最近の車

 そろそろ家のカローラを買い替えたいな…と漠然と考えるようになり、最近ちょこちょこと情報を収集中。
 ここ10年来はオープンカーしか眼中に無かったから気にしてなかったけど、国産のセダンてほんと数少なくなっちゃったのね。

 そんな折、近場で日産車の展示会をしていたので、ティーダ、セレナ、ノートといった200万前後の手頃なクルマを見て回ったところ。
 コストダウンし過ぎました感が内装からヒシヒシと伝わってきて、すっかり萎えてしまった(;´Д`)
 セレナとか、こんなハリボテみたいなクルマに300万近くも払える人って、よほど家族想いな人なんだろうなぁ。

 モダンリビングの発想とか言ってないで、動力性能とかメカで勝負しろよ(`Д´)アホか日産。等とCMを見る度に憤っていたけど、やっぱり内装は大事ね(・ー・)特にシート。

 450万円の値札が付いていたスカイラインは流石に立派だったけど、オプションフル装備とは言え、これでは外国車に目が向いてしまう。

 なんか段々、今のカローラのままで良いかなーという気も(´ー`)コストダウンの鬼、トヨタ車こそ安物だと信じていたけど、現実はどこも大差無いって事か。

 昔の車は、同じ価格帯でももっと一所懸命作りこんであった気がするんだけどなー。
 考えてみれば、カローラも新型は上位グレードで200万を軽く越えるような価格になってしまったし。カローラって名前に払えるのは120万くらいが限度だと思うが(´〜`)(暴言

ラストラン

L1010539

 コペンの前に乗っていたビートを譲り渡したJun太が、諸事情によりこいつを手放すことになり。
 ラストランイベントとして、オープンカー仲間と群馬へツーリングに。

 こちらは最近クルマへの情熱を失いかけていたので、久しぶりに刺激を受けて一気に気分が盛り上がったなぁ(´▽`)

 久々に乗ったビートは、非日常感あふれる異質な運転感覚に溢れていて、本当に素晴らしかった。
 今新車で手に入るなら、迷わず買いたいと思えるほどに。
 それに比べると、コペンは悲しいほど只の乗用車…何もかもが万人向けに慣らされ過ぎ。
 運転するのは楽なんだけどねぇ。

 かと言って今更ビートに買い換えるのは非現実的だし、当面はコペンを非日常化するという方向で手を入れていくしか無いという感じかな(´~`)ボディ補強して、足周りでも固めますかね。

 とは言え、三菱がiベースでミッドシップスポーツを計画しているという話があるので、本当なら買うぞ!
 FFだからダメってことはないけど、MRというレイアウトには夢とロマンが溢れているので。

 ただし軽なら(;´Д`)駐車スペースの問題だけは如何ともし難い…

商品知識

 枕元に置けるような小型スピーカーでも買おうと、会社帰りに藤沢のビックへ。

 目当ての製品、スキャンダイナMicropod SEが置いてあるのは週末に確認済みだったので、いざ購入しようとすると値札が付いていない…

 傍に居た店員を捕まえて「これ幾ら?」と聞いてみると、ちょっと調べてきますとレジの方へ引っ込んだっきり、なかなか戻ってこない。
 んで、散々待たせた挙句の答えが「1本\26,000になります」との事。

 そんな訳ねーだろヽ(`Д´)ノ ヨドではペアで\26,800なのに、どんだけぼったくってんだよ(笑

 ダメだなこの店員…と呆れ返っていると、上の棚に展示されていたタンノイAR-SATの価格が目に留まった。

 ペアで\35,700…AR-SATって、確か一本がこの値段では?(;´Д`)

 疑問を覚えつつ、こっちはペアでこの値段?とダメ店員に確認してみると。
 値札を一瞥して、「ペアでこの値段です!」と断言。

 マジで!(;゚Д゚) じゃあこっち買うよ!

 ってことでAR-SATを注文。
 ちょっと比べてみれば、アルミダイキャストボディのAR-SATとABS樹脂のMicropod、どちらに金が掛かっているかなんて一目瞭然なのに。この店員の目は節穴か?

