最近

 ここ暫く音線のサーバがトラブっていて、毎週の楽しみである"電波DEリ・マージョン〜"が聴けなくてWebを更新する気力も起きなかったのですが。

 今日になって、バッファが切れ切れながらもやっと先週分含めて聴くことが出来たので、復活(゚∀゚)!

 いや〜、なんともテンションの低いW高橋の喋りが癖になります(´~`)

消失長門

 早速読みましたよ~ヽ(`Д´)ノ長門ーーーッ!

 一気に読み進めてしまったけど、読み終わってからふと思うのは、あまりにもはかない消失長門の存在であるわけで(つД`)可哀想過ぎる…
 キョンがEnterキーを押し、世界が正常化(キョンにとって)するその瞬間まで、彼女は自分の時間を生きていた訳ですからなぁ。

 その点キョンにはもう少し自覚して欲しかったのに、病室でオリジナル長門と再開した途端、完全に舞い上がっちゃってるし(´A`)

「俺はこの手で、あいつの未来を奪っちまったんだ…」なんて、苦悩するキョンの姿を見たかったな。

 ま、そんなの作品のノリに合わない、と言われてしまえばそれまでだけど。

 おまけに、最後の最後で入部届を突き返さなくたっていいだろヽ(`Д´)ノあれには本当に腹が立ったなぁ!
 相手をぬか喜びさせまいとする、キョンなりの優しさだったかも知れんけど、それにしたってあの後消失長門の世界は終わってしまう事を考えたら、もうちょっと何か言いようがあったんじゃなかろうかと。

 最後はどうか幸せな記憶を、って神尾さんも言ってるのに!!

 てことで、キャラ的には全能のオリジナル長門の方が好きだけど、消失長門の危うい存在感には萌えるね(・ー・)

 こうなると、文中でちょくちょく言及されている「夏以降ちょっと様子がおかしかった長門」というのも気になる訳で。
 2,3巻も読まにゃダメか(;´Д`)

 つか、改めて1巻を読み直そうと探してみても、どこにしまったのか発見できないし。まとめ買いするかな…

長門有希

 アニメ"涼宮ハルヒの憂鬱"の長門有希があまりにも可愛いので、「そうだ、SS書こう( ゚Д゚)」と思い立ち。
 何とか最終回までに仕上げようともがいていたら、更新がすっかり疎かになってしまった…
 しかも、結局番組終了にも間に合わなかったという(;´Д`)

 ま、それくらい長門は可愛いって事なのです(・ー・)

 でも、以前単行本を読んだ時は、長門の事は全く印象に残らなかったんだよなぁ(´~`)何でだろ。
 それどころか、話自体も全然面白いと感じなかったんだけど。
 個人的には、アニメになって大化けしたという印象だけど、小説の方も売れているみたいだし、もう一度読み直してみるか…

GUN道

 溜池NOWを見るため、Gyaoに接続した時のこと。
 たまたま目についた「モンキーパンチが12年の構想を経て云々…」という煽り文句に吊られ、「MUSASHI -GUN道-」とやらを見てしまった訳です。

 …( 。д゚)? < 視聴中の反応

 拳銃と拳法を融合させた「ガン道」を駆使して敵に立ち向かうという設定から、またぞろ「リベリオン」のガン=カタのパクリか?と思いきや、そんな生易しいモノではなかった…
 あまりの衝撃に一体何なんだこれはとネットで検索してみたら、BS-iで先行放送されていた事もあって既にネットでは散々話題になってたんすね(^-^;

 アニメーションとしての出来の酷さもさることながら、肝心の"ガン道"とやらが単に2丁拳銃をひたすら連射するだけという、技も策も無いお粗末な内容で心底ガッカリ(;´Д`)12年構想を練った結果がこれなのか。
 「陰陽弾をくらえ!」とか言って、へっぴり腰で闇雲に弾を撃ち込んでるだけだもんなぁ…

 2chのスレに、YouTubeにアップされているガン=カタとガン道、それぞれのキャプチャ画像URLが載っていたので見比べてみたけど、もはやため息しか出ない(´~`)(笑

週明け

 土日休んだ後の仕事始めになる月曜日って、昔は憂鬱で仕方なかったけど。
 最近では、これが待ち遠しくて(゚∀゚)!

 なぜなら、音泉のWebラジオで特に好きな番組が月曜更新だから(・ー・)

 以前から放送中のソルティレィディオに、春から新しく始まったウィッチブレイディオとキミキスチューニングアップが加わり、月曜日の夜はもう楽しくて仕方ないですよ~ヽ(`Д´)ノ

 特に、ウィッチブレイディオで神田朱未が能登麻美子の事を「能登さん」と呼ぶのがもの凄くツボにハマった(´Д`)能登さん…イイ響きじゃないか。
 へなちょこな記憶力で笑わせてくれる、能登麻美子の力の抜け具合にも癒されるし。

 自分と同じ水瓶座のO型であるせいか、彼女のキャラには何となく親近感を覚えるけど…ということは、わたしも癒し系なのか?(´Д`)

和 Style Cafe

 マンガ喫茶でも行こうよ~とぶっさんと話をしていて、秋葉原周辺で良さそうな所は無いものかと探したのがここ。

 京風というコンセプトのお店で、薄暗い店内は騒がしい表通りとは対照的な静けさで、電気街の雑多なイメージとは全く異なる癒し系の空間といったところ。
 店員の姉さん達が、和服姿の控えめなコスプレなのも好印象。

