« GW | トップページ | Advanced/W-ZERO3[es] »

Mandriva

 Beryl絡みでどうにもSUSEが不調なので、Open Tech Pressで絶賛されていたMandriva Linux(2007 Spring)を試してみることに。
 それにしても、昨今の大手ディストリビューションは、当たり前のように日本語が使えて素晴らしいなぁ(´ー`)日本語入力もAnthyで快適だし。

 水色をベースにしたGUIの淡い色使いや、日本語フォントにUmePlusフォントを使っている点、デザイン画風の壁紙など、そこはかとなくお洒落な雰囲気。おフランス製のディストリビューションって感じだわ〜( ゚Д゚)

 パッケージ管理のRPMdrakeとシステム管理のMandriva Control Centerは、OpenSUSEのYastに匹敵する作業性をもたらしてくれるので、コマンドライン嫌いにも安心。

 しかし肝心のBerylは、簡単に利用設定できるものの、安定性という点ではちと期待外れ。
 突然ウインドウマネージャが消滅したり、画面がピクリとも反応しなくなる頻度はOpenSUSEと大差無い感じなので、問題は何か別の所にあるのだろうか(´~`)やっぱりハード構成が悪いんかな。

 とりあえず、Berylのバージョンが上がるまでは様子見か…

 Berylが使えないとなると、OpenSUSEと比較してMandrivaを積極的に選ぶ理由があるかは微妙だけど、色々とディストリビューションを弄ってみるとそれぞれお国柄が表れているのが分かって、それだけでも結構面白いけどね。

« GW | トップページ | Advanced/W-ZERO3[es] »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/15145884

この記事へのトラックバック一覧です: Mandriva:

« GW | トップページ | Advanced/W-ZERO3[es] »