« ラストラン | トップページ | 仕事でムシャクシャしていたので »

Real Force

 PC-9801でパソコンの道に入った自分としては、キーボードに対する一つのこだわりがあって。
 何が何でも、CTRLキーが"A"の横に無いと嫌な訳です(`Д´)イヤイヤッ

 エディタで文章入力する時のカーソル移動に始まり、バックスペースにリターン、仮名漢字変換に到るまで、とにかくCTRLキーとアルファベットキーのコンビネーションを使いまくり。
 なので、CTRLキーが普通に小指で押せる位置にないと、全くキー入力がおぼつかないという(;´Д`)

 でも、現状のPC用キーボードって、CTRLキーが左下隅に追いやられたものばっかりなのよね(´~`)

 そんな中、高級キーボードとして名高い東プレREAL FORCEのOEMモデルが、CTRLキーとCaps Lockキーの位置切り替え機能を付加して、JUST SYSTEMから限定発売に!
 これ幸いと、会社用に購入ヽ(´ー`)ノ

 普通ならキーボードの配置がどうあれ、ソフトウェア的にCTRLキーとCaps Lockキーの位置を入れ替えればよいのだけど、うちの会社のPCは非常に特殊な作りで、所謂キー配列を変更するユーティリティを一切受け付けてくれない。

 なので、ハードウェア的にCTRLキーが"A"の隣にあるキーボードを探して利用するしかなく、これまではHappy Hacking Keyboard Liteを使用していたのだけれど、所詮はメンブレンスイッチ採用の安物なので、そのキータッチは満足のいくものではなく。

 早速会社に持ち込んだREAL FORCEは、ややキータッチが軽すぎる面はあるものの、軽く撫でるだけの入力感覚はやっぱり何物にも得がたい快適さ。

 PC-9801を使っていた頃は、如何にキーを底打ちさせず静かに入力するか、という事に凝っていたりもしたのだけれど。
 そもそも、構造上キーを底まで打ち込まないとスイッチが繋がらないメンブレンスイッチのキーボードでは、そんな技など出番も無い訳で。

 たっぷりとしたキーストロークを活かした、このフェザータッチの入力感覚…
 あまりの快適さに、毎日のうんざりする仕事の文章入力もはかどりまくり(´▽`)

 お値段は結構高いけど、かつてPCのキーボードと言えばみんな高価だったし、品質も今の安物キーボードとは全く違う高品質な物だっただけに、REAL FORCEの2万円という金額は意外とリーズナブルに感じる。

 何でもかんでも安くすりゃいい、ってものじゃないのよ(´~`)必要な処にはしっかり金かけなきゃね。

« ラストラン | トップページ | 仕事でムシャクシャしていたので »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/13216150

この記事へのトラックバック一覧です: Real Force:

« ラストラン | トップページ | 仕事でムシャクシャしていたので »