 掘り炬燵風味の畳部屋は、適度な囲まれ感で落ち着く~(´∀`)
 画像を見た時はちょっと狭そうに感じたけど、実際は上半身を横にしてゴロ寝できるくらいの広さがあるので、二人が寛ぐ分には十分。

 DVD+液晶TVにPC,PS2と装備も充実していて、マンガを読まなくても十分楽しめそう。ただ、サウンドはヘッドフォンで聞かないといけないので、折角置いてあるPS2も話をしながらプレイできないのがちょっと残念なところ。

 秋葉原という場所柄、仲間内でギャーギャー騒いでいるような傍迷惑なヲタク連中が屯ってたら嫌だなぁ(´~`)と心配したけれど、ここは店の雰囲気作りが上手いせいかその手の客もいなかったし。
 結局、5時間程マンガ読みながらゴロゴロして、お茶漬け食べてフリードリンク飲みまくっても二人で\3,500だから安いもの。
 会員にもなったし、また行こうヽ(´Д`)ノ

ガンダム

 NTTのフレッツ契約者がアクセス出来るフレッツスクウェアにて、ファーストシリーズのオンデマンド放映が開始されたので視聴中。

 最後にテレビで見たのはもう10年以上前なので、細かい部分はすっかり忘れてしまって新たな気持ちで楽しめているということもあるけど、今更ながらこいつは面白れぇΣ(゚ー ゚;

 「ガンダムで一番面白いのはウイングっすよ(゚∀゚)!」とか、もう言いません(つД`)(笑
 ま、ウイングはあれはあれで良いんだけど(・ー・)

 最初放送が始まったのはわたしが小学生の頃だけど、当時周り…というか一般的な小学生の間ではほとんど評価されていなかったのも、この内容ではさもありなん。
 わたし自身、「地味な敵ロボット(ザクのこと)だなぁ…」と子供心に感じていた記憶が微かにあったり。

 個人的には、如何にも子供向けロボットアニメですという雰囲気漂う主題歌のせいで、本来ターゲットとしていた年齢層(10代後半?)に誤解を与えてしまったのがスタートで躓いた原因では、という気がしなくもない。
 アムロの性格が所謂ヒーロー物っぽい超熱血漢、とかってならまだあの歌でも納得いくのだが…

 クラスに1人だけ「ガンダム面白いよ!」と主張していた奴がいたけど、周りから完全に無視されてたなぁ(´~`)彼は、時代を先取りし過ぎていたのか。

温暖化の功罪

 我が家は海辺に建っているので、このまま地球温暖化が進んで海面が上昇すると、水没しちゃうよ~ヽ(;´Д`)ノみんな、省エネ省エネ。
 と、不安を抱えながら日々の生活を送っていたけれど、話題の癒し系コミック"ARIA"を読んで開眼。

 水没して"水の都"化するってのも、おつなものじゃないか(゚∀゚)!
 ネオベネチアならぬ、ネオ湘南と言ったところでしょうか。

 ARIAの世界観のような、ゆったりとした時の流れを感じさせる優雅な街並みでの穏やかな暮らしを想像すると、なんか気が楽になったな(´∀`)ARIAの癒しパワー、恐るべし。
 東京や千葉に行くのも、船なら相模湾をショートカットしていけば楽ちんだし。もう、クルマなんていらねぇ(`Д´)

 しかしそうなると、まともに泳げない自分は毎日が死と隣り合わせの生活になりそうな予感(´~`)泳ぎを習っておくか…(笑

 ちなみに、現時点の予想では2100年までに最大1m程度の海面上昇の可能性があるとのことなので、わたしが生きている間にネオ湘南が誕生することはないのね(・ー・)

ストロベリーシェイクSweet

 「はやて×ブレード」の林家志弦が放つ、正真正銘百合専コミック第一巻が発売されたので、早速購入。
 百合モノというシチュエーションだけでも萌えるのに、登場キャラがことごとく百合絡みで隙が無く、ギャグのテンションも高くて実におもしれぇ(´∀`)
 事務所の先輩としての建前とインモラルな恋愛感情の狭間で揺れ動く、樹里亜の内なる葛藤が最高。

 その内容は正に百合三昧だけど、安易なエロに走らないところが特によろしいです。
 こういうのは、一線を越えちゃうと妙につまんなくなるからね(・ー・)

 そういえば、連載誌のコミック百合姫って、やっぱり10代後半の女子がターゲット読者層なんだろうか。
 特別付録の「『ストロベリーシェイクSweet』第1巻着せ変えカバー」が欲しくて一緒に買いたかったけど、表紙を見て撃沈。
 少なくとも、わたしのようなオヤジが門前払いなのは仕方ないとしても(´~`)それにしては男心をくすぐられる紙面であることよ。

 ま、女子がホモ好きなように(断定)、男子は百合好きなんだから仕方ないかッ(´∀`)

ソルティレィディオ

 ZERO3抽選販売に落選し、ささくれ立つ気持ちを癒してくれたのは、このWebラジオ。

 浅野真澄によって「わたし今人生のモテ期なんです」発言を暴露された桃ちゃんが、「ゆってなーーーい!!」「ゆってないでしょーーっ!まーすみーん!!」と力一杯否定する、その必死な様相が面白すぎ(´∀`)
 にしても、桃ちゃんが告白された事自体は事実らしいけど、一体誰に…

 はい、という返事が「ファイ!」に聞こえる桃ちゃんの元ヤンキー疑惑ネタとか、ますみんに弄り倒される桃ちゃん最高。いやー、いいコンビだ。