」のガン=カタのパクリか?と思いきや、そんな生易しいモノではなかった…
 あまりの衝撃に一体何なんだこれはとネットで検索してみたら、BS-iで先行放送されていた事もあって既にネットでは散々話題になってたんすね(^-^;

 アニメーションとしての出来の酷さもさることながら、肝心の"ガン道"とやらが単に2丁拳銃をひたすら連射するだけという、技も策も無いお粗末な内容で心底ガッカリ(;´Д`)12年構想を練った結果がこれなのか。
 「陰陽弾をくらえ!」とか言って、へっぴり腰で闇雲に弾を撃ち込んでるだけだもんなぁ…

 2chのスレに、YouTubeにアップされているガン=カタとガン道、それぞれのキャプチャ画像URLが載っていたので見比べてみたけど、もはやため息しか出ない(´~`)(笑

ドリームジャンボ

 今週から発売開始~
 それに合わせて、今まで所ジョージだったジャンボ宝くじのCMキャラクターが、井川遥に代わりました(´∀`)

 別に所ジョージは嫌いではないものの、彼の脳天気そうな顔を見ていると、どうもこちらのツキを吸い取られてしまうような気がしてね。
 今までは極力CMを見ないようにしていたのだけれど、これからはそんな苦労ともおさらばよ。

 所詮宝くじなんて、当てるために努力できる事と言えば祈るかゲンを担ぐかくらいしかないんだし(;´Д`)そういうところには拘るのです。
 それにしても、そろそろガツんと大きいのが当たらんものかね…

 なお、ここのURLは別に井川遥とは関係ありません(・ー・)

VAIO type U

 新型「VAIO type U」キター(゚∀゚)!
 かつて持っていた初代は、CPUが非力過ぎてどうしようもなかったけど、今度はCPUもまともな上に更に小型化されて期待大。

 ボーナスを投入して買うか…(´Д`)でも、自転車も欲しいし、デジカメも欲しいしレンズも欲しいし…
 しかも、最近のゲームはプロテクトの関係で光学ドライブが無いとプレー出来なかったりするので、そうなるとZERO3以上の使い道があるんだろうかという疑問も沸いてくる。

 ま、どうせすぐは買えないので、暫く考えよう(´~`)
 Bluetoothが使えるので、これ買うならZERO3を京ぽん2に戻した方が良さそうだし。色々と悩み処が多い…

新機能

 任天堂の新しいゲーム機Wiiのスペックが発表されたけど、個人的に気になっているのがWii Connect24という、低電力スタンバイモードによるインターネット常時接続の機能。
 インターネットに常時接続することによって、動作中でなくても、新アイテムや新コースなどのプッシュコンテンツや、友達からのメッセージを受信することが可能だそうで。

 …この機能、PCに欲しい!(;´Д`)
 そうすれば、Eメールやメッセンジャー,IP電話が常時使えて、インフラとしてまともに使い物になるのに。

 PCの消費電力は大きすぎるとか、連続稼働させたままだとOSやアプリの動きが不安定になるとか、技術的な問題もあるんだろうけど。そういう技術的課題を克服してこそ、ヒット商品の開発に繋がる筈。
 そういうニーズってあんま無いのかな〜

 普通の電話機並に使える、24時間受発信可能なメッセンジャー機能だけでも、潜在的なニーズはありそうなものなのに。
 つか、上手くすれば一般家庭にバンバンPCを売りつけられるんじゃないかという気が。

 電気代を気にしないなら、PCを立ち上げっぱなしにしておけば良いだけの事とは言え、今時そういう環境負荷の高い運用は心理的抵抗が大きいですしなぁ(´〜`)実際問題無駄金も掛かるし。

VISAデビットカード

 スルガ銀行が、クレジットカードではないVISAカード、「SURUGA VISAデビットカード」の全国展開を始めるそうで。

 ATMの延長感覚で、その場で即時決済できる明瞭さがメリットのデビットカードも、利用できる店舗が圧倒的に少ないというのが泣き所。
 それが、VISAのフロントエンド経由で使えるようになるんなら、凄く便利そう(゚∀゚)!