 兎にも角にも、在庫を確認しに行った店員を待ちながら、AR-SATがこんな安く買えるなんてラッキ~♪(・∀・)と小躍りしていたのも束の間。

 結局、在庫が無く取り寄せになるという事だったので、購入は断念して店を後に。
 注文した後で、あれはやっぱり一本の値段でした、とか言われても困っちゃうからなぁ(--;
 ペアで\80,000近く払うんなら、他に欲しいスピーカーあるし。

 にしても、店員も無知なら商品管理もなってないし、やっぱりビックは何か抜けてますね(`A´)

 商品を扱えるだけのスキルが無いんなら、背伸びせずにオーディオはミニコンポ程度の品揃えに留めておけばいいものを…

301

 部屋の中で試行錯誤していたダーツボードのセッティングがなんとか落ち着いたので、基本となるゲームである301(301点からスタートし、矢が当たった部分の得点を引いていって早く0にするという種目。ちなみに、最後はピッタリ0点にならないといけないというのがミソ)を特訓
中。

 ダーツバーに置いてある機械だと、301は最長10ラウンド(=30投)で終了なのだけど、以前行った時は皆が初心者レベルのため、0点になる前に終わってしまうという事が多々あり、流石にもう少し上達したいなと。

 とは言え、実際問題狙って10ラウンド中に上がれる事は殆ど無いのよね(;´Д`)これが。
 基本的に序盤はブルズアイしか狙っていないので、結局は狙いが外れた矢が20とか19のトリプルに当たるかどうかが、鍵を握っていると言ったところ。

 試行錯誤した結果、やはり皆がしているように投げる時は左手で右ひじを支えるのが良さ気。
 変に手首をスナップさせて矢を真っ直ぐ放つのではなく、ひじを支点にして右手を円弧状に振りながら矢を放つという感じでしょうか。
 「あのポーズ、間寛平のギャグみたいで嫌だ」とか、言ってる場合じゃないっすよ(´~`)

GSX904

 自分へのご褒美で、腕時計を買うぜ!(´▽`)
 人生初のオートマチックモデル~♪
 やっぱり、男の腕時計は機械式だよな!

 と、意気揚々とGSX銀座店に赴き。
 ショーケースから出してもらった目的のブツを前に、店員と色々話をする中で「オートマチックは初めてお使いになるのですか…」ということで、レクチャーして頂いたのだけれど。

 曰く。

 ・904には手巻き機能が無いので、腕にはめないとバネが巻き上がらない
 ・腕にはめていないと、40時間程度で停止する
 ・針の動きが悪くなるので、3年に一度程度のオーバーホールが必要

 …要するに、土日家に引き篭っていると、月曜日には時計が止まってるってことですね( ・д・)
 しかも、電池がいらないので経済的なのかと思ったら、定期的なオーバーホールに1万円くらいかかるとか( ゚Д゚)

 話を聞いているうち、正直日常的に使用するにはメチャクチャ面倒くさそうなので、こりゃ回避した方が無難なのでは?(;´Д`)とかなり腰が引けてしまったのだけれど。
 こっちの気配を察したのか、店員も「(´-`).。oO(クオーツしか使った事無いのに、いきなりオートマチックなんて無謀だろ)」的な蔑みを言葉の端々に発し始めたので。

 てめぇナメンナ!ヽ(`Д´)ノオレはカメラだってフルマニュアルのライカを使ってた事があるんだよ!!オートマチックの腕時計を使いこなすくらい楽勝だぜ。

 という見当違いの見栄を張って、勢いで購入してしまった~(゚∀゚)
 実際問題、店員が売りたがらない物ほど、欲しくなるものなんだよね。

Img_8217

 しかし改めて思うけど、クオーツ時計って便利なんだなぁ(´~`;)

速度計

 かつてないほどに体重が増加している、今日この頃。
 しかも、家の体重計に備わっている機能で身体年齢を測定してみたら、46歳とかいう結果が出て大ショック( ; ゚Д゚)
 そりゃまぁ実際問題もうオヤジですけど、さすがにこの結果は酷いので、こうなったら運動して痩せるしかない!(# ゚Д゚) と一念発起。

