« 消失長門 | トップページ | ビックカメラ藤沢店 »

2006.08.04

時をかける少女

 今回の劇場版は、キャラデザが貞本義行という事で気になっていたのだけど。
 今週で近場のシネプレでの上映は終了だし、評判も悪くないんでとりあえず見とくか…と、仕事を早めに切り上げて18:50からの回を観賞。

 スクリーンにでかでかと映し出される貞本キャラは、問答無用で良いものですなぁ(゜Д゜)これだけで感無量。
 舞台が夏ということもあって、青空と雲を効果的に使った背景と組み合わされると、鋼鉄のガールフレンドと印象がダブってしまうけど(^-^;

 それにしても、教室の様子や廊下、理科室、放課後のグラウンド…スクリーンの中に描かれているもの、何もかもが懐かしい…
 学園物のドラマやアニメなんて星の数ほどあるのに、この作品がこんなにも郷愁を感じさせるのは何故なんだろ。

 ひたすらノスタルジックな気分に浸りつつ、良い気分で堪能させて頂きました(´▽`)
 ラストはちょっと甘ったる過ぎるけど、まぁ青春映画だしって事で許容範囲。

 ただ、中盤からラストに向けて「あそこで二人が死ぬ展開ってのも見たかったなぁ(`皿´)」等と鬱ゲー的シナリオ進行を求めてしまうのは、エロゲーマーの悪しき嵯峨なんでしょうかね。

 高校生なんだから、もっと自分の性欲に正直になった方がないかという気がするのもまぁ、エロゲ(省略

« 消失長門 | トップページ | ビックカメラ藤沢店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/11268999

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« 消失長門 | トップページ | ビックカメラ藤沢店 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