 とは言え、スルガ銀行って所が引っかかる。口座持ってないし…
 みずほでも、同じようなサービスをやっておくれ~ヽ(´Д`)ノ

 クレジットカードで買い物する事の何が嫌かって、数カ月遅れて使ったお金が引き落とされるところ。

 引き落としされるまでの間は、正確な預金残高を把握するため「口座には○○万円入ってる事になってるけど、この間クレジットで△万円使った分が後で引かれるから実際は…」と念じていなければならず、精神衛生上よろしく無い。
 しかも、クレジットでした買い物の事を忘れてしまうと「お、今月○○万も残ってるじゃん(゚∀゚)!」とぬか喜びして、後で痛い目を見るのが癪(つД`)

 リボや分割払いでの、サラ金顔負けの高金利も気に入らんし。間違って一括以外の支払い方法になってないだろうなぁ?と、使う時はいつもビクビクしてしまう。

 ま、銀行口座の残高なんて気にせず買い物できるようなブルジョアなら、そんな気苦労とも無縁で何ら問題ないんでしょうけどね~( ゚д゚)
 クレジットカードで、気軽に買い物出来るような立場になりたいのぅ。

エネループ

 以前、通販で購入したZERO3用の外付けバッテリー。
 単純に単三電池を4本直列に接続して、+-端子から直流を取り出しているだけなので、ニッケル水素電池を利用した場合1.2V×4で4.8Vの出力にしかならず、いつまで経っても充電完了にならないという問題はあるものの、有ると無いとでは大違い。
 中途半端でも充電は可能なので、バッテリー容量に不安のあるZERO3を1日持ち歩く場合の安心感が違ってくる。

 んで、元々Panasonicの充電器を持っていた関係もあって、今まではパナの自己放電抑制タイプ(いわゆるパナループ)を使ったのだけれど、色々なサイトを見て回ってみたところ、この手のニッケル水素電池の元祖であるSANYOエネループの方が高性能で、出力電圧もやや高いとの事。

 それならもしや…と思い、エネループを買ってきて使用してみたら、ちゃんと充電完了になったー(゚∀゚)!
 満充電になるか否かは実用上大した差では無いけど、精神面での安心感が大きいので、これからはエネループを常用しよう(´∀`)

 つか、パナの充電器と組合せて使っても特に問題無いみたいだし、最初から素直にエネループにしておけば良かったってだけの事か…

Windows Vista

 GW中体調不良で外出する元気が無かったとき、ふと出来心を起こしてWindows Vistaのβ版なんかをインストールしようとしたせいで、散々な目に(つД`)

 エラー出まくりで全く上手くいかないのは許すとしても、元々インストールされていたWindows XPまで起動しなくなったのには参った(´~`)
 どうやら、PCをVista専用にしてしまえば不具合は起きないらしいのだけれど、XPなど既存OSと同居させようとすると色々とトラブルが生じる模様。
 いつもの事だけど、自分がインストールされている以外のパーティションにちょっかい出すの止めてくれませんかね~

 さすがに現時点でPCの中身をVistaオンリーにするのは辛すぎるので、別のハードディスクを用意して無事インストールに成功。

 しかしこれが、苦労して動くようになった割に、本当に今年中にコードFIXさせるのかと不安になるくらい出来が悪い(;´Д`)
 メニューだけあっても使えない機能だらけなんだけど、5月に出るちゃんとしたβ2版ではもう少しマシになっているのかしら。
 β2では広くβテスタを募るとか言ってるけど、こんな出来映えのまま一般ユーザにバラ撒いたらパニックになるのでは…

 と言いつつ、わたしの仕事もこの辺モロに影響を受けるので、他人事ではないのだけれど。

 全体的な感触としても、XP以上にメーカー製PCのプレインストール用OSという様相が濃くなったという感じ。
 自作PC派は形見が狭いですねぇ(`Д´)やっぱりこれからはLinuxかも。

 現時点でVistaが良いなぁと思えるのは、アンチエイリアスにフル対応した新フォント"メイリオ"による表示と、アイコンが綺麗な事くらい。
 しかしこれも、フォントに関してはファイルを抜き出してXPにコピーすれば普通に使えるし…ライセンス上の問題はあるけど。

 Appleがx86版OS XをPCでも動くようにしてくれたら、大手を振ってそっちに流れるんだけど。Intel Macを買えってか。

弱り目に祟り目

 先週末帰省した際に風邪をこじらせ、毎年GWに予定しているオープンカーツーリングへの参加を断念(つД`)
 大体、この日の為にオープンカーに乗っているようなものなのに、ほんとツいてない…

 しかも、ツーリングに備えてガソリンを入れに行った帰り道では、かれこれ8年ぶりくらいに速度違反で捕まってしまった(´〜`)
 違反はこれで累計3度目、小田原厚木道路では2度目。しかも場所も同じ二宮−大磯IC間。
 ここはIC間を無料で走れるので良く使うのだけれど、タダより高い物はないということか…

 その後二日間ほど寝て過ごし、外出する程の元気は無かったので、MSの洗脳セミナーにて貰ったWindows Vistaのβ版(February CTP)のインストールを試みてみたものの、エラー出まくりで全く上手くいかず。
 挙げ句、元々インストールされていたWindows XPが起動しなくなった(T-T)

 不幸って、連鎖反応的に重なるものなんすかねぇ( ゚д゚)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »