DATAWESTのカーナビ

 もはや、カーナビとしてはGoogleナビやYahooナビで十分なのだけれど、車内温度が上がりやすい車載でのスマホやタブレット端末の使用には故障の不安が付きまとうため、安いポータブルナビを物色していたところ、DATAWESTが販売しているAndroid搭載のナビを発見。
 
 DATAWESTと言えば、第四のユニットシリーズのワイアット等、Townsのゲームでは楽しませてもらったなぁ〜

 てことで、あまりの懐かしさに思わずオートバックスへと向かい、同社のANV-701A/DLを購入。
 同じハードウェアと思われるDW-AD781はDATAWESTのサイトで3.6万円なのに、オートバックス専売モデルのANV-701A/DLは半値以下で売られており、かなり買い得感あり。
 ただ、ANV-701A/DLの地図更新は2019年10月までに一度だけしか行えないので、この辺が安売りの理由かもしれず。
 
 起動してみると、その辺のPNDとは異なり想像以上にAndroidというか、Androidそのもの。
 WVGA表示にメモリ512MBという超ローエンドなハードウェアなので、過剰な期待は禁物ながら、Google Playも使えるし、妙な制限がかけられていないのは良いところ。

 ナビのソフトウェアは、1万円前後のPNDだと思えばそれなりに使えそうな印象で、全く期待していなかったるるぶの観光スポット情報も、意外と実用性あり。

 車載用途として見ると、エンジンを始動してUSBへの電源供給が開始されると自動で本体電源がONになり、エンジン停止で電源供給が切れると電源OFFかスリープかを選ぶメニューが表示されるのがとても便利。
 単なるAndroidタブレットとは異なり、この辺の使い勝手の良さは専用機ならでは。

 価格COMにも登録されておらず、Webでもレビュー記事などほとんど見かけず、カーナビのベンダとしてはあまり話題を聞かないDATAWESTですけど、この機種に関しては売価を考慮すると良い買い物でした。

Img_20170504_110012


S660

 ということで...
 コペンは知人に譲り、2002年にビートを降りてから、14年ぶりでホンダ車に復帰。

 コペンを手放した時は、流石に14年も乗っていただけに感傷的になったりしたものの、いざS660に乗ってしまうとすっかりその虜に。
 やはり、何は無くてもミッドシップというべきか、乗降性の悪いタイトなコクピットに収まり、背中越しにエンジンの鼓動を感じていると、否応無しに非日常へと誘ってくれます。

 コペンは手入れが悪くて錆やら雨漏りやらで可哀想な目に合わせてしまったので、S660は大事にしないといけませんな。
Img_0220_01a


コペンの今

 あれよあれよという間に納車から13年が経過し。
 相模湾から100mの場所で雨晒しという最悪の保管条件も相まって、昭和のクルマか?とグチりたくなる程に各所の錆が進行中。

Img_0054

 コペン定番のリアフェンダーアーチは言うに及ばず、ドア開口部やフロントフェンダー下部なども錆の餌食に。

 加えて、最近では室内の雨漏りも酷くなり、大雨の翌日はシートの下に水溜まりが出来る有り様。
お陰で車内がカビ臭くて仕方ないのに、エアコンの能力もすっかり弱くなり除湿もままならないのが悲しい。

Img_0050

 前車のビートは、10年落ちでもこんなにボロボロではなかったので、プラス3年の歳月があまりにも重かったのか、元々のクルマの造りに問題があるのか...

 次はS660の中古でもと思っていたのに、値下がりどころか新車と変わらない価格が続いており、購入しても直ぐに手放す人が相当数居るだろうから、中古市場も値崩れするだろうという目論見は大外れ。
 未だに納車数ヶ月待ちという状況になるなんて。

 10月の車検までに、このまま乗り続けるのか否かを決めなくては。

最近の車

 そろそろ家のカローラを買い替えたいな…と漠然と考えるようになり、最近ちょこちょこと情報を収集中。
 ここ10年来はオープンカーしか眼中に無かったから気にしてなかったけど、国産のセダンてほんと数少なくなっちゃったのね。

 そんな折、近場で日産車の展示会をしていたので、ティーダ、セレナ、ノートといった200万前後の手頃なクルマを見て回ったところ。
 コストダウンし過ぎました感が内装からヒシヒシと伝わってきて、すっかり萎えてしまった(;´Д`)
 セレナとか、こんなハリボテみたいなクルマに300万近くも払える人って、よほど家族想いな人なんだろうなぁ。

 モダンリビングの発想とか言ってないで、動力性能とかメカで勝負しろよ(`Д´)アホか日産。等とCMを見る度に憤っていたけど、やっぱり内装は大事ね(・ー・)特にシート。

 450万円の値札が付いていたスカイラインは流石に立派だったけど、オプションフル装備とは言え、これでは外国車に目が向いてしまう。

 なんか段々、今のカローラのままで良いかなーという気も(´ー`)コストダウンの鬼、トヨタ車こそ安物だと信じていたけど、現実はどこも大差無いって事か。

 昔の車は、同じ価格帯でももっと一所懸命作りこんであった気がするんだけどなー。
 考えてみれば、カローラも新型は上位グレードで200万を軽く越えるような価格になってしまったし。カローラって名前に払えるのは120万くらいが限度だと思うが(´〜`)(暴言