« 2007年5月 | トップページ | 2016年5月 »

Linuxの鬼門

 マザーボードをASUS P5NSLIにして以来、Mandrivaでberylがやたらと異常終了するようになってしまったので、思い切ってIntel P35チップセット搭載のMSI P35 Neo2-FIに入れ替えたのだけれど。

 Linuxが苦手とする、新しすぎるハードの壁に阻まれ、オンボードのデバイスがことごとく使えなくてガッカリ(ーー;

 LAN…蟹用のモジュールはロードされているっぽいのに、何故か通信出来ず
 サウンド…認識されず
 パラレルATA…認識されず

 仕方なく、LANとサウンドはPCIスロットにボードを刺して対応。サウンドボードはまだ許せるとしても、今時PCIスロットにLANボードを刺さすのは流行らんよなぁ…(つ~`)
 更にその割を食って、PCIスロットに隣接するCrossFire用の4レーン側PCI Express 16xスロットまでもが、サウンドカードのSPDIFブラケットに邪魔されて使えなくなるという悲しさ。

 省エネのため、グラフィックボードは4レーン側のスロットで動かそうと思ったのに~(;´Д`)

 それにしても、PATAまでもが使えないのは痛い。IntelがサウスブリッジでのPATAネイティブサポートを切り捨てなければ、こんな事には…

 んで、PATA接続の光学ドライブが使えなくなったので、PATA-USB変換コネクタ経由でLinuxのインストールを試みるも。
 最近お気に入りのMandrivaは、何故か途中でドライブを見失ってしまい、何度やってもインストールに失敗するので利用は断念。

 結局、ファイルコピーに失敗したりしつつもインストーラが完走した、OpenSUSEユーザに逆戻り。ハードウェア認識能力の高さには定評があるだけに、こういう時は心強いね(´-`)

 にしても、デスクトップLinuxの普及を真剣に考えるなら、最新のハードウェアへ如何に対応していくのかってのは大きな課題だなぁ(´~`)

VirtualBox

 3台のPCと、そこにインストールされた複数のOSをその日の気分やら何やらで使い分けていると、各PC間でデータの同期を取るのが悩みの種。
 文章や画像などのファイルは共用ディスクに保存するなど運用でカバー出来るものの、データをローカルに保存する事が前提になっているメーラなどのPPは、各PC間でデータを同期させるのが厄介なので。

 解決策として、外部のディスク領域に確保した仮想化環境を共有する事により、常に同一の作業環境を利用出来るよう、環境のカプセル化に向け試行錯誤中。

 無償で使える仮想化環境として以前はVMware Playerを使っていたものの、Windows版は別としてLinux版に関しては正直イマイチなので、他に何か使えそうなモノは…と目を付けたのが独Innotek社のVirtualBox。

 Linux版のVMware Playerで一番腹が立つのが/dev/dspを握ってしまう事で、VMware Player上のゲストOSとホストOS双方で同時に音が鳴らせず、使い勝手が最悪。

 その点VirtualBoxはきちんとしていて、AmarokでMP3を再生しながら、仮想化環境のWindows内でサウンド再生すると言った使い方も問題なし。
 ま、それが当たり前なんだけどね~(;´Д`)VMwareはちょっと手抜き過ぎであろう。

 USBに関しても何か動作が安定しないVMwareを尻目に、VirtualBoxはネイティブより低速とは言え互換性は高く、十分実用的。

 以前のVirtualBoxは動作上不安定な面も見られたけど、先日バージョンアップした1.4.0では改良が進んだのか、今のところ突然VMがダウンするといったトラブルも無し。
 当面はこいつの利用で決まりかな。

 仮想化と言えばXenもあるけど、CPUの省エネ機能(動的クロック変更etc)が機能しなくなるので、現時点では使う気になれんのぅ(´~`)発熱量が増えてPCの作動音が大きくなっちゃうし、ケチれる電力はケチりたいしね…

Advanced/W-ZERO3[es]

 ZERO3の新型が出るというので楽しみにしていたけど、[es]の後継機だったか…
 現行[es]を、買ってはみたけど画面の小ささに耐えられず手放した身としては、非常に残念(;´Д`)
 愛用中のZERO3(003)が結構ヘタってきているので、機種変するには良いタイミングなのに~

 デザインやOSは今のままで良いから、USBホスト機能とヘッドフォン出力の44kHz化に対応した奴を出してくれないかな(´~`)ほんと。
 個人的に足りないと感じているのは、それくらいなんだけど…

 それに、新[es]には個人的には改悪と思える部分がちらほらと。

・折角の内蔵キーボードから、数字キーの段が消えてしまった。キーボード使用時の数字入力が不便そう。
・いくらスリム化したからとは言え、スタイラスが内蔵出来ないのはどうなのか。
・AC-DCアダプタのコネクタが、PSPやザウルスと同じ汎用タイプから専用タイプへ変更に。これじゃACアダプタが使いまわせない。

 もし003/004の後継機が出るとしても、同じような変更が加えられていたら辛いな…

« 2007年5月 | トップページ | 2016年5月 »