« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

焼きそば

 小学生の頃、家で「ぺヤングソース焼きそば」ばっかり食べていたので、焼きそばとはお湯に浸して作るものだと思っていたのです。

 んで、ある時クラスの友達との話の中で、焼きそばって湯切りするのが面倒だよね、なんて事を言った時。

「おま…ソバを焼くのが"焼きそば"なんだよ(;´∀`)そんなの焼きそばじゃねえよ、バーカ」

 と散々バカにされて以来、この手の"焼きそば味カップ麺"に対して、言い様の無い恨みを抱いていたのですが。
 自分の無知は置いといて。

 なんとエースコックから、やっと本当に麺や具が焼いてあるインスタント焼きそばが出るんだとか!

 開発したメーカーの人もきっと、現状のカップ焼きそばに対して「これって茹でそばだよな…」という良心の呵責に苛まれて続けていたに違いない(;´∀`)

太陽系

 惑星の数を増やそうという提案が返り討ちにあって、逆に冥王星が矮惑星に格下げになって決着してしまうとはビックリ(゚Д゚)
 既に一般常識として認知されている事に対して、改めて見直しをかけるという姿勢が凄いね。

 つか、冥王星って唯一アメリカ人が発見した惑星(格下げ)だったのかぁ。
 エゴ丸出しで「アメリカが発見した惑星の数を増やそうぜ(`皿´)」なんて余計な提案をしなければ、こういう結論にはならなかったって事なのかな…

 まぁ、正しいヲタの姿として、ここは「冥王せつなさんの立場は!?」って言っておきましょう(´Д`)
 やはりというべきか、ちょっと検索しただけでもセーラープルート絡みで嘆いている人は沢山引っかかるし…

 そんなこんなで、2chのスレで見た一文にほろりとしてしまった(つ~`)ていうか萌え。

 冥王星「あたいみたいなのが惑星なわけないよね……はは……」
 海王星「冥王星…」

休み明け

 先週一週間の夏休みは、お彼岸やら一周忌の準備の他は、ひたすら部屋の整理に費やす日々。

 家に蔵でもあれば、とりあえず何でもかんでも突っ込んで片付けられるのになぁ(´~`)
 等と夢を見ていても仕方が無いので、雑誌をバラしてスキャンしたり、CDやレコードをMP3化したり、ビデオをキャプチャしたり…保存しておくスペースが無いので、ひたすら電子化に励んだ。

 その他結構困るのがゴミの処分で、分別回収の為ちょっとしたパーツや備品もそのままでは捨てられず、バラバラにして金属類と樹脂類に分別したりするのが結構な手間。

 そんなこんなで、汗まみれになりながら雑誌やらゲームやらを片付けていたら、積もりに積もった埃のせいか、腕や首が汗疹だらけになってもうボロボロ(つ~`)

 そんだけ苦労した割に、部屋の中に新たに確保できたスペースは畳半分程度というのが空しい(;´Д`)
 何でこんなに余計な物が多いんだろうなぁ…

商品知識

 枕元に置けるような小型スピーカーでも買おうと、会社帰りに藤沢のビックへ。

 目当ての製品、スキャンダイナMicropod SEが置いてあるのは週末に確認済みだったので、いざ購入しようとすると値札が付いていない…

 傍に居た店員を捕まえて「これ幾ら?」と聞いてみると、ちょっと調べてきますとレジの方へ引っ込んだっきり、なかなか戻ってこない。
 んで、散々待たせた挙句の答えが「1本\26,000になります」との事。

 そんな訳ねーだろヽ(`Д´)ノ ヨドではペアで\26,800なのに、どんだけぼったくってんだよ(笑

 ダメだなこの店員…と呆れ返っていると、上の棚に展示されていたタンノイAR-SATの価格が目に留まった。

 ペアで\35,700…AR-SATって、確か一本がこの値段では?(;´Д`)

 疑問を覚えつつ、こっちはペアでこの値段?とダメ店員に確認してみると。
 値札を一瞥して、「ペアでこの値段です!」と断言。

 マジで!(;゚Д゚) じゃあこっち買うよ!

 ってことでAR-SATを注文。
 ちょっと比べてみれば、アルミダイキャストボディのAR-SATとABS樹脂のMicropod、どちらに金が掛かっているかなんて一目瞭然なのに。この店員の目は節穴か?

 兎にも角にも、在庫を確認しに行った店員を待ちながら、AR-SATがこんな安く買えるなんてラッキ~♪(・∀・)と小躍りしていたのも束の間。

 結局、在庫が無く取り寄せになるという事だったので、購入は断念して店を後に。
 注文した後で、あれはやっぱり一本の値段でした、とか言われても困っちゃうからなぁ(--;
 ペアで\80,000近く払うんなら、他に欲しいスピーカーあるし。

 にしても、店員も無知なら商品管理もなってないし、やっぱりビックは何か抜けてますね(`A´)

 商品を扱えるだけのスキルが無いんなら、背伸びせずにオーディオはミニコンポ程度の品揃えに留めておけばいいものを…

ビックカメラ藤沢店

 撤退した丸井の跡地にオープンヽ(´ー`)ノ
 これで、会社帰りに一旦上り方面の電車に乗って横浜に出なくても、途中下車してちょっとした買い物が出来る~

 横浜のビックカメラは店舗が狭くて品揃えが悪いので、今までは完全にヨドバシ派だったけれど、これを機にポイントカードも作って宗旨替えか?

 てことで、早速先週末行ってみたけど、予想していたよりフロアが狭くて拍子抜け。大型店って感じではないのね。
 そういや、丸井だった頃は全く興味が無かったので、一度も行った事なかったなぁ。
 天井が低くて圧迫感があったりと、器の古さは隠し切れないって感じか(´~`)

 横浜や秋葉原のヨドバシみたいな、色々見て回っている内に気が付いたら2時間経ってた、という事も間々ある巨大店舗と比べちゃうと小粒とはいえ、丸井よりは遥かにマシか(´ー`)<個人的主観

時をかける少女

 今回の劇場版は、キャラデザが貞本義行という事で気になっていたのだけど。
 今週で近場のシネプレでの上映は終了だし、評判も悪くないんでとりあえず見とくか…と、仕事を早めに切り上げて18:50からの回を観賞。

 スクリーンにでかでかと映し出される貞本キャラは、問答無用で良いものですなぁ(゜Д゜)これだけで感無量。
 舞台が夏ということもあって、青空と雲を効果的に使った背景と組み合わされると、鋼鉄のガールフレンドと印象がダブってしまうけど(^-^;

 それにしても、教室の様子や廊下、理科室、放課後のグラウンド…スクリーンの中に描かれているもの、何もかもが懐かしい…
 学園物のドラマやアニメなんて星の数ほどあるのに、この作品がこんなにも郷愁を感じさせるのは何故なんだろ。

 ひたすらノスタルジックな気分に浸りつつ、良い気分で堪能させて頂きました(´▽`)
 ラストはちょっと甘ったる過ぎるけど、まぁ青春映画だしって事で許容範囲。

 ただ、中盤からラストに向けて「あそこで二人が死ぬ展開ってのも見たかったなぁ(`皿´)」等と鬱ゲー的シナリオ進行を求めてしまうのは、エロゲーマーの悪しき嵯峨なんでしょうかね。

 高校生なんだから、もっと自分の性欲に正直になった方がないかという気がするのもまぁ、エロゲ(省略

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »