« 思わぬ落とし穴 | トップページ | 声 »

キーボード問題その後

 ソフトウェア的にCtrlキーとCapsキーを入れ替えるのは諦めて、最初からCtrlキーがAの隣に付いているキーボードを購入することに。

 横浜のヨドバシに展示されているキーボードを見て回った結果、日本語配列でCtrlキーがAの隣にあるのは、定番の「Happy Hacking Keyboard」シリーズの他は一製品だけ。
 その一製品は、打鍵音がカチャカチャとウルさくて好みでは無かったので、結局HHK Lite2を選択。

 カーソルキーが強度的にちょっとひ弱なのが不安なのと、左ALTキーの位置が左過ぎるのが不満だけど、とりあえずCtrlキーがAの隣にあるだけでも満足度高し。
 普通はソフトウェア的にキーの位置を入れ替えちゃうから、あまり問題にはならないんだろうけど。
 それにしても、なぜCtrlキーをAの隣に置く、この手のキーボードの数が少ないのが解せん(;゜〜゜)

 今にして思うと、PC-9801の付属キーボードは滅茶苦茶具合良かったなぁ。

« 思わぬ落とし穴 | トップページ | 声 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/10420500

この記事へのトラックバック一覧です: キーボード問題その後:

« 思わぬ落とし穴 | トップページ | 声 »