 とはいえ、ジムやらスポーツクラブやら通う程の根性はないので、日常生活の中で痩せるための運動をしようと。

 そんな折、横浜ヨドバシで自転車用のスピードメーターを安く売っていたので、愛車のBD-1用に購入して装着。
 運動不足解消の一環で自転車に乗るという側面からすると、速度が分かった方がペースを掴みやすいし、ついついペダリングをサボってしまいたくなる誘惑を断ち切ることもできるので。

 実際にスピードを確認しながら走っていると、ペースを保つための参考になるという他にも、脚力の入れ具合や抜き具合、道の傾斜といったものが刻々とスピードに反映される、その表示を見ているだけで単純に面白い。

 ちなみに普段の巡航速度、トップギアでやや負荷をかけながらペダリングした感じでは28〜29km/hといったところなので、さほど無理して回さなくても意外とスピードが出るもんだねぇ、と感心していたのだけど。
 この巡航速度を30km/hに上げようとすると、途端に苦しい(;´Д`)見えない何かに進路を阻まれているかのような、次元の違うキツさ。

 30km/hの壁がこれほど厚いとは…

 鍛えていけば徐々にアベレージスピードは上がるのだろうけど、トップギアが軽すぎるとか直進性に不安があるなど、やはりBD-1とは言えども折りたたみ自転車としての超えられない壁の存在も感じる。

 やはり、ロードレーサーを買うしかないのか…

 て、スピードを出すことが目的の筈じゃないんだけど、やっぱ速く走りたいという欲求は抑えられないなぁ(´〜`)昔乗ってたロードレーサー、捨てなきゃ良かった。

間違いだらけのクルマ選び

 最近クルマといえば、燃費の良さが興味の中心になっている、ロハスなわたし。
 でもかつては、毎月欠かさず自動車雑誌を買ったり、新車が出ればディーラーにカタログをもらいに行ったりする、クルマ好きだった訳で。

 中でも、バイブルとして愛読していたのが徳大寺氏のこの本。
 小6の時には夏休みの読書感想文の題材に選んだ程だけど、今にして振り返ると何とも可愛気のないガキだったなぁ(;´Д`)

 ここ数年は立ち読みする程度で最近の状況について知り得ずにいたら、体調の関係で定期的な執筆活動を断念されるとの事で、今回が最終版となってしまうそうな。

 先日、昼のテレビ番組にゲスト出演していたのを見て、「随分年老いたな」と心配していたところだったのに。
 やっぱり、ちょっと具合が悪かったのか。

 内容は過去に取り上げた中から印象深いクルマを取り上げた総集編なので、往年の批判的な雰囲気は無く、思い出話に花が咲いているといったところ。
 すっかり丸くなってしまって…

 ま、今時のクルマはどれもそこそこ走れるのが当たり前だし、渋滞王国日本では基本性能よりも「快適なプライベート空間」であることの方が重要視されている節もあるので、真面目に評論なんてやってらんねーよ(´~`)ってな心理が見え隠れしている気もしますな。

行く年の終わりに

 今年はほんと色々あったなぁ…

 そして、最後に耳かきSSをアップして一年を締め括り。
 美羽一人称に挑戦するも、あの破天荒な行動を司る思考回路が全く読めないのであっさり挫折し、無難に千佳視点で(--;

 来年また頑張ろう(つД`)

Web拍手Res

 To:11/6 22:00に拍手戴きました方

 ありがとうございます、励みになります!
 んで肝心の更新ですが…苺ましまろ知佳×美羽のを年内中には仕上げますので、気長にお待ち頂ければと(*_ _)

コミケ三日目

 なんつーか、二日目と比べると明らかに客層違うよなー(´~`)
 端的に言って汚ならしいヲタが多くて。人のことはあまり言えないけど(笑

 それにしても、焦点の定まらない視線で進行方向だけを凝視しながら足早に突進してくる人とか、怖いんだよなぁ(;´Д`)焦る気持ちも分からんではないけど、少しは周囲にも気を配っておくれよ。

 ということで、到着早々人波というかヲタ波に飲み込まれてへこたれつつも、西→東とチェックしておいたサークルを一回りして足早に退散。

 しかし改めて思うのは、やっぱり同人は買う側よりも作る側の方が面白そう。
 自分に多少なりとも絵心があれば、と切に思う…(つД`)

より以前の記事一覧