« VirtualBox | トップページ | コペンの今 »

Linuxの鬼門

 マザーボードをASUS P5NSLIにして以来、Mandrivaでberylがやたらと異常終了するようになってしまったので、思い切ってIntel P35チップセット搭載のMSI P35 Neo2-FIに入れ替えたのだけれど。

 Linuxが苦手とする、新しすぎるハードの壁に阻まれ、オンボードのデバイスがことごとく使えなくてガッカリ(ーー;

 LAN…蟹用のモジュールはロードされているっぽいのに、何故か通信出来ず
 サウンド…認識されず
 パラレルATA…認識されず

 仕方なく、LANとサウンドはPCIスロットにボードを刺して対応。サウンドボードはまだ許せるとしても、今時PCIスロットにLANボードを刺さすのは流行らんよなぁ…(つ~`)
 更にその割を食って、PCIスロットに隣接するCrossFire用の4レーン側PCI Express 16xスロットまでもが、サウンドカードのSPDIFブラケットに邪魔されて使えなくなるという悲しさ。

 省エネのため、グラフィックボードは4レーン側のスロットで動かそうと思ったのに~(;´Д`)

 それにしても、PATAまでもが使えないのは痛い。IntelがサウスブリッジでのPATAネイティブサポートを切り捨てなければ、こんな事には…

 んで、PATA接続の光学ドライブが使えなくなったので、PATA-USB変換コネクタ経由でLinuxのインストールを試みるも。
 最近お気に入りのMandrivaは、何故か途中でドライブを見失ってしまい、何度やってもインストールに失敗するので利用は断念。

 結局、ファイルコピーに失敗したりしつつもインストーラが完走した、OpenSUSEユーザに逆戻り。ハードウェア認識能力の高さには定評があるだけに、こういう時は心強いね(´-`)

 にしても、デスクトップLinuxの普及を真剣に考えるなら、最新のハードウェアへ如何に対応していくのかってのは大きな課題だなぁ(´~`)

« VirtualBox | トップページ | コペンの今 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4634/15549431

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxの鬼門:

« VirtualBox | トップページ | コペンの今 »