« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

Vista

 RC1版は多少使っていたものの、tx1000/CTにてWindows Vista本格デビューヽ(´ー`)ノ <別に嬉しくないけどね〜

 本体と一緒に注意書きの紙が入っていて、初回電源投入からセットアップ完了まで最大1時間ほどかかるから、気長に待つようにとの事。

 使い始めまでに1時間もかかるって…(;´Д`)冗談キツイなぁ。

 と甘く見ていたら、実際とんでもなく待たされた…(ーー;
 OSはプレインストール済なのに、何をそんなに一所懸命セッティングしているんだ。

 んで、やっとVistaが起動したと思ったら、CPUファンは全速で回りっぱなし、HDDアクセスランプは点きっぱなしで、とんでもなく動作がノロい。
 予算をケチって、CPUをクロック2GHzのTL-60ではなく、1.6GHzのTL-52にしたのがマズかったんだろうか…

 でも、Athlon64X2 4200+(2.2GHz)をXPやLinuxで使っていると、1GHzにクロックダウンして動いている時間がほとんどなので、1.6GHzでも全く問題無いと踏んでいたんだけど。
 Vistaを動かすためのCPU負荷は、予想外に大きいのかね。

 幸いな事に、tx1000/CTには外部メモリスロットが付いているので、手持ちの1GB SDメモリを装着してReadyBoostを設定してみると。
 使っているうちにHyperFetchとの相乗効果も出るのか、起動直後の妙にもたついた動きが段々と滑らかで快適なものに。

 とはいえ、感覚としてはこれでやっとXPと同等くらいかなぁ、といったところ。

 いちいち「これ動かしていいの?」と許可を求めてくるUACといいReadyBoostといい、Vistaって欠点を補うがために新機能をこれでもかと付け足して、体裁を取り繕っているだけのような気がしてきた(´〜`)
 開発リソースだけは豊富なマイクロソフトらしい、力技的な対処療法の産物って事なのかね。

 そういえば、オーダーの時に選択肢が出ないからおかしいなぁと不安視していた予感が的中。tx1000/CTには当たり前のように32bit版Vistaがインストールされてやんの(;゜Д゜)64bitCPU搭載なのに何故さ、64bit版OSを使わせろ〜

 などと言いつつ、よくよく調べてみたら手持ちの周辺機器の64bit版デバイスドライバが提供されていなかったので、実は32bit版で正解(´ー`)
 こういう事があるから、無用なトラブルを避けたいメーカの思惑もあって、64bit版の普及が進まないんだよなぁ。

 同じ64bit版OSでも、Mac OSXはデバイスドライバ含めて32bit版との互換性があるというのに、マイクロソフトは何やってんのかね。

 結局、XPから5年の歳月をかけて開発しただけに細かいところは色々と改善されているとはいえ、そろそろ根本的に作り直した方がいいんじゃないの?というのが正直な感想。

 まぁ、それをやったら旧OSとの互換性が著しく損なわれる事になり、WindowsのWindowsたる所以が無くなってしまうのだろうけど。

tx1000/CT

 おまけのプリンタと共にやっと到着~(´-`)

 んで、これからペンでガシガシと画面を書きなぐる事になるので、新品の綺麗なうちに保護フィルムを貼り付けてしまおうと、箱から本体を取り出し画面を開いてみたら。

 期待に反して、既に画面は指紋の跡でベタベタ…( ゚Д゚)おいおい、どうしたんだhp…
 今の時代、made in chinaだからどうとか言うつもりは無いけど、ラインの作業者に手袋くらいはめさせないのかね(;´Д`)

 本体の作りは価格なりだけど、表面処理を工夫して高級っぽく見せようとしているのが逆に貧乏臭い感じ。まぁ実際価格を考慮すれば文句も言えないでしょうが。

 何だかんだ言って、サブディスプレイ代わりにメインディスプレイの横に立てて使っていると非常に便利なので、タブレットPCにしたのは正解。
 これで安定して立てられるようなスタンドが付属していれば、完璧なのにな〜

