« Vista | トップページ | tx1000/CTの落とし穴 »

マザボ交換

 何時の間にか、サウンドカードのデジタル出力から盛大にノイズがのるようになってしまった、ウチのデスクトップPC。
 色々と部品を交換しながら原因を探っていたのだけれど、結局マザーボードがダメそう…ってことで取り換える事に。

 気が付けば、時代は完全にシリアルATA一色。
 だけど、ウチは内蔵HDD3台と光学ドライブがパラレルATAなので、マザボにはどうしてもPATAインタフェースが2口欲しい。

 なのに、最新のIntelチップセットがパラレルATAのネイティブサポートを外してしまったので、今やこの程度の条件を満たせるマザーボードが非常に少ない訳よ!(#゚Д゚)

 VIAチップセットはPATAをネイティブサポートしているけど、基本的な設計が古いし。そもそも今使っているマザボがVIAなので、二の矢には選びたくないところ。

 結局、不本意ながらASUSのP5NSLIというnVidiaチップセット搭載マザボを購入。
 何故不本意かと言えば、nVidiaのチップは発熱と消費電力が高そうなので敬遠していたから(;´Д`)でもま、背に腹は換えられずってことで。

 ハードの入れ替え作業自体は手慣れたものだけど、Windows XPが「ハードウェア構成変更が規定回数を超えたのでうんたらかんたら」とか駄々をこねて起動しなくなったのにはムカついた( ゚Д゚)
 ま、tx1000が来てからデスクトップPCでXPを起動する必要性はあまり無いので、そのまま放置。

 Linux(OpenSUSE)の方は、ハードを変更しようが何しようがWindowsみたいに小煩い事は言ってこないので、その点気持ち良く使えるよね~(´▽`)

 ただ、何故かHDDがDMAモードにならなくて、ディスクアクセスが超低速化&システムが目茶苦茶不安定に。
 結局、PrimaryIDEに繋いでいた2台のHDDを1台に減らして問題解決したけど、PATAが使いたくてこのマザボにしたのに、これじゃ意味無いじゃんヽ(`Д´)ノ
 SATAのHDD買ってこよっと…

 サウンドデバイスからのノイズは根絶されたので、その点はもくろみ通り。
 それで良しとするか…何か釈然としないが(つД`)

« Vista | トップページ | tx1000/CTの落とし穴 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/14629509

この記事へのトラックバック一覧です: マザボ交換:

« Vista | トップページ | tx1000/CTの落とし穴 »