« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

Real Force

 PC-9801でパソコンの道に入った自分としては、キーボードに対する一つのこだわりがあって。
 何が何でも、CTRLキーが"A"の横に無いと嫌な訳です(`Д´)イヤイヤッ

 エディタで文章入力する時のカーソル移動に始まり、バックスペースにリターン、仮名漢字変換に到るまで、とにかくCTRLキーとアルファベットキーのコンビネーションを使いまくり。
 なので、CTRLキーが普通に小指で押せる位置にないと、全くキー入力がおぼつかないという(;´Д`)

 でも、現状のPC用キーボードって、CTRLキーが左下隅に追いやられたものばっかりなのよね(´~`)

 そんな中、高級キーボードとして名高い東プレREAL FORCEのOEMモデルが、CTRLキーとCaps Lockキーの位置切り替え機能を付加して、JUST SYSTEMから限定発売に!
 これ幸いと、会社用に購入ヽ(´ー`)ノ

 普通ならキーボードの配置がどうあれ、ソフトウェア的にCTRLキーとCaps Lockキーの位置を入れ替えればよいのだけど、うちの会社のPCは非常に特殊な作りで、所謂キー配列を変更するユーティリティを一切受け付けてくれない。

 なので、ハードウェア的にCTRLキーが"A"の隣にあるキーボードを探して利用するしかなく、これまではHappy Hacking Keyboard Liteを使用していたのだけれど、所詮はメンブレンスイッチ採用の安物なので、そのキータッチは満足のいくものではなく。

 早速会社に持ち込んだREAL FORCEは、ややキータッチが軽すぎる面はあるものの、軽く撫でるだけの入力感覚はやっぱり何物にも得がたい快適さ。

 PC-9801を使っていた頃は、如何にキーを底打ちさせず静かに入力するか、という事に凝っていたりもしたのだけれど。
 そもそも、構造上キーを底まで打ち込まないとスイッチが繋がらないメンブレンスイッチのキーボードでは、そんな技など出番も無い訳で。

 たっぷりとしたキーストロークを活かした、このフェザータッチの入力感覚…
 あまりの快適さに、毎日のうんざりする仕事の文章入力もはかどりまくり(´▽`)

 お値段は結構高いけど、かつてPCのキーボードと言えばみんな高価だったし、品質も今の安物キーボードとは全く違う高品質な物だっただけに、REAL FORCEの2万円という金額は意外とリーズナブルに感じる。

 何でもかんでも安くすりゃいい、ってものじゃないのよ(´~`)必要な処にはしっかり金かけなきゃね。

ラストラン

L1010539

 コペンの前に乗っていたビートを譲り渡したJun太が、諸事情によりこいつを手放すことになり。
 ラストランイベントとして、オープンカー仲間と群馬へツーリングに。

 こちらは最近クルマへの情熱を失いかけていたので、久しぶりに刺激を受けて一気に気分が盛り上がったなぁ(´▽`)

 久々に乗ったビートは、非日常感あふれる異質な運転感覚に溢れていて、本当に素晴らしかった。
 今新車で手に入るなら、迷わず買いたいと思えるほどに。
 それに比べると、コペンは悲しいほど只の乗用車…何もかもが万人向けに慣らされ過ぎ。
 運転するのは楽なんだけどねぇ。

 かと言って今更ビートに買い換えるのは非現実的だし、当面はコペンを非日常化するという方向で手を入れていくしか無いという感じかな(´~`)ボディ補強して、足周りでも固めますかね。

 とは言え、三菱がiベースでミッドシップスポーツを計画しているという話があるので、本当なら買うぞ!
 FFだからダメってことはないけど、MRというレイアウトには夢とロマンが溢れているので。

 ただし軽なら(;´Д`)駐車スペースの問題だけは如何ともし難い…

苦節10年

Dsc00114a

 DDIポケット時代のKENWOODに始まりパナ→パナ→パナ→京セラ→京セラ→シャープと、端末の遍歴を重ね早10年。
 一貫して圏外だった自室が、ホームアンテナの設置で遂に圏内になったぞーヽ(´Д`)ノしかもバリ5。

 家の中で、二階の北側の部屋がかろうじてアンテナが立つ唯一の場所だったのだけれど、そこでもZERO3では途切れ途切れで通話できる程度。

 そこにアンテナを設置したので、どの程度安定して通話できるのか非常に不安だったのだけれど、結果は大満足。
 ちゃんとしたアンテナが付くだけで、こんなに感度が良くなるんだなぁ( ゜Д゜)
 かといって、こんなデカいアンテナが付いた端末を使う気はしないけど。イリジウムも真っ青。

Dsc00113a

 難点は、ホームアンテナは1度に1回線しか中継できないので、誰か別の人がウチのアンテナに相乗り接続してしまうと、自分は会話出来なくなってしまうということ。

 先にアンテナを導入している知人によると、これが結構迷惑らしく。
 自分が話そうとする時に限って誰かにアンテナを使われてビジーだったりするらしいので、その都度アンテナの電源を落とし、自分が通話するタイミングで再立ち上げするといった芸当が必要になるそうな。

 毎月\315円のレンタル料が生じている訳だし、契約者の端末以外は中継できないような作りには出来んものかね(´〜`)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »