« T10 | トップページ | Napster »

叛旗

Windows Vistaのライセンス体系が変更,マニアに厳しいものに

 自作機と言えば、ケースや電源のような大物とかドライブなど比較的陳腐化の遅いデバイスを残したまま、コアパーツを入れ替える事でPCをアップグレードしていく事ができるのが一つのメリットである訳だけど。
 いよいよマイクロソフトは、そう言う使い方にも注文を付けてきたという訳ね(´〜`)

 XPも、ある程度大規模なパーツ交換が発生すると再アクティベーションを要求してくるけど、それは多少の手間がかかるだけでお金は取られないから、まだ許容の範囲。
 しかしVistaの場合、今度はOS再購入となるケースが出てくる訳で、これはキツい。

 個人的には、VistaはプレインストールモデルのためのOSという印象が強いので、こんな仕打ちも驚くには到らないのだけど。
 そろそろユーザが決起してWindowsに反旗を翻さないと、このままマイクロソフトの言いなりにされ、飼い殺されてしまうのでは( ゚Д゚)

 転ずる先はMacでもいいし、LinuxでもBeOSでもいい。
 Vistaのリリースを機に「そんなにウルサイ事をごちゃごちゃ抜かすんなら、もうマイクロソフト製品なんて使わねぇよヽ(`Д´)ノ」というユーザが沢山出てくると良いなぁ(´▽`)

« T10 | トップページ | Napster »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/12335224

この記事へのトラックバック一覧です: 叛旗:

« T10 | トップページ | Napster »