L10105902

 ただ、ちょっと期待外れだったのはタブレットPCとしては肝心なペンの反応。
 ローコストな感圧式を採用しているところに、厚手の保護フィルムを貼ってしまったせいもあるけど、とにかくペン先を画面に強く押し付けないと反応してくれないのには参った…

 ボタンをクリックする程度の使い方には困らないとはいえ、サラサラと手書きメモしたりちょっとした絵を描いたりといった用途には全く使えんなぁ、というのが正直な印象。

 やっぱ、この点は電磁誘導式ペンを使っている高級品にはかなわないのね(つД`)

追い討ち

 TX1000/CTの購入時、ソフマップとのタイアップによる期間限定!PC本体高額下取キャンペーン!15%下取りアップ!との見出しに惑わされ、3年落ちのPowerBook G4を下取りに出した訳です。

 売ったお金で、そのうちCore 2 Duo搭載になるであろうMac Miniを買うつもりで。

 しかし、ソフマップから返信された査定価格には、+15%の上乗せ分には全く触れられておらず。
 釈然としないまま、メールで状況を問い合わせてみたところ。

「HP社様から商品発送完了の連絡が届いておりませんので、今回の査定はキャンペーン対象外となっております。お手元に発送確認書があれば、至急送付頂ければ云々」との返事が。

 …だから、まだブツが届いてねーんだよヽ(`Д´)ノ

 キャンペーン受付期間はHP製品オーダー日から60日以内、って書いてあるから早めに下取りに出したというのに。
 何なんだHPは、商品発送が前提条件なら最初からそう書いといてくれ〜

 あーもう(;´Д`)あーもう!

 ソフマップの方は、HPからの商品発送完了を確認してから再査定した上でキャンペーン適用扱いにしてもよいというので、とりあえず保留状態にしてもらう事で事無きを得たけど。

 しかし、この2週間の差が命取りになって、査定価格がガックリ目減りしたとか言ったら、目も当てられん…

 もしそんな事になったら、二度とHPの製品なんて買わないもんね(つД`)ささやかな抵抗。

買い時

 自宅のデスクトップPCは、OpenSUSE Linuxが快調に動いているのでインストールする気にならないけど、やっぱり仕事の件もあるので手元にVista搭載PCを置いておかねばなるまいな、と考えていたところ。

 HPのWeb通販サイトで、先着限定500台まで、HDD容量が80GBから120GBになるというキャンペーン中だったので、前々から欲しかったタブレットPCを思い切って購入してしまった訳よ!(゜Д゜)HP tx1000/CT。

 こいつをメインPCのディスプレイ横に立てておけば、疑似2画面構成としてGyaoやNapsterのようなWindowsでしか使えないソフトを動かすのに、好適なのではないかと。
 通常のノートPCはキーボード部分が邪魔なので、こういう使い方はタブレットPCじゃないと出来ないからねぇ。

 んで、納期は3/13ということで、早く届かないかな~などと心待ちにしながらHPのサイトを眺めていたら。
 HDD増量キャンペーンが終了した代わりに、新しいキャンペーンのモデルが登録されてた…

 注文したのと同じスペックで、HDDが120GBから160GBに増量…
 しかも\4,000値下がり…
 メモリを2GBに増設する料金が、\42,000から\21,000に半減…

 凄い良くなってんじゃん!(つ~`)注文してから1週間しか経っておらず、ましてや現物も届いていないというのにこの仕打ち。何これ、HPのばか~
 特にメモリ価格の値下げは痛い。1GBのSO-DIMM DDR2 667x2がこの値段なら、増設したかったのになぁ。

 この間も、DDR2メモリを購入した途端それまで高値安定だったものが値崩れしたし、どうも市場の値動きを読み違えること多い…株とかも手を出さない方がよさ気ね(;´Д`